東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

名古屋式、食べてみました

 先日、久米川駅北口のラーメン店「一代元」の「冷し担々麺」を紹介したら、ちょっと変わった冷やし中華の食べ方ということで、「名古屋式」のことがコメント欄に寄せられた。「名古屋式」とは、冷やし中華にマヨネーズを入れて食べることなのだとか。

 それってホントに旨いの?

 そう思った私はまずmixi(ミクシィ)の日記に「冷やし中華にマヨネーズって組み合わせはアリなの?」と書いて、友達に聞いてみた。すると、半数近くから「アリ」という答えが……。

 ということで、「試してみよう」と思った私。「全国チェーンの中華料理店なら、『マヨネーズを付けて』と言っても戸惑わないだろう」と思い、所沢街道沿いにある「餃子の王将 秋津店」へ行ったのだが、あいにく並ぶほどの満席状態。
「どうしようかな?」と思ったが、「まあ、頼めば何とかなるだろう」と思い、隣にある中華料理店「ぼん天」に入った。

「冷し中華そば」(770円)を頼むとともに「マヨネーズを添えてください」と頼んだら、店員さんは「エッ?」という表情をしつつ、「あ、はい」と答えた。「ぼん天」は他にもお店があるのだが、基本的には東京のお店だから「名古屋式」に馴染みはないのだろう。当然の反応だ。

「冷し中華そば」とマヨネーズ

 で、しばらくして運ばれてきたのがコレ。マヨネーズを別皿にするところに、お店側の“戸惑い”を感じる。そりゃそうだよね。私だって「名古屋式」がどういうモノか知らないから、最初からマヨネーズが乗っているのか、分量はどれくらいなのか、サッパリわからないからね。逆の立場で「マヨネーズを添えてください」と言われたら、やっぱり小皿にマヨネーズを入れて出すと思うなぁ。

「冷し中華そば」のアップ

 どちらかと言うと、醤油だれの冷やし中華は苦手な私だが、この「冷し中華そば」は見た目がなかなか旨そうだ。バンバンジーに使うような蒸し鶏じゃなく、ちゃんと鶏チャーシューが乗っているのもうれしい。

麺のアップ

 麺もシャキシャキしていて旨い。このまま全部食べたいところだが、そうもいかない。「名古屋式」を試さなくては。

いよいよマヨネーズを投入

 というワケで、マヨネーズをドバッと投入。目をつむって、「エエイッ!」と全体をかき混ぜた。
 全体がうっすらとクリーム色がかっている。「旨いのか、ホントに?」と、ついつい躊躇してしまうが、気合で麺を持ち上げ、ズズズッ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 醤油だれの酸味がマイルドになって、なかなか旨いよ。へぇ、こんな味になるのか。

残ったつゆはこんな色になっていた

 食べ終わった後、お皿に残ったつゆはこんな色になっていた。とても旨そうな色には見えないが、試してみる価値はあるかも。ただし、私が思うに「醤油だれの冷やし中華が大好き!」という人は、やらない方がいいかも。「醤油だれも好きだけど、どちらかと言うとゴマだれの冷やし中華の方が好き」という人なら、「名古屋式」は割と受け入れやすいかもね。


【DATA】
住所:東村山市久米川町1-37-30
電話:042-393-7074
営業時間:午前11時~深夜3時
駐車場あり





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」




[ 2008/06/16 16:04 ] 【中華料理】 ぼん天(久米川町) | TB(-) | CM(0)

中年であることを痛感させるメニュー

 ちょっと秋津方面に用事があった帰り道。お腹が空いたので、私は所沢街道沿いにある中華料理店「ぼん天」に入った。
 メニューを眺めていると、気になる料理を発見。それは……。

「ナスの生姜焼き」(680円)。

 ナスの味噌炒めの間違いではないかと思ったが、どう見ても「生姜焼き」と書いてある。不思議に思い、私は「ナスの生姜焼き定食」(880円)を頼んだ。

ナスの生姜焼き定食

 しばらくして運ばれて来たのがコチラ。このお店では単品に200円プラスすれば定食になるシステムで、午後3時までのランチタイムはご飯お代わり自由になっている。

これがナスの生姜焼き

 これが「ナスの生姜焼き」。見た目はナスの肉味噌炒めなのだが、食べると確かに生姜の味がシッカリする。
 ナスは炒める前に素揚げされているせいか、油をシッカリ吸い込んでいる。最初はそれが旨く感じたんだけど、食べ進むに連れてまったりしてしまった。もう油っこさを美味しく感じられる年ではないということか……完食はしたものの、何だか寂しくなっちゃったよ。


【DATA】
住所:東村山市久米川町1-37-30
電話:042-393-7074
営業時間:午前11時~深夜3時
駐車場あり





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」




[ 2008/03/30 16:35 ] 【中華料理】 ぼん天(久米川町) | TB(-) | CM(0)

ひと工夫が旨い麻婆丼

 サクッとガッツリ食べたい時に真っ先に候補に挙がるのが、中華料理店だ。この日は所沢街道沿いを自転車で走っていた私。「今日のお昼は中華にしよう」と決めて、頭の中で候補となるお店を思い浮かべた。
 出て来たのは2つ。「餃子の王将 秋津店」とその隣にある「ぼん天」だ。考えた末に私が選んだのは、「ぼん天」。どちらかというと、こっちの味付けの方が私の好みなんだよね。

 ということで、お店に入り、カウンターに座ると、私は「マーボ丼」(630円)と「から揚げサラダ付」(480円)を頼んだ。たぶん2つとも早く出てくるだろうし、これだけ食べれば、お腹も満たされるだろう。

マーボ丼

 まず最初に出て来たのは「マーボ丼」。結構なボリュームじゃないの。

マーボ丼のアップ

 このお店の麻婆豆腐は以前に食べたことがあり、ご飯にはバッチリ合うとわかっていたから頼んだんだけど、よく見ると、普通の麻婆豆腐と違う。ほら、角切りのナスが入っているよ。しかも皮にツヤがあるから、ちゃんと素揚げしてある。
 では、いただきますか。
 おおっ、旨いなぁ。味付けは以前食べた麻婆豆腐と変わらない気がするんだけど、予想通り、ご飯と一緒に食べると旨い。挽き肉が大きくて、噛むほどにギュッと旨味が出るのがいいね。だけど何よりもナスがいい。素揚げで油を吸ってるんだけど、これが何とも言えずうまいんだよね。

から揚げサラダ付

 と、そこに「から揚げサラダ付」が到着。熱々でコロモはパリッ、中はジューシィー。なかなかいいじゃない。ただ、鶏肉そのものに味がないんだよなぁ。シッカリと下味が付いていればもっと旨いと思うんだけど……でも、味が付いてない分、いろいろと楽しめるワケで、サラダに添えられているマヨネーズを付けたり、胡椒や醤油を付けたりして楽しみながら食べることができた。

 完食したら予想通り、満腹。しかもお店に入ってから食べ終わるまで20分もかかっていない。サクッとガッツリ食べるなら、やっぱり中華だね。


【DATA】
住所:東村山市久米川町1-37-30
電話:042-393-7074
営業時間:午前11時~深夜3時
駐車場あり






★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」





[ 2008/02/23 16:15 ] 【中華料理】 ぼん天(久米川町) | TB(-) | CM(0)

冷やし中華のニュータイプ

「今年は苦手意識を克服するんだ!」と醤油ダレの冷やし中華を食べる決意をした私だが、その割には食べていない。
「こんなことじゃあ、いかん。今日こそは食べよう」と思った私は、秋津での用事の帰りに中華料理店「ぼん天」へ。でも、このお店に寄ったのは、別のメニューに惹かれたからなんだよね。
 お店の表にタレ幕があり、そこに「冷し中華」(680円)とあったんだけど、その下に「冷し担担麺」(680円)というメニューが……そう、これに惹かれちゃったんだよねぇ。

 で、中に入り、改めてメニューを見ると……おや、こんなのもあるの?
 さらに私を魅了するメニューがそこにはあった。それは……。

「冷し麻辣麺」(680円)

 メニューの下には「花山椒の痺れる辛さ『麻』と唐辛子の辛さ『辣』がクセになる!!」という解説まである。
「好みで言えば、絶対こっちだね」……そう思った私は、「冷し麻辣麺」を注文した。

冷し麻辣麺

 しばらくして運ばれて来たのがコレ。彩りもいいし、見るからに具だくさんだ。
 キュウリにチャーシュー、それからメンマも細切りされている。ピーマンも緑と赤が細切りされ、さらには茹でキャペツも乗っている。

麺のアップ

 麺は細い縮れ麺。食べると、それほど辛くない。花山椒も「そう言われれば入ってるかなぁ」という程度しか感じない。でも具がたっぷりで、食べ応えは十分。特に茹でキャベツは麺と一緒に食べると旨い。ワシワシと食べて、すぐに完食。

 今度来る時はたぶん「冷し担担麺」を食べると思うから、「冷し中華」を食べるのは次の次か。でもその時はたぶん、期間限定メニューだから消えているだろうなぁ。醤油ダレの冷やし中華を避けているつもりはないんだけど、苦手意識を克服するのはやっぱりむずかしいなぁ。


【DATA】
住所:東村山市久米川町1-37-30
電話:042-393-7074
営業時間:午前11時~深夜3時
駐車場あり



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」





[ 2007/08/12 17:07 ] 【中華料理】 ぼん天(久米川町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR