東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


刺身を買うよりお得!てんこ盛りの海鮮丼

 都内のあちこちで見かける海鮮丼の持ち帰り専門店「丼丸」。東村山市内にも八坂駅近くと秋津にある。
 ということで、海鮮丼が食べたくなった私は、八坂商店会にある「丼丸」に向かった。こっちの方が家から歩いて行けるからだ。

図南丼丸 久米川八坂店

 お店をマジマジと見て初めて気づいたのだけど、このお店、ただの「丼丸」じゃないんだね。「図南丼丸 久米川八坂店」という名称のようだ。「丼丸」のチェーン店じゃないのかな?

メニューはこんな感じ

 入り口横に掲示してある海鮮丼のメニュー。その数ドドーンと70。これに「馬刺丼」(900円+税)と「馬刺ユッケ丼」(1000円+税)が加わると、72種類になる。

上からジックリ見ていくことに

 とにかく上からジックリと見ていくことにしますか。

下をジックリ

 下半分はこんな感じ。これらすべてが500円+税、つまり540円。凄いよね。

気になったのは「どんまる」

 気になったのは、1番の「どんまる」。

穴子ホタテ丼

 26番の「穴子ホタテ丼」。

そして「ネギサバ丼」

 そして59番の「ネギサバ丼」。
 迷ったけど、青魚が大好きだから、私は「ネギサバ丼」を注文した。

 お店の人に店名のことを聞くと、「よく聞かれるんですけど、『丼丸』ってチェーン店じゃないんですよ」という意外な答えが返ってきた。
 これについては「丼丸」のホームページにある説明を引用した方がわかりやすいかもしれない。

 丼丸の店舗は一般的なFCチェーン店とは異なり、各オーナーが完全に独立し、一切制約のない「○○丼丸」「丼丸○○」のように各オーナーが独自の店名(屋号)をつけ完全独立した集合体です。
 各オーナーの裁量により価格設定から丼の種類や味付けまで異なるため味やボリュームの違い等があります。
 お客様にご満足いただけるよう各オーナーは日々その地域にあった丼を開発し、他の丼丸との差別化を図り独自性を発揮しながら頑張っています。


 なるほどね。でも、じゃあなぜこのお店には「久米川八坂店」と付いているのだろうか?

「それは『図南丼丸』としてチェーン展開して2号店を出そうと考えているからです」

 なるほど、なるほど、そういうことでしたか。「丼丸」ってなかなか奥が深いんだね。

 そんなこと思いつつ、家に帰り、早速、「ネギサバ丼」のフタを開けてみると……。

サバたっぷりでシャリが見えない

 おおっ! メニュー写真と同じで、〆サバがてんこ盛り。シャリが見えないよ。

旨そうじゃないの

 〆サバもよく脂が乗っている感じで旨そうだ。

醤油をかけていただきま~す

 面倒だから醤油を上からかけて、いただきま~す……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 時々ワサビをつまみつつ食べるんだけど、〆サバがなかなか減らない。一体何切れ乗っているんだ? 10切れ以上は確実に乗っていると思う。刺身で買ったってこんなに入ってないよ。540円で〆サバがこんなに食べられるなんて、青魚好きにはたまらないね。
 並盛なんだけど、十分に私は堪能し、お腹いっぱいになった。ほかにも気になる海鮮丼があったし、また行ってみよう。




【DATA】
住所:東村山市栄町3-15-20
電話:042-390-0041
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:火曜
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




久米川に本格的なメキシコ料理店がオープン!

 仕事明けのお昼時。「取材がてらランチでも食べに行くか」と久米川駅南口に出向いた私。「確かあのお店もランチをやってなかったかなぁ」と思い、向かったのは2010年10月に閉店したインドカレー専門店「あうる」のあとにオープンした居酒屋「粂八」だ。

 ウイングロードを八坂方面に向かい、最初の十字路を右に曲がって、すぐの路地の右角にあったハズだよな……と思いつつ、歩いて行ってビックリ!

ポサーダ・デル・ソル

 ナント、「粂八」は跡形もなく消えて、「Posada del Sol(ポサーダ・デル・ソル)」というメキシコ料理店がオープンしていた。メキシコ料理って、東村山市では移動販売しているところは知ってるけど、お店はひょっとすると初めてなんじゃないだろうか?

 入ってみると、すごく明るい雰囲気。「いらっしゃい」と言葉こそ日本語だけど、いかにもメキシカンって感じのおじさんが出迎えてくれた。どうやらこの人が店長さんのようだ。

ランチメニュー

 ランチメニューはこんな感じ。金・土・日曜しかランチをやってないなんて面白いよね。
 私はAランチの「日替り」(700円)を頼んでみた。

サラダ

 まず運ばれて来たのはサラダ。上に乗っているのは、トルティーヤ・チップスなのかな? 小さいマカロニみたいなのがその下にゴロゴロってある。うん、メキシコっぽいよ(笑)。

スープ

 続いてスープが運ばれて来た。普通にそのまま飲むと、底に小さく刻んだじゃがいもがゴロゴロ。あわててスプーンですくって食べると……いやあ、旨いなぁ。

メインディッシュ

 そしてメインディッシュ。店長さんが説明してくれたハズなんだけど、忘れてしまった(笑)。ほぐしたチキンをトマトベースのスープで煮込んだ感じなんだけど、タバスコが入っているのか、意外とスパイシー。ライスは柔らかいピラフって感じ。カレーのようにスプーンで一緒に食べると、なかなか旨い。
 添えられているトルティーヤ・チップスにチキンを乗せて食べると……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 お酒が欲しくなる旨さだ(笑)。

メキシカンコーヒー

 メインディッシュを食べ終えると、小さなデミタスカップでメキシカンコーヒーが出て来た。ちょっと写真がピンボケで申し訳ない。
 メキシカンコーヒーって初めて飲むけど、メニューには「黒糖とシナモンが入っている」と書かれていた。飲んでみると……うん、メニューの説明のまんまだ。黒糖飴とニッキ飴を溶かして混ぜたような感じ。でも私は嫌いじゃないな、この味。

 カウンターにはメキシコのビールやテキーラなどが並んでいる。たぶん、このお店は夜に来た方が楽しいと思うな。陽気なメキシコ音楽が流れる中、ナチョスやタコスを食べながらテキーラでも飲めば、きっと「ココはどこ? 本当に日本ですか?」みたいな感じになっちゃうだろうなぁ。
 店長さんに話を聞くと、オープンしたのは2016年12月で、シェフもメキシコ人だから「本物のメキシコ料理です」とのこと。

「へぇ、メキシコ料理か……それにしても何だって東村山市にオープンしたんだろう?」と思いつつお店を出た私は、何気なく振り返ってお店の看板を改めて見て「あっ!」と思った。看板のあの太陽のマーク、確か多摩湖町で移動販売していた「バレンシア」もあのマークだった気がする。
 私はすぐにお店に戻って店長さんに確認すると、「ハイ、そうです」とニッコリ。
 そうなんだ、あの「バレンシア」がついにお店を構えたんだ。「どんこい祭」で人気だった、あのタコスが食べられるんだね。これは、夜に来ていろいろ食べなきゃ。東村山市に住んでいながら、本格的なメキシコ料理がいろいろ食べられるって夢みたいだね。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-30-23
電話:042-398-4710
営業時間:月・火・木曜は午後5時30分~10時30分/金・土・日曜は午前11時30分~午後2時30分、午後5時30分~10時30分
定休日:水曜
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




カリッ、サクッ系のナン

 先日、惜しまれつつ閉店した久米川駅南口の居酒屋「大ing」。このお店の入っている建物の1階で営業しているのが、今回紹介するネパール・インド料理店「カマナ」だ。

カマナ

 もともとはダイニングバーの「Zoiz-kitchen」があった場所なんだけど、2014年2月に閉店して以来、2軒ほど居酒屋が入ったのだが、ことごとく閉店。2016年5月に「カマナ」がオープンした。
 看板に「ネパール・インド料理」と「ネパール」が先に書いてあるのは、おそらくネパールの人がシェフだからだろう。「ネパール料理」だけだと「何それ?」となっちゃうけど、「インド料理」が加われば「ああ、カレーね」とわかりやすいから、付けているんだろうなぁ。

本日の日替り

 近づいてみると、入り口近くに黒板があり、本日の日替りとして「ナストチキンカレー」と書いてある。「ナスとチキンのカレー」ってことなんだろうな。いいなぁ、たどたどしいけど、ちゃんと日本語で書こうとしているところ。
 早速、私はお店に入ってみた。入って左の窓側がすべてカウンター席になっていて8席あり、右側には4人がけのテーブルが2卓、6人がけのテーブルが1卓あり、奥が厨房になっている。

サービスで出してくれたスープ

 カウンターに座ると、「いらっしゃいませ。今日は寒いのでサービスです」と女性の店員さんが、ちょっとぎこちない日本語でスープを出してくれた。こういうサービス、うれしいね。
 スープは見た目と違い、意外とスパイシーで、飲むと体がほかほかしてくる。

 スープを飲みつつ、メニューをチェック。ランチは次の通り。

*海老カレー(920円)
*ミックスシーフードカレー(920円)
*キーマカレー(810円)
*マトンカレー(920円)
*野菜カレー(760円)
*ポークカレー(810円)
*チキンカレー(750円)
*ダルカレー(540円)
*日替りカレーセット(920円)


 ランチにはすべてナンまたはライス、サラダ、ドリンクが付く。
 表の黒板を見て「日替りカレーセット」にしようと思っていた私は、値段を見てちょっとためらってしまった。ランチの「日替り」って、もう少しお手頃価格なんじゃないかなぁ。920円なら同じ値段の「マトンカレー」にしようかなぁ、それとも普通に「チキンカレー」にしようかなぁ……迷ったけど、初志貫徹で「日替りカレーセット」をナンでお願いした。

辛さは5段階

 辛さは5段階から選べる。私は「4」の辛口にしてみた。

おかわりはプラス100円

 最近のインド料理店は「ナンまたはライス食べ放題」というところが多いのだが、このお店は食べ放題ではなく、プラス100円でおかわりができるシステムのようだ。ナン1枚で足りるかなぁ(笑)。

日替りカレーセット

 待っていると、来ました、来ました。これが「日替りカレーセット」。大きなナンにサラダ、そして「ナスとチキンのカレー」。あれ? よく見ると、サフランライスが付いている。ナンじゃなく、ライスを選んだらどうなるんだろう? 白いライスとは別に、同じようにサフランライスが付いてくるのかな?

ナスとチキンのカレー

 なかなか辛そうな色じゃないの。スプーンを突き入れると、ナスとチキンがゴロゴロ。
 そのままひと口食べてみると……おっ、スパイシーだけど、しっかり旨味を感じる。辛さはそれほどでもないかも。汗も滲んでこないし。

ナンは全体的にボコボコと膨らんでいる

 ナンは少し薄くて、よく焼けてるって感じ。ちぎると表面の焦げた部分がパリッと割れ、口に入れると、カリッ、サクッという食感。
 本町にある「Piaaz(ピアーズ)」や、久米川駅南口の「サンガム」のもっちり系のナンとは対照的だ。
 でもこれはこれで旨いんだよね。カレーに付けると、カリッ、サクッという部分とカレーが染みてシットリした部分が口の中に混在して何とも言えない食感になるんだよね。

キレイに拭き取ってごちそうさま

 サフランライスもあるもんだから、たっぷりあったカレーが意外と簡単に減ってしまい、ナン1枚でキレイにお皿を拭き取ることができた。結構、具だくさんだったこととサフランライスが効いたのか、食べ終わるとお腹いっぱい。

ラッシーで〆

 最後にドリンクとして頼んだラッシーを飲んで、ごちそうさま。
 このお店、基本はネパール料理で、カレー以外にも麺類などユニークな料理があるので、ディナータイムに飲みに来るのも楽しいかもね。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-19-15
電話:042-396-3988
営業時間:ランチ午前11時~午後3時/ディナー午後5時~11時
定休日:なし
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2017/03/24 05:03 ] 【カレー】 カマナ(栄町) | TB(-) | CM(0)

東村山ならではのユニークなイベント

 先週行われた「呑みにおいでよ!東村山!」、略して「のみむら」、かなり盛り上がりましたね。
「次は来週、いろんなところで開催される桜まつりだな」と思っている人も多いかもしれないけど、ちょっと待った! 実は今週末も面白いイベントがあるんですよ。それが今回紹介する、


「そば粉のドーナツと日本酒」
トークセッション&テイスティング



というイベント。これは東村山市内にある建設会社「相羽建設」が「地域の手仕事を応援しよう」と発行しているミニコミ誌「つむじ」の第3号の発行を記念して開催するモノだ。

つむじvol.3

 この「つむじ」vol.3で紹介されている青葉町のそばの実カフェ「sora」小池ともこさんと、東村山市の地酒会社「豊島屋酒造」田中孝治さんを招いて、トークセッションとテイスティングが行われる。

チラシ表

チラシ裏

 イベントは2部制になっていて、第1部(午後1時30分~3時)に小池さんが、第2部(午後3時30分~5時)に田中さんが登場。ゲストと司会者の話を聞くだけ「トークショー」ではなく、「トークセッション」なので、集まった人にゲストが質問したり、質問を受けたりなどしていく。
 そしてトークセッションのあとは全員でテイスティング。第1部では揚げたてのドーナツの食べ比べ、第2部では日本酒の飲み比べを予定している。
 どうです、楽しそうでしょ。しかも参加費は無料なんですよ!

 ただ、このイベント、トークセッションは20人限定なので事前に予約が必要。こちらのページにある応募フォームから申し込むか、
フリーダイヤル0120-145-333
から申し込んでください。

 こういうイベント、東村山だからこそできるイベントだと思う。「のみむら」は地元の酒屋が企画したイベントで、今回は地元の建設会社が企画したモノ。いろんな業種の人が東村山市という街を盛り上げようとしている。こんな街って、ちょっとないんじゃないかなぁ。しかもただのトークショーではなく、参加者も交えてのトークセッション&試食・試飲という内容もユニーク。参加人数が限られているけど、これはぜひ参加して楽しんで欲しいなぁ。




「そば粉のドーナツと日本酒」
トークセッション&テイスティング


【日時】2017年3月25日(土)午後1時30分~5時

【場所】東村山市久米川町4-34-6 「つむじ」内

【内容】
《第1部》「そば粉の魅力」午後1時30分~3時
ゲスト:そばの実カフェ「sora」小池ともこさん

《第2部》「東京の地酒の魅力」午後3時30分~5時
ゲスト:地酒会社「豊島屋酒造」田中孝治さん

【参加費】無料

【申し込み先】
応募フォーム
*フリーダイヤル0120-145-333






[ 2017/03/23 10:03 ] 【つぶやきなど】 イベント | TB(-) | CM(0)

ちょい飲みにピッタリのタイムサービス

 早めに仕事を終えて家路についた私。時計を見ると、午後5時を回ったところ。電車に揺られながら「ちょっと軽く飲んで帰ろうかな」と思い、小平駅で乗り換えて萩山駅へ。北口を出てすぐのところに「おつかれさん」というユニークな店名の居酒屋があることを思い出したからだ。
 しかし、行ってみると居酒屋「おつかれさん」は別のお店に変わっていて、まだ営業していなかった。
「どうしようかなぁ」と辺りを見回すと……。

いらっしゃいませ

 エエッ、居酒屋「いらっしゃいませ」だって? 何だかこの店名のユニークさ、居酒屋「おつかれさん」に似ているなぁ。まさか同じ経営者?
 そんな疑問を抱きつつお店に近づくと……。

お得なタイムサービス

 へぇ、こんなタイムサービスをやっているんだ。通常より550円もお得なんだ。これはちょい飲みにピッタリだなぁ。
 ということで、お店に入った私。
 店内は右側にカウンター席が8席あり、奥に小上がりがある。カウンターの向こうには店長さん。どうやら1人で切り盛りしているらしい。
 お客がまだ私1人という気軽さもあって、私は店長さんに居酒屋「おつかれさん」との関係を聞いてみた。

「そうなんですよ。2年前にあっちのお店は閉めたんです。でも、お客さんの要望もあって、去年の秋にここを始めたんです」

 オープンしたのは2016年10月5日とのこと。居酒屋「おつかれさん」の店長さんということは、ひょっとして八坂駅近くにあった居酒屋「いか太郎」をやってた人?

「あれ、お客さん、よくご存知ですね。そうです、『いか太郎』をやってました」

 ナント、ナント、そういうことでしたか。お店についての疑問が解決したところで、私はタイムサービスを注文。

生ビールでお疲れさん

 生ビールはアサヒですか。アサヒの生ビールは今ひとつ好きじゃない私だけど、飲んでみて「ん?」と思った。ビールらしい苦味があって凄く旨いんだよね。グラスには「アサヒ」と書いてあるけど、中身は違うのかな?
 そう思って店長さんに聞いてみると、

「中身はアサヒですよ。もし味が違うとしたら、毎日ビールサーバーを洗っているからじゃないですかねぇ」

との答え。よく見ると、サーバーの注ぎ口にフタがしてある。ビールの味が変わらないようにということなのだろう。なるほど、味が違うワケだ。

お通し

 お通しはサラダ。シャキシャキした水菜が旨い。

枝豆

 そして枝豆。ビールに枝豆って本当によく合うよね。

メニュー

 メニューを見ると、ほとんどのツマミは350円均一なんだね。定食もあるし、おおっ、「東村山黒焼そば」(500円)もある。軽く飲みつつ、このお店で夕食を済ましちゃうことも可能なんだね。

もつ煮込み

 と、そこに「もつ煮込み」が登場。「以前とはちょっと味を変えたんです」という「もつ煮込み」は、ややしょっぱめだけど、お酒を飲む分にはビッタリという感じ。すぐに生ビールを飲み終えてしまったので……。

熱燗追加しちゃった

 熱燗を追加注文(笑)。いやあ、ちょい飲みのつもりがほろ酔いになっちゃいました(笑)。これでお会計は1200円。安いなぁ。
 今度は日本酒スタートで、じっくりほかのメニューを食べてみたいなぁ。




【DATA】
住所:東村山市萩山町2-1-37
電話:042-397-8288
営業時間:午後5時~10時30分(ラストオーダーは午後10時)
定休日:日曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR