東村山グルメ日記2

志村けんさんでおなじみの東京都東村山市に限定したグルメ情報サイト

ちょっと変わった麻婆ナス

 先日、久米川駅南口の「ぎょうざの満州久米川南口店」を通りかかったら……。

こんな幟を発見!

 こんな幟を発見! ナス好きの私がこれを無視できるワケがなく、ついフラフラとお店に入ってしまった(笑)。

ナスのメニューは2つ

「フェア」と銘打っているから、どれだけメニューがあるんだろう?と期待したら……あらま、2つだけですか(笑)。しかも、そのうちの1つである「なすのみそ炒め」は以前に食べたことがあるから、必然的に注文は「五目マーボなすセット」(770円)ということになる。
「まあ、麻婆ナスも好きだから、いいか」ということで、私は「五目マーボなすセット」をお願いした。

五目マーボなすセット

 まずは餃子以外のセット内容が到着。

これが五目マーボなす

 これが「五目マーボなす」。なるほど、挽き肉以外にニンジンやピーマン、タケノコなどを細かく切って入れているんだ。それで「五目」というワケなのね。
 食べてみると、ピリ辛度はそれほどでもないし、普通の麻婆ナスと比べると、ややマイルドな味わいだけど、これはこれで旨い。別皿ではなく、丼めしにぶっ掛けて食べたくなるような味だ。

餃子が到着

 半分ほど「五目マーボなす」を食べたところで餃子が到着。このお店の餃子はやっぱり旨いねぇ。餃子を1個、口にするたびにご飯が一気に消えていく。ご飯のお代わりをしたいところだけど、体調を考えてここはグッと我慢、我慢。
 ひと味違う「五目マーボなす」も旨かったけど、やっぱりこのお店は餃子が一番旨いね(笑)。




【久米川南口店DATA】
住所:東村山市栄町2-19-17
電話:042-395-6689
営業時間:午前11時~午後9時50分(ラストオーダーは午後9時30分)
ホームページはこちら


【東村山西口店DATA】
住所:東村山市野口町1-3-2
電話:042-395-6097
営業時間:午前11時~午後9時50分(ラストオーダーは午後9時30分)
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





餃子をツマミに“せんべろ”

 私が愛読しているグルメブログの1つ「シャバゾウblog」に先日、「ぎょうざの満州」についての記事が載っていた。
 で、ブログを書いているQT鈴木さんが、この記事の中でこんなことを言ってたんですよね。


僕は王将より好きだったりします


 ここで言う「王将」とは、今や全国的に大人気の中華料理チェーン「餃子の王将」のことだ。結婚する前の私だったら、「フン、そんなワケないだろ!」と一蹴するところなのだが、結婚して東村山市に移り住み、「ぎょうざの満州」を知ってしまっている今の私は、

うんうん、私も「餃子の王将」より好きだよ!!

と記事を読みながら大きくうなずいてしまった。
 一品料理ではまだまだ「餃子の王将」に敵わない部分が多々あるが、こと餃子に関しては、私は「ぎょうざの満州」の方が好きだなぁ。


 とまあ、そんなことを思いながら記事を読んだ数日後のこと。
 その日はとっても暑かったんですよ。喫茶店に入ってアイスコーヒーを飲むくらいじゃ、とても癒されない暑さだったんですよね。まあ、簡単に言ってしまえば、体はビールを求めているワケで(笑)。
 と、そんな時にQT鈴木さんあの記事が脳内にフラッシュバック。途端に頭の中は「餃子とビール」「餃子とビール」「餃子とビール」「餃子とビール」「餃子とビール」……とまるで念仏のように、1フレーズがリフレイン!

 急いで久米川駅南口の「ぎょうざの満州久米川南口店」へ行き、まずは瓶ビールと「メンマ」、そして「餃子」を2皿、注文した。

瓶ビールで乾杯

 まずは瓶ビールをコップに注いで、グビグビグビ……カーッ、旨い!

ツマミにまずは「メンマ」

 そこへサッと「メンマ」が登場。黒胡椒がすでに効いていて、このままでも旨いんだけど……。

胡椒を振り、ラー油をひと回し

 さらに胡椒を振り、ラー油をひと回しして食べると……うーん、旨いッ! これだけで瓶ビール1本飲めちゃうくらい。

メインのツマミは餃子2人前

 さあ、ここでメインの「餃子」2人前が登場だ。この焼き色、たまんないねぇ。

この餃子が旨いんだ

 酢とラー油だけで食べた方が旨いって聞くんだけど、私はオーソドックスに醤油&酢&ラー油の組み合わせで、なおかつラー油多めの餃子だれをつくり、たっぷり付けてからいただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 皮のモチッとした感じといい、中の野菜のシャキッとした加減といい、まさに私好み。2人前なんてペロリだよ。

 さてさて、瓶ビール(420円)、「メンマ」(150円)、「餃子」(210円)を2人前で、いくらだと思いますか? そう、合計で990円!
 まさに「千円でべろべろ」の“せんべろ”達成! 瓶ビールをもう1本飲みたかったところだけど、今の私にはこれくらいがちょうどいいと思う。
 いやあ、満腹でほろ酔い。幸せ、幸せ。




【久米川南口店DATA】
住所:東村山市栄町2-19-17
電話:042-395-6689
営業時間:午前11時~午後9時50分(ラストオーダーは午後9時30分)
ホームページはこちら


【東村山西口店DATA】
住所:東村山市野口町1-3-2
電話:042-395-6097
営業時間:午前11時~午後9時50分(ラストオーダーは午後9時30分)
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





1コインのあんかけラーメン

 実はショックなことがあったんですよ。2012年の食べ始めとして行って来た久米川駅南口の中華料理店「晩翠」がナント1月15日で閉店してしまったのだ。あんかけの「五目そば」が熱々で旨く、「幸先のいいスタート」を切らせてもらったのに……。

 そんなことを思いながら久米川駅南口周辺を歩いていたら、「ぎょうざの満州久米川南口店」が期間限定であんかけラーメンをやっていることを発見。その名も

「ニラ玉ラーメン」

 ニラ玉があんになっているっていうのが面白いし、旨そうじゃない。しかも500円と1コインなのもうれしい。
 よし、あんかけラーメンを食べて、寒さで冷えた体と閉店ショックで少しフリーズしてしまった心を温めよう……そう思って私はお店に入った。「ニラ玉ラーメン」だけにしようと思ったけど、ちょっとお腹が空いていたので、「ニラ玉ラーメンと餃子」(680円)というセットを注文した。

ニラ玉ラーメン

 しばらくしてまず運ばれて来たのは「ニラ玉ラーメン」。「ニラ玉」というからニラだけかと思ったら、白菜やニンジン、キクラゲなど野菜が結構入っている。
 レンゲでスープを飲むと……うーん、温まるぅ~。

麺のアップ

 麺は中太で緩い縮れ麺。柔らかいんだけど、しなやかに伸びて、ブチブチ切れたりしない。ニラ玉あんがよく絡んで旨い。

餃子

 と、ここで餃子が登場。この餃子が旨いんだけど……「ニラ玉ラーメン」だけで、かなりお腹いっぱいになっていて、餃子はダメ押しになってしまった。全部食べ終えると、「く、苦しいぃ~」。いやあ、ここ数カ月で急速に胃が小さくなった感じ。もう以前と同じ感覚で食べちゃダメなんだなぁ。
 体はすつかり温まったけど、心には少し寂しさが残ってしまったよ(笑)。




【久米川南口店DATA】
住所:東村山市栄町2-19-17
電話:042-395-6689
営業時間:午前11時~午後9時50分(ラストオーダーは午後9時30分)
ホームページはこちら


【東村山西口店DATA】
住所:東村山市野口町1-3-2
電話:042-395-6097
営業時間:午前11時~午後9時50分(ラストオーダーは午後9時30分)
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
有名ラーメン店多数!店舗直送ラーメン通販【ベストマート】
博多から直送、かねふく辛子明太子





アッサリしてるけど実はスタミナ系の焼きそば

 昼ごはんを抜いたせいか、夕方早くにお腹が空いてしまった私。時刻は午後4時近く。「さて、どうしよう?」と考えた結果、私が向かったのは、中華チェーン店「ぎょうざの満州」。この日は東村山駅周辺に居たので、私は「ぎょうざの満州 東村山西口店」に行ってみた。

 お腹が空いているとはいえ、こってりしたモノを食べたい気分じゃなかったので、私は「塩焼そば」と餃子のセット(680円)を注文した。

まず運ばれて来たのは、「塩焼そば」とスープ

 まず運ばれて来たのは「塩焼そば」とスープ。最近、「焼きそば」と言えば「黒焼そば」ばかり食べていたから、何だかこのビジュアルは新鮮(笑)。

これが「塩焼そば」

 具材は豚肉、チンゲンサイ、キクラゲ、ニンジン、モヤシ……といったところだろうか。

麺のアップ

 麺は中太のやや平たく、緩~い縮れのモノ。では、いただいてみますか……おっ、アッサリとした塩味で旨い。いろんな具材が口に入るたびに、その具材の旨味がストレートに感じられ、そのたびに味に変化が生まれる。
 ただ、食べていると、ニンニクの香りが口に残る。「どういうことだろう?」と改めて「塩焼そば」を箸で探っていくと……。

ニンニクスライスがゴロゴロ入っている

 ニンニクスライスが入っているではないか。しかもよく見ると、ゴロゴロと入っている。麺の色と同化していて気づかなかったけど、意外とこの「塩焼そば」、スタミナ系だったのね。

餃子が登場

 と、そこへ餃子が登場。これが旨いんだよね。
 食べながら、ふと思ったのは、この「塩焼そば」と餃子のセット、ビールのツマミにピッタリなんじゃないかな。瓶ビールが420円だからあわせて1100円。“せんべろ”にはならないけど、このセットとビールは合うと思うなぁ。今度行ったら飲んでみるかな(笑)。



【久米川南口店DATA】
住所:東村山市栄町2-19-17
電話:042-395-6689
営業時間:午前11時~午後9時50分(ラストオーダーは午後9時30分)
ホームページはこちら


【東村山西口店DATA】
住所:東村山市野口町1-3-2
電話:042-395-6097
営業時間:午前11時~午後9時50分(ラストオーダーは午後9時30分)
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。



〔PR〕
博多から直送、かねふく辛子明太子
小林製薬の厳寒行者にんにく



やっぱりごまだれが好き

「暑いなぁ」と思いつつ、久米川駅南口の中華チェーン店「ぎょうざの満州久米川南口店」の前を通ると、ナント「冷し中華」の文字を発見。いやあ、もうそういう季節なんだ。
「でも、このお店の冷し中華はすでに取材しているからなぁ」と、そのまま通り過ぎようとした瞬間、「New!」の赤文字とともに、こんな文字が目に飛び込んできた。

ごまだれ冷し中華

 エッ、ごまだれがあるの? それなら話は変わるよ……というワケで、お店に入った私。もちろん、頼んだのは「ごまだれ冷し中華」(600円)だ。

ごまだれ冷し中華

 しばらくして運ばれて来たのがこちら。おおっ、たっぷりとごまだれがかかっていて旨そうだ。
 昨年は醤油だれの冷やし中華を食べまくって、苦手だった醤油だれを「旨い」と思うほどまで克服したのだが、やっぱり私はこのごまだれタイプの方が好きかも。
 パッと目にした時の唾液の分泌量が明らかに違うもんね(笑)。

裏はこんな感じ

 裏側はこんな感じ。表に細切りのチャーシューとキュウリ、モヤシがあって、裏はワカメに玉子焼き、そして紅生姜。具だくさんでいいねぇ。

麺のアップ

 それではいただきま~す……うんうん、麺がしっかりと冷水にさらされていて、ひんやりシャッキリしている。この麺にちょい甘めのごまだれを絡め、思い思いの具材とともに口に放り込むと……いやあ、旨いッ! 冷やし中華はごまだれの方が好きだなぁ。

ラー油をひと回し

 途中、麺にラー油をひと回しして食べると……いやいや、これも旨いねぇ。合うんだよね、ごまだれにラー油って。
 それにしても今年最初の冷やし中華がごまだれってのは、ツイてるかも。だって、ごまだれの冷やし中華って、なかなかないからね。
 いやあ、満足。ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-19-17
電話:042-395-6689
営業時間:午前11時~午後10時
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

今年も食べちゃった期間限定の焼きそば

 懐具合が寂しい時に私がよく行くお店は、やはりチェーン店になってしまうことが多い。「松屋」「すき家」「マクドナルド」……行くのは大体この辺かな。でも、懐が寂しいながらもガッツリ食べたいと思ったら、私は大抵、久米川駅南口の中華チェーン店「ぎょうざの満州久米川南口店」に行くことにしている。だってこのお店、餃子2人前にご飯とスープ、そしてお新香が付いた「ダブル餃子セット」が500円だからね。

 ということで、先日も「ぎょうざの満州久米川南口店」に行ったワケだけど、メニューに「かた焼そば」を発見しちゃったんだよね。餃子を付けると680円だけど、単品だとジャスト500円。コレ、去年食べて、旨かった記憶があるんだよね
 迷ったけど、期間限定メニューでもあるし、今回は「ダブル餃子セット」ではなく「かた焼そば」を注文した。

かた焼そば

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。スープが付いているんだね。

去年よりも麺がカリカリしている

 よく見ると、麺の揚がり具合が去年よりいい感じ。よりキツネ色になっている。カリカリ度が増しているってことだから、これはうれしい。
 食べると、予想通り、麺はカリカリしている。これが次第にかかっているあんを吸って、柔らかくなっていくんだけど、その食感の変化が旨くて楽しいんだよね。
 今回はカリカリ度が増しているせいか、クタッとした麺には、本当に最後の最後でしか出くわさなかった。いやあ、満足。
 ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-19-17
電話:042-395-6689
営業時間:午前11時~午後10時
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

見本みたいな冷やし中華

 夏の風物詩的メニューである冷やし中華。でもそば屋の冷やし中華を食べていると、具材も盛り付けもお店によって様々で、結構驚かされることが多い。
 ということで、スタンダードな冷やし中華が食べたいと思った私。「となると、チェーン店がいいかな」と思い、久米川駅南口の中華チェーン店「ぎょうざの満州久米川南口店」に向かった。

 店内を見回すと……あった、あった。「冷し中華」(580円)のポスター。餃子とセットにすると760円ということなので、私は「冷し中華」と餃子のセットを頼んだ。

冷し中華

 運ばれて来た「冷し中華」を見て、私はしばし感動してしまった。だって、まるで「冷やし中華の見本」と言ってもいいくらい、イメージ通りの冷やし中華なんだもん。
 具材はチャーシュー、キュウリ、モヤシ、錦糸玉子、ワカメ、そして紅生姜が添えられている。チャーシューとキュウリ、錦糸玉子はちゃんと細切りされている。お皿は涼しげな透明ガラスだし、上にパラパラと白ゴマが振られているのもいい。
 何だか久しぶりに冷やし中華らしい冷やし中華を見た気がする。

麺のアップ

 ではキレイに並べられた具材をかき混ぜて、いただきま~す……麺は冷水でキュッと〆られていて、ひんやりと冷たくシコシコしている。これに少し酸っぱい醤油だれが絡むとスイスイ入っていく。旨いなぁ。

セットの餃子

 ここでセットの餃子が登場。「冷し中華」はボリューム的にはやや物足りないので、餃子を加えてちょうどいい腹具合になる。
 いやあ、満足。ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-19-17
電話:042-395-6689
営業時間:午前11時~午後10時
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

期間限定のあんかけラーメン

 好きだからなんだけど、またしても久米川駅南口の中華チェーン店「ぎょうざの満州久米川南口店」にやって来てしまった私。今回は理由があって、先月紹介した期間限定メニューが変わっているという情報が読者の方から寄せられたので、行ってみたんだよね。
 このチェーン店、「○○フェア」というのはよくやるけど、そんなに短期間で変えたりはしてなかったと思うのだが……。

2月の限定メニュー

 おっ、確かに変わっている。しかもよく見ると、「2月の限定メニュー」と書いてあるではないか。ということは、1カ月ごとに限定メニューを変えるということなのか。やるなぁ。
 で、今回は、「ニラ玉ラーメン」(500円)と「豆乳タンメン」(550円)、そして「ホタテ海老そば」(650円)というワケね。
 この日は寒かったから、あんかけタイプに魅力を感じた私。ちょっと贅沢して「ホタテ海老そば」にしようかなぁ……と思いつつメニューの下の方に視線を落とすと……。

魅力的なセットがあるけど…

「ホタテ海老そばセット」(890円)なる文字を発見。「ホタテ海老そば」に餃子1皿、ア~ンド小ライスと漬物が付くらしい。小ライスが付くってのは危険だよね。私の場合、間違いなくアイランドをやってしまいそうだ。

 いろいろと考えた末、私は「ホタテ海老そば」を単品で頼むことにした。まあ、お店に行ったのが、夜の9時過ぎと遅かったしね。

ホタテ海老そば

 これが「ホタテ海老そば」。ちょっと広東麺に似ているかな。醤油ラーメンの上に、ホタテと海老、そして白菜やニンジンなどの野菜が一緒になったあんがかかっている。
 まずはレンゲでスープをひと口……想像通りの味で、体が温まる。旨いね。好きな味だ。

麺のアップ

 麺をあんに絡めながらズズズッ……うん、旨い。抜群に旨いってワケじゃないけど、野菜がたっぷりで食べ応えがあるし、あんかけだからスープも最後までされほど冷めることなく旨くいただける。
 スープを飲み干して、ごちそうさま。ふぅ~ッ、体があったまったよ。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-19-17
電話:042-395-6689
営業時間:午前11時~午後10時
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

期間限定の焼きそばとちょっとした発見

 取材しようと思っていたお店があいにくお休みだったので「どうしようかなぁ」と迷いつつたどり着いたのが、久米川駅南口の中華チェーン店「ぎょうざの満州久米川南口店」
 次の用事までにあまり時間がないことに気づき、「中華なら料理が出るのも早いだろう」と思い、入ったのだ。
 メニューを見ると……。

焼そばフェアをやっていた

 どうやら定番メニューの「ソース焼そば」に、期間限定の「塩焼そば」(500円)と「かた焼そば」(500円)を加えて「焼そばフェア」をやっているようだ。
 私は「かた焼そば」が気になったので、餃子とセットになった「かた焼そばと餃子」(680円)を注文。

かた焼そばと餃子のセット

 これが「かた焼そばと餃子」。「かた焼そば」の単品と「餃子」の単品を注文すると、710円だが、セットだとスープが付いて680円。これはお得だ。

かた焼そば

 カリカリに揚げられた麺の上に、塩味の野菜たっぷりのあんがかかっている。添えられているカラシを少し付けてから、あんと一緒に麺をパクッ……旨いなぁ。カリッとした食感がいいよね。
 これが時間とともに、麺にあんがしみ込んでいき、徐々にフニャフニャと柔らかくなっていく。その食感の変化が「かた焼そば」の魅力なんだよね。

いい色に焼きあがった餃子

「餃子」は相変わらず、いい焼き色。マズいワケがなく、「かた焼そば」を食べながら、「餃子」をパクリ。「かた焼そば」はあっさりとした塩味だから、「餃子」の味がいいアクセントになって、相乗的に旨さが増す。

 時間があまりなかったせいもあるが、一気に食べ終えて、「ふぅ~っ」とひと息。グラスの水を飲んでいると、ふと目の前に置いてあるプレゼント告知に目が留まり、「エッ!?」と驚いてしまった。

「3割うまい!」のあのキャラクターは「ラン」という名前だった!

「3割うまい!」というキャッチフレーズとともに必ず登場する女の子のキャラクター、名前があったんだね。知らなかったよ。「ランちゃん」だって。いやあ、10年前に東村山市に引っ越して以来、ずっとこのお店にはお世話になっているけど、このキャラクターが「ランちゃん」だったとは、初めて知ったよ。ちょっとした発見だと思うんだけど、皆さん、知ってましたか?



【DATA】
住所:東村山市栄町2-19-17
電話:042-395-6689
営業時間:午前11時~午後10時
ホームページはこちら





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

1コインでお釣りが来る中華定食

 私が個人的に“究極の1コイン定食”と思っているのが、久米川駅南口の中華チェーン店「ぎょうざの満州久米川南口店」の、「ダブル餃子セット」だ。餃子2人前にライスとスープ、そしてお新香が付いて500円。500円という価格でこのボリュームは、最強だと私は思う。

 ということで、時々このお店で「ダブル餃子セット」を食べているのだが、先日、何気なくメニューを見ていて……。

いつものようにメニューを見ると…

ん!?

こんなモノを発見

さらに安いメニューが (゚д゚lll)あるじゃないッスカ!!

 単に「ダブル餃子セット」の餃子が1人前になっただけなんだけど、それにしても370円って、「吉野家」「松屋」の牛丼より安いじゃん。いやあ、見落としていたなぁ。こんな激安のメニューがあったなんて。

 というワケで、頼んじゃいました。「焼餃子とライス」を。

焼餃子とライス

「ダブル餃子セット」を見慣れているせいか、やや貧弱なビジュアルに見えるが、これで370円は立派なんじゃないの? だって中華料理店によっては、餃子1皿が370円以上するところだってあるんだから。

相変わらず旨そうな餃子

 この餃子が旨いんだよなぁ。「ダブル餃子セット」を食べ慣れているから、餃子1人前でご飯をうまく食べきれるかなぁと思っていたけど、そんな不安は杞憂だった。逆にご飯が足りないぐらい、餃子1個でモリモリ食べられる。食べ終えると、満腹感も十分ある。
 こりゃ、懐具合が寂しい時はお世話になりそうな定食だね(笑)。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-19-17
電話:042-395-6689
営業時間:午前11時~午後10時
ホームページはこちら





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」




料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告