東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


ここにもあった!インド・ネパール料理店

「東村山から世界へ叫ぶ」というブログを書いているタカタロウさんが、武蔵大和駅近くにあるインド・ネパール料理店のことを紹介していたので(記事はこちら)、行きたいと思っていたのだが、なかなか行けないでいた私。先日、ようやく時間をつくって行ってみた。

BIHANI

 これがそのインド・ネパール料理店。店名は「BIHANI(ビハニ)」
 場所は武蔵大和駅を背にして左に進むと、道路の右側にすぐ見えてくる。以前、「てっちゃん」という居酒屋があった場所と言えば、わかる人もいるかもしれない。「てっちゃん」が閉店したあと、「頂」という居酒屋がしばらく営業していたと思うけど、そこが閉店してこのお店になったようだ。

ランチメニュー

 お店の前にランチメニューが出ていたのでパチリ。ランチは750円からなんだ。いろいろ種類があっていいねぇ。

辛さを選べる

 お店に入ると、私は「Aセット」(750円)をベジタブルカレーでお願いし、辛さは「激辛」の1つ手前の「辛口」にしてみた。ドリンクは「ストロベリーラッシー」が気になったけど、「マンゴーラッシー」にし、ナンとライスの選択は、もちろん、ナンでお願いした。

まず運ばれて来たのはサラダ

 まず運ばれて来たのは、サラダ。ドレッシングはちょっと甘め。カレーが辛かった時の中和剤として残しておこうかなと思ったけど、すぐに食べきってしまった。

ナンとベジタブルカレー、そしてデザート

 で、サラダを食べ終わった頃にナンとカレーが到着。へぇ、デザート付きなんだ。ヨーグルトみたいだね。

ベジタブルカレー

 これがベジタブルカレー。色からして、そんなに辛そうには見えないなぁ。

ナンにカレーを付けていただきま~す

 それではナンをちぎって、カレーに付け、いただきま~す……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 インド料理店の「辛口」だと結構スパイシーなんだけど、インド・ネパール料理店だと、ネパール色が強くなるのかな、「辛口」と言っても全然辛くない。でもその分、野菜の旨味がシッカリと味わえて旨い。とは言え、もう少しスパイシーな方が私は好みかも。「激辛」とは書いてあるけど、たぶんコレが通常の辛口レベルなんじゃないかな。

マンゴーラッシー

 食べている途中で運ばれて来たマンゴーラッシー。よほど辛かったら、途中で飲もうと思ったけど、この辛さなら途中で飲む必要はないかな。

ナンをおかわり

 ナンを食べ終えたけど、カレーがまだたっぷり残っていたので、当然のおかわり(笑)。ナンが3分の1ほどになった時に、残っているカレーの量を見て、「おかわりしますか?」と店員さんが聞きに来てくれた。こういう気づかいはうれしいよね。

 ナンはほかのインド・ネパール系の料理店と比べると、それほど大きくはない。パリッとした薄いタイプではなく、少し厚めのモッチリしたタイプ。だから食べ応えはある。「このナンの大きさなら3枚イケるかも」と思ったけど、2枚で十分お腹いっぱいになった。

 カレーを食べ終えた後、ヨーグルトをいただき、マンゴーラッシーを飲むと、いやあ、満足、満足。

 メニューを見ると、ツマミ系も結構あるし、1299円で90分飲み放題というコースもある。夜に居酒屋感覚で来るのも面白いかもね。でも、とりあえず次回は「チーズナンセット」(1000円)を食べてみようかな。




【DATA】
住所:東村山市廻田町3-8-6
電話:042-313-0287
営業時間:午前11時~午後3時、午後5時~11時
定休日:なし
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2018/02/14 05:00 ] 【カレー】 BIHANI(廻田町) | TB(-) | CM(0)

平日限定!1コインの焼き鳥丼

 何となくお腹が空いたなぁと思いつつ、東村山駅東口から線路沿いを鷹の道方向にブラブラと歩き、鷹の道を左に曲がって郵便局方向に歩いていたら……。

「備長扇屋 東村山店」

 ん? 「やきとり丼」が500円だって!
 平日限定なんだ。今日は平日だから、大丈夫だな。
 ということで、「備長扇屋 東村山店」に入ることにした私。

あれ? 看板が変わった?

 表に回ると……あれ? 何だか看板が変わった感じがするなぁ。「備長扇屋」じゃなくて、ただの「扇屋」になっている。店名、変わったのかなぁ。
 あと、「やきとり丼」のことを書いたポスターがないんだけど……本当にやってるのかなぁ。

 不安を抱きつつお店の中へ。席に座ると、ちゃんと「やきとり丼」をはじめとしたランチメニューがあった。

「やきとり丼」以外にもいろいろある

 これがランチメニュー。「やきとり丼」以外にもいろいろあるんだね。プラス50円で卵黄を乗せられるのか。魅力だなぁ。プラス120円でコーヒーも付けられるのか。
「唐揚げ定食」が580円ってのも、かなりお得だと思うなぁ。
 いやいや、これは悩むなぁ。でも初志貫徹でシンプルに「やきとり丼」をお願いした。


 チェーン系の焼き鳥店だし、簡単にサッと出てくるのかなと思ったら、注文を受けてから店員さんが焼き鳥を炭火で焼き始めたからビックリ。意外と言っては失礼だけど、ちゃんとしているんだね。

やきとり丼

 しばらくして運ばれて来たのがコチラ。フタ付きのお味噌汁に「やきとり丼」。

旨そうじゃないの

「やきとり丼」に乗っている焼き鳥は皮1本と「やきとり」2本の計3本。その上にシシトウと紅生姜、そして沢庵が2切れ添えられている。
 焼き鳥の下には千切った海苔が散らされ、ご飯にはたっぷり焼き鳥のタレがかかっている。

 それではいただきま~す……。

おおっ!O(≧∇≦)O旨いッ!!

 ちゃんと炭火で焼いているからなのか、香ばしくて柔らかい。タレもしつこくなくて、ご飯によく合っている。これで500円はなかなかのコストパフォーマンスなんじゃないの。ガッツリ君にはボリューム的に物足りないかもしれないけど、普通の胃袋の持ち主なら、これで十分満足できると思うな。



 ちなみにあとで店名のことをネットで調べたら、まだ「備長扇屋」でいいみたい。でも系列に「やきとりの扇屋」という店もあるので、いずれはそっちに店名を変えるかもしれないね。




【DATA】
住所:東村山市本町1-19-24
電話:042-394-6550
営業時間:平日は午前11時30分~午後2時、午後5時~深夜0時/土・日曜は午後3時~深夜0時
定休日:無休
駐車場あり
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




ほぼ週刊東村山グルメニュース vol.5

★この記事は、この1週間に私がツイッターやフェイスブックに書き込んだ情報をまとめたモノです。読者の人によってはすでにご存知の情報もあるかと思いますが、ご容赦ください。



武蔵野うどんの老舗が移転

 久しぶりに東村山駅西口から「ふるさと歴史館」のある方向、つまり西宿通りを歩くと、青地に白文字で「肉汁うどん」と書かれた幟が目に入った。
「エッ、新しく武蔵野うどんのお店ができたの?」と思いつつ、近づくと……。

手打うどん きくや

 ナント、老舗の武蔵野うどん店「手打うどん きくや」だった。どうやら今まで入っていた建物が取り壊しになるということで、少し駅寄りの場所に移転したようだ。

 元あった場所から50メートルほどの移転だけど、実は大きな変化がある。それは住所だ。
 今までの場所は諏訪町だったのだが、今度の場所は野口町なんだよね。東村山市には「きくや」という店名の武蔵野うどん店が2つあり、「廻田町のきくや」「諏訪町のきくや」と覚えている人も多い。そう覚えている人は、今度から「野口町のきくや」と修正してくださいね(笑)。


【DATA】
住所:東村山市野口町1-4-66
電話:042-396-1150
営業時間:午前11時~午後1時30分(うどんがなくなり次第終了)
定休日:日曜



「竹田商店」推しのコンビニ

 東村山駅西口から延びるバス通り沿いで、武蔵大和駅寄りの廻田町にあるコンビニ「セブンイレブン廻田町店」が、2018年1月25日、リニューアルオープンした。

リニューアルした「セブンイレブン廻田町店」

 以前より店舗が奥に引っ込み、その分、駐車場スペースがドーンと広くなった。
 まあ、別にそれぐらいの話なら、このニュースでは取り扱わない。驚いたのは、店内にあるこの棚だ。

「竹田商店」のソースやたれがズラリ!

 見てくださいよ。1つの棚全部に東村山市のソース会社「竹田商店」のソースやたれなどの調味料がズラリと並んでいるんですよ。
 市内のもう1つのソース会社「ポールスタア」のすぐ近くにある「セブンイレブン」では「ポールスタア」の商品棚があるんだけど、これは何となく理由がわかる。近くだからね。
 でもこのお店の場合、なぜ「竹田商店」の商品棚があるのかよくわからない。だって「竹田商店」があるのは恩多町だからね。恩多町にある「セブンイレブン」「竹田商店」の商品棚を設置するならわかるけど、恩多町の「セブンイレブン」ですら設置していない「竹田商店」の商品棚が、廻田町の「セブンイレブン」にあるんだから、そりゃビックリでしょう。

 でも考えたら、この「セブンイレブン」、リニューアルする前にこんな棚をつくっていたんだよね。

実は以前から「竹田商店」推しだった

 手作りポップまであって、凄いよね。お店に「竹田商店」のファンがいるってことだよね。いいねぇ。お店によって、推しソースが違うってのは楽しいよね。



消える「サンクス」「サークルK」

 八坂駅近くのコンビニ「サークルK」の前を通りかかったら、看板が外れ、何やら改装中だった。

改装している八坂の「サークルK」

 そう言えば久米川駅南口のコンビニ「サンクス」も改装していたような……。
「サークルK」「サンクス」すでに「ファミリーマート」の傘下に入り、看板は違えど、「ファミチキ」など「ファミリーマート」の商品が売られていたんだよね。それを中身だけでなく、外観からすべて「ファミリーマート」にしちゃおうということなのだろう。
 今年中には、東村山市内の「サークルK」「サンクス」は消えてしまうんだろうな。



飲食店ではないけど、悲しい情報

 グルメ情報じゃないけど、府中街道を東村山駅から野口橋方向に散歩していた時のこと。
 よく利用している「ブツクオフ東村山店」でこんな貼り紙をて見つけた。

「ブックオフ東村山店」の閉店の告知

 2018年3月4日をもって閉店するらしい。そこそこ繁盛していると思ってたから「なぜ?」と思っていたのだが、ある人が教えてくれて理由がわかりました。
 府中街道の拡幅工事のためらしい。事業期間は平成31年度までになっているから、今年あたりから急ピッチで工事が進められるんだろうな。
 それにしても残念だなぁ。




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2018/02/12 05:00 ] 【つぶやきなど】 グルメニュース | TB(-) | CM(2)

かわいくてホッと落ち着ける喫茶店

 八坂駅からちょっと歩いたところの、野火止用水沿いにある喫茶店「cafe PoTeRi(カフェ・ポテリ)」。天気も悪く、ちょっと落ち着かない気持ちを抱いていた私は先日、このお店のことをなぜか思い出し、久しぶりに行ってみたのだが……。

「cafe PoTeRi」

 変わらないねぇ。野火止用水に掛けられた小さな橋を渡ってお店に入るんだけど、この外観、かわいいねぇ。私が初めてこのお店を訪ねたのは2005年のことだったけど、その時も「かわいい」と思ったんだよね。あれから13年経っているんだけど、ずっと「かわいい」ままっていうのは凄いよね。

8年前と変わらぬ値段

 このお店に来るのは8年ぶりなんだけど、「お食事メニュー」は8年前と変わらぬ値段。何だか、ここだけ時間が止まっている感じだなぁ。

店内禁煙はありがたい

 でも「時間が止まってる」なんてことはなく、今流行りの電子タバコにもキチンと対応している。タバコを吸わない私にとっては、この完全禁煙はありがたいね。

メニューがかわいかったので思わずパチリ

 表のメニューを撮ったのだから、必要ないハズなんだけど、店内のメニューがかわいかったので、思わずパチリ。

 ちょうどお昼時だったので、食事をしようと思った私。このお店は「ハヤシライス」がメチャ旨なんだよね。そのことを思い出した私は「ハヤシライス」を頼もうと思っていたんだけど、ここ最近、インド・ネパール系のカレーをよく食べていて、「日本カレーが食べたい」と思ってたことを思い出した。
 このお店のチキンカレー、メニューには「ちょっと辛い」と書いてあるけど、以前食べた時は優しい味わいの家庭的なカレーだと思ったんだよね。

 ということで、「カレーライス」(950円)をお願いした。

前菜盛り合わせ

 まず運ばれて来たのは、前菜盛り合わせ。レンコンもニンジンも優しい味わい。いいねぇ。

チキンカレー

 そしてコレがメインのチキンカレー。コレ、大盛りじゃないですよ。結構なボリュームでしょ。
 添えられている野菜のピクルスが、彩りがよくていいんだなぁ。

しっかり野菜が溶け込んでいる

 パッと見た感じは、ゴロッとしたチキンしか具は見えないんだけど、よく見ると、ニンジンなど野菜が溶け込んでいる。
 だから食べると……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 お店の雰囲気もホッと落ち着く感じなんだけど、このカレーの味わいもホッとするねぇ。

ゴロッとしたチキンは柔らかくて旨い

 ゴロッとしたチキンは柔らかくて旨いんだ。

コーヒーを飲んでひと息

 チキンカレーを食べ終えると、頼んでいたコーヒーが運ばれて来た。コーヒーを飲みながら、窓から外を眺める。何ともゆったりとした寛げる時間だ。

 このお店、オープンしたのが1997年だから、もう20年以上、頑張っているんだね。すっかり老舗の喫茶店だ。だけど、そんな年月よりも「かわいさ」を感じさせるところが、このお店の凄いところであり、魅力だと思う。

 このところ、ちょっと気持ちが荒むというか、ザワついていたから、ひと息つくことができて良かった。こういうお店があるっていうのは本当にありがたい。今度は気持ちよく晴れた日に来てみようかな。




【DATA】
住所:東村山市栄町3-18-22
電話:042-391-1514
営業時間:午前10時~午後7時
定休日:水・木曜
完全禁煙
お店について詳しくはこちら
ブログはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




路地裏のかわいい洋菓子店

 思わぬ所で、思わぬお店を発見することが、東村山市ではよくある。
 先日も、久米川駅南口にあった居酒屋「大ing」のあと(といっても、現在の「すなふきん」のある場所ではなく、その前にあった場所。詳しくはこちらの記事を参照)が今、どうなっているのかを知りたくて、ウイング通りのバー「Hogshead」の手前を左に曲がって歩くと……んん?
 通り過ぎた右側に、何か赤いテント屋根が見えた気がしたので、振り返ってみると……。

こんな所にお店が!

エエッ! (゚д゚lll)こんな所にお店があるよ!!

 確かにこの路地を歩くのは、相当に久しぶりだけど、ウイング通りからよくこの路地の方を見ていたんだよね。
 そうか、電信柱があるから、気が付かなかったのか。
 ところで何のお店なんだろう? 近づいてみると……。

「おやつ屋Sunset」という店名らしい

「おやつ屋Sunset」……どうやらこれが店名らしい。「おやつ屋」ということはスイーツを販売してるってことかな?

1月のメニュー

 お店の前には、かわいいイラスト入りの黒板メニューが立てかけられていた。ケーキ屋さんなんだね。

お店のディスプレイ

 お店にはこんなかわいいディスプレイが。中を見ると……。

「キャラメルブラウニー」は魅力だ

 おおっ、焼き菓子がいっぱいあるぞ。「キャラメルブラウニー」(180円+税)だって! いやあ、ブラウニー大好きだから気になるなぁ。

マフィンもあるんだね

 へぇ、マフィンもあるんだ。
 あれ? でも黒板に書いてあったケーキがないぞ?

 と思っていたら、奥からお姉さんが出てきた。どうやらこちらの店主さんのようだ。ケーキのことを聞くと、「冷蔵品なので奥の冷蔵庫にあります」とのこと。まあ、この間口だと、表にディスプレイを置くワケにはいかないよね(笑)。
 聞けば、オープンしたのは2015年12月1日なのだとか。もう2年以上も営業していたんだね。全く気付かなかったよ。


 気になる焼き菓子があったけど、私は黒板メニューから「みるくロール」(230円+税)と1月のスペシャルメニューの「ティラミス」(300円+税)を買って家に戻った。

買って来たのはこの2つ

 こちらが買ってきたモノ。ちゃんと店名の入った包装がかわいいね。

左が「ミルクロール」、右が「ティラミス」

 左が「ミルクロール」で、右が「ティラミス」。私は甘いモノが好きだから、こうやって見てるだけでテンションが上がってくる(笑)。

ふわふわしていて旨そう

「みるくロール」はふわふわしている感じで旨そう。いただいてみると……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 甘さは全然しつこくなく、ちょうどいい。見た目通り、スポンジ部分がふわふわでクリームによく合ってる。

容器にギッシリ

 さて続いては、容器にギッシリ詰められた「ティラミス」をいただきますか。

口の中でとろける感じがたまらない

 スプーンですくってパクッ……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 とろけていくこの口溶け感がたまらない。甘さもくどくなくていいなぁ。


 2月はバレンタインデーがあるということで、「生チョコレート」(960円+税)や「オレンジとチョコのムース」(300円+税)があるらしい。バレンタインのプレゼントに迷っている人は、このお店に行ってみてはいかがかな? 本来は日曜と月曜が定休日なんだけど、2月11日(日)と12日(月)はバレンタインデー前ということで営業しているみたいですよ。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-38-4
電話:090-2482-6620
営業時間:午前11時~午後6時
定休日:日・月曜、月末(その他あり)
ホームページはこちら
ツイッターはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2018/02/10 05:00 ] 【ケーキ・洋菓子】 Sunset(栄町) | TB(-) | CM(4)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す55歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR