東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

ラーメンライスの贅沢版

 昼食を食べ損ない、すんごくお腹が空いて仕方のない夕方。私は久米川駅南口のラーメン店「もみじ」に入った。麺類を頼めば、ご飯が無料で食べられるからだ。
 しかし、私は券売機の前でハタと考えてしまった。原因はコレ。

「炙りチャーシュー丼 大(醤油・塩)」(300円)

 以前に「炙りチャーシュー丼 小」(200円)を食べたことがあるんだけど、旨かったんだよね。
 もともと今回食べようと思っていたのは「魚醤油らーめん」(650円)だし、「炙りチャーシュー丼 大」を頼んでも、1000円を超えない。ちょっと贅沢なラーメンライスを思えばいいかな。それに、「炙りチャーシュー丼」の塩味ってのが気になるし……ということで、私は「魚醤油らーめん」と「炙りチャーシュー丼 大」の塩味を頼んだ。

魚醤油らーめん

 まず最初に来たのは、「魚醤油らーめん」。このスープ、私は大好きなんだよね。

麺のアップ

 プリプリの麺に変わってから「魚醤油らーめん」を食べるのは初めてかも。ではでは、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 これはいいねぇ。麺がすごく旨い。スープに合っているってことだね。

炙りチャーシュー丼 大

 と、ここで「炙りチャーシュー丼 大」の塩味が登場。おおっ、チャーシューの枚数が「炙りチャーシュー丼 小」より明らかに違う。旨そうだし、これだけでも十分ボリュームあると思う。


 ふと、ここで妙な疑問が頭に浮かんだので、お客さんが誰もいないこともあり、私は店員さんに聞いてみた。

「あのう、この『炙りチャーシュー丼』だけ頼む人っているんじゃないですか?」

 何たって300円だもん。チェーン店の牛丼並みの値段だから、そういう利用の仕方を考える人もいるんじゃないかと思ったんだよね。
 店員さんの答えは予想通り、「います」とのこと。本当は麺類と一緒にサイドメニューとして頼んで欲しいけど、「今の時代、みんな厳しいから仕方ないですよね」とニッコリ笑顔で話してくれた。
 そう考えると、今回食べた「魚醤油らーめん」と「炙りチャーシュー丼 大」の組み合わせは本当に贅沢だよね。
 またこの贅沢なラーメンライスが食べられるよう頑張らなきゃ……そう思ったよ。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-7-29
電話:042-394-3003
営業時間:午前11時半~午後3時
      午後5時~11時半
お店のホームページ




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2010/05/06 18:21 ] 【ラーメン】 もみじ(栄町) | TB(-) | CM(0)

ライス無料=当然のアイランド

 何だか再び私の中で担々麺がブームになろうとしている。
 先日もなぜか無性に食べたくなって、久米川駅南口のラーメン店「もみじ」に入ってしまった。
「担々麺」は900円と、ちょい高めだけど、このお店の場合、麺類を頼んだお客はライスが無料で食べ放題だから、“後のこと”を考えたらお得と言えるからね。

 エッ、“後のこと”とは何かって? そりゃもう「アイランド」ですよ、ア・イ・ラ・ン・ド!

あらかじめライスを大盛りで用意

「担々麺」が出来上がるまでに、もうライスを大盛りにして準備万端(笑)。
 そこへ来た、来たーッ!

担々麺

 カーッ! 旨そうな「担々麺」だねぇ。何より、このお店の「担々麺」はキレイだよね。

ゴマがいっぱい浮かんで旨そう

 ネギなどの細かい具材とともに、ゴマいっぱい表面に浮かんでいて、旨そう。まずはスープからいただきますかね。レンゲですくって……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 スープそのものも旨いけど、一緒に口の中に入ってくる具材の食感がまたたまらない。

麺のアップ

 麺と一緒に食べると、なおのこと旨いんだよね。

 と、ここで店長さんが、「辛くしなくてよかったですかね?」と聞いてきた。
 あっ、そうだよ。券売機のところに、「辛いのが希望の人は言ってください」という感じのことが書いてあったのを忘れてたよ。
「辛くできるんだったら、すればよかったなぁ」とボソッと私が言うと……。

「じゃあ、辛くしましょう」

と店長さんはおもむろにラー油のボトルを取り出し、丼の中にピューッとひと回し。

ラー油を入れてもらい、スープは真っ赤に

 うひょひょ~ッ! たちまちスープが真っ赤に染まっちまったよ! 

「この自家製のラー油は香り重視なんで、見た目ほど辛くないですよ」

と店長さん。確かにごま油のいい香りがプンプンする。食べてみると……。

この方が旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 店長さんの言う通り、見た目ほど辛くないけど、そうは言っても少し辛さが加わり、さらに香りと旨さが加わって、さらにスープが旨くなった。もちろん、麺との相性もバッチリだ。

麺を食べ終えたところで…

 麺を食べ終えてもこんなにスープが残っている。この底には挽き肉とか、刻んだザーサイがたっぷりあるハズだ。これをサルベージするためには、やっぱりアレしかないでしょう。

お約束のアイランド

そう、アイランド!!

 ポッカリと浮かんだ白い島をレンゲでガシガシと崩して、混ぜて、いっただっきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 スープが思った以上に残っていて、まだライスの入る余地があったんだけど、ここでもう1杯ライスを投入したら、「人間失格」の烙印を押されそうな気がしたので、グッと我慢。でも20代のガッツリ君は、絶対にライス2杯を投入した方がいいよ。それも大盛りでね(笑)。

 食べ終えると、超満腹。担々麺ってお腹いっぱいになるからいいよね……って、それはこんな食べ方をしている私だけか(笑)。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-7-29
電話:042-394-3003
営業時間:午前11時半~午後3時
      午後5時~11時半
お店のホームページ




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2010/02/20 17:05 ] 【ラーメン】 もみじ(栄町) | TB(-) | CM(0)

またラーメン店で満腹セットを発見!

 2010年最初のラーメンはどこで食べようかなぁ……と思いつつ、久米川駅南口周辺を歩いていると、ナント、「もみじ」が営業しているではないか。

料金値下げの張り紙

 おっ、料金を50円ずつ値下げしたようだ。頑張ってるなぁ……よし、2010年最初のラーメンは「もみじ」で食べよう。そうだなぁ、久しぶりに「えび塩らーめん」(650円)を食べてみるかな。このお店はライスが無料だし、新年早々、ガッツリ食べるか。

 そう思ってお店に入って、券売機に向かうと……。

券売機にはこんな張り紙が…

 エエッ、「炙りチャーシュー丼」だって? うわっ、何て魅力的な張り紙なの。ガッツリ食べる満々の私がこの張り紙をスルーできるワケないじゃん。
 ということで、「えび塩らーめん」と「炙りチャーシュー丼 小」(200円)の券を購入。「炙りチャーシュー丼」を小にしたところに、「2010年は体を労わろう」という気持ちが表れているよね(ラーメンと一緒にご飯を食べようという発想がそもそもアウトという話もあるが……)。

えび塩らーめん

 しばらくして「えび塩らーめん」が運ばれて来た。旨そうなビジュアルだなぁ。ほのかにエビの香りが漂うのが、またいいんだよね。
 レンゲでスープをひと口……うん、旨い! 体にスーッと旨さが染みていく感じ。

麺のアップ

 店長の話によると、麺を変えたということなんだけど……あっ、言われてみると以前と違うかも。麺そのものが旨くなっている感じ。気持ち、もう少し固めだと個人的にはうれしいかも。今度注文する時は「固めで」とお願いしてみよう。

 と、思いつつ食べていると、来た、来た。

炙りチャーシュー丼の小

 これが「炙りチャーシュー丼 小」ですか。バーナーで炙られて少し焦げたチャーシューが3枚も乗っている。ラーメンがまだ残っているけど、待ちきれずに食べてみると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 もともと柔らかいチャーシューが、炙られたことで脂の部分がさらにトロッと柔らかくなって旨いこと、旨いこと。
「小」とはいえ、普通にお茶碗1杯分あるから、「えび塩らーめん」と「炙りチャーシュー丼 小」を食べ終えると、お腹パンパン。これで850円はお得だと思うなぁ。足りない人は無料ライスを食べればいいんだしね。

 ラーメンこそ今年はこってりにしなかったけど、高カロリーなスタートを切っちゃったなぁ。これって2010年の自分を暗示しているのだろうか? ちょっと怖いなぁ(笑)。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-7-29
電話:042-394-3003
営業時間:午前11時半~午後3時
      午後5時~11時半
お店のホームページ




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2010/01/06 23:20 ] 【ラーメン】 もみじ(栄町) | TB(-) | CM(0)

個人的にうれしい冷麺

 ここ最近、ウソでも何でもなく、「盛岡冷麺」という言葉をよく見聞きしていたんですよ。だから「盛岡冷麺を食べたいなぁ」と思っていたんです。
 私が冷麺を大好きなことは、このブログの古くからの読者の方ならご存知のハズ。何たって「東村山冷麺選手権」なんて企画を立てて、いろんなお店の冷麺を食べまくりましたからね。
 そんな私なんですけど、考えてみたら今年になってまだ一度も口にしていないんですよね。だから食べたいとは思っていたんだけど、ここのところ「盛岡冷麺」という言葉を刷り込まれていたモノだから、何となく韓国冷麺は敬遠していたんですよ。

 でも、東村山市には盛岡冷麺を食べさせるお店ってないじゃないですか。私が知らないだけなのかもしれないけど、どうも見当たらないんですよね。
「仕方ないから都心部に食べに行こうかなぁ」と思っていた矢先、久米川駅南口のラーメン店「もみじ」記事に「盛岡冷麺」というタイトルでこんなコメントが寄せられた。


「お店の前を通ったら、New☆なお知らせが!!
早速、飛び込んで食べてきました♪

酸味が強くなく、すっきりした味わいと
丁寧な仕上がりでした。

夏バテで、食欲減退ないま、ぴったりですよ。」



 こんな偶然ってあるんだろうか? 私はコメントをもらった翌日のお昼、「もみじ」に向かった。お店の前に行くと……。

表には冷麺の張り紙が

 確かにある、ある。実はこの「もみじ」、オープンした2005年当初には店内のメニューに「盛岡冷麺」という文字があった。しかし、「いずれ出したいとは思っていますが、今は冷麺まで手が回らないので…」ということで一度も出されることなく、いつしかメニューから外れてしまった。
 それがこうして出て来たのだ。こんなうれしいことはない。
 お店に入ると、当然、私は「冷麺」(900円)を注文。周りのお客さんを見ると、「冷麺」を食べている人が多かった。新メニューだからということもあるだろうが、早くも人気のようだ。

冷麺

 しぎらくしてから運ばれて来たのが、こちら。冷やし中華に近いビジュアルだが、スープの色を見れば、冷麺であることは一目瞭然。
 まずはスープをひと口……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 よく冷えているせいもあるけど、サッパリ&スッキリ。

麺のアップ

 そして「盛岡冷麺」ならではの、このクリーム色のプリプリ麺。韓国冷麺の麺はそば粉が入っているから茶色もしくは灰色がかっているのだが、盛岡冷麺ではそば粉が入っていなく、代わりに小麦粉が入っている。本来は機械を使ってトコロテンのようにウニュ~っと麺を出し、出来たての麺で食べるのが旨いらしいのだが、そんな贅沢は言ってられない。私としては、これで十分。
 ではでは、いただきま~す……うんうん、旨いよ、旨い。

 3分の1ほど食べてから、おもむろにキムチをかき混ぜる。すると味が変化。これがまたいいんだよね。好みでさらに酢を入れる人もいるだろうが、私はこれで十分。辛いのが好きな人は、ご飯とともに自由に食べられるニラキムチを追加して入れるといいだろう。
 スープまでキレイに飲み干して完食。いやあ、東村山で盛岡冷麺が食べられるなんて感激だなぁ。
 あまたけさん、美味しい情報、ありがとうございました。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-7-29
電話:042-394-3003
営業時間:午前11時半~午後3時
      午後5時~11時半
お店のホームページ





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





[ 2008/07/27 22:16 ] 【ラーメン】 もみじ(栄町) | TB(-) | CM(0)

掲載記念だ!全部のせだ!

「多摩のラーメン125」(多摩武蔵野ら~団著、けやき出版、1260円)で東村山市から選ばれた4店のうちの1つである、久米川駅南口の「もみじ」
 普段、お店の前をよく通るせいか、何度も食べに行っている気がしていたのだが、改めてブログを調べてみると……ありゃま! 去年の12月以来、食べに行ってないじゃないか! 何と言う不義理。

 というワケで、早速行ってきましたよ。本に掲載されていたのは「海老塩らーめん」(650円)だったので、券売機のボタンをポチッ。さらに不義理していた申し訳なさから……というのはウソで、単にお腹が空いていたので「全部のせ」(420円)というトッピングをポチッ。
 しばらくして、やって来た来た、「海老塩らーめん全部のせバージョン」。

海老塩らーめん+全部のせ

 迫力あるねぇ。あまりに具が多くてチャーシューなんか沈んでいて見えないけど、チャーシューだけでも3枚入ってるからね。これにワンタン2個、ワカメにシナチクたっぷり。
 で、この写真じゃわかりにくいけど……。

たっぷり1個半の半熟味付玉子

 半熟味付玉子がたっぷり1個半も乗ってるんですよ。タマラーの私としては、もう見ているだけで至福。
 それではスープからいただきますか……うーん、海老油の香りがして旨いねぇ。

麺のアップ

 細い縮れ麺も旨い。もちろん半熟味付玉子も激旨。味付玉子に関しては、このお店が一番好きかも。
 でも今回久しぶりに食べて、改めて「旨いなぁ」と思ったのは、シナチクだ。ちょっと濃い目の味付けだけど、噛み締めるほどに味が出て旨いんだなぁ。これをツマミにお酒を飲みたいくらい。

 ワシワシ食べて、スープの全部飲み干して完食。お腹いっぱい。とっても美味しゅうございました。ごちそうさま。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-7-29
電話:042-394-3003
営業時間:午前11時半~午後3時
      午後5時~11時半
お店のホームページ





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2007/12/15 14:30 ] 【ラーメン】 もみじ(栄町) | TB(-) | CM(0)

やっぱりハシゴ…夫婦忘年会

「ダイヤ寿司」での夫婦忘年会の記事で、最後に「2人して大満足で家路についた」と書いたけど、実は真っ直ぐ帰ったワケじゃないんですよ。一緒に手をつないで歩いていると、例によってカミさんが、こう聞いてきたワケなんですよ。

「パパちゃん、腹具合はどう? 腹いくつ?」

 ウチら夫婦は腹具合を10段階で表現するのがお約束になっている。「腹八分目」という言葉から考えた奇妙なバロメーターだ。
 で、私はと言うと、昼間にグルメ取材を3軒しているし、「ダイヤ寿司」でも結構食べているから、もうお腹いっぱい。腹具合は「8.5」というところだろうか。そう答えると、カミさんは、こう返してきた。

「エーッ! 私まだ6.5なんだけど……パパちゃんがそんなにお腹いっぱいだったら、ラーメンでいいわ」

 ラーメンを「軽食」と考えているところが怖いが、確かにラーメンなら食べられるかも……そう思った私はカミさんを久米川駅南口にある「もみじ」に連れて行った。
 オーソドックスに「魚醤油らーめん」(580円)にすれば、割とアッサリしているから食べられるだろうと思い、券売機で買おうとると……。

券売機に付いていた張り紙

 へぇ、ユズ入りにできるのか。これはますますいいんじゃないの。「このお店に来るのは初めて」と言うので、カミさんにも「魚醤油らーめん」を勧めてみた。カミさんはさらにデザートとして「杏仁豆腐」(200円)のボタンもポチッ。よく食べるなぁ。
 2人ともユズ入りにして待つことしばし。

魚醤油らーめん

 来ました、来ました。「魚醤油らーめん」を食べるのは久しぶりだなぁ。おっ、ユズの香りがする。なかなかいいじゃないですか。
 スープは黒いけど、見た目ほどしつこくなくアッサリしている。旨いなぁ。

麺のアップ

 麺はいつもの細い縮れ麺。この麺は「魚醤油らーめん」のスープに一番合っているとね私は思う。旨いなぁ……気が付くと完食していた。もう食べられない。もうお腹いっぱい。

杏仁豆腐

 なんて思ってたんだけど、カミさんの杏仁豆腐を見ていたら食べたくなって、私も券売機で買おうとすると、「すみません。杏仁豆腐、終わっちゃったんですよ」と店員さん。お腹いっぱいなんだから、ホッとすべきなんだろうが、何となくガッカリしてしまった私。そんな気持ちが店員さんに伝わったのか、「これ、最後の最後をかき集めたモノです。よかったら食べてください。形がもう崩れてますからお金はいいです」とナント、杏仁豆腐を持って来てくれた。いやあ、うれしいなぁ。
 食べると、これがなかなか旨いんですよ。

 カミさんの腹具合もこれで何とかおさまったみたいだし、この後、ようやく家路についた。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-7-29
電話:042-394-3003
営業時間:午前11時半~午後3時
      午後5時~11時半
お店のホームページ




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2006/12/29 15:35 ] 【ラーメン】 もみじ(栄町) | TB(-) | CM(0)

食感が楽しい坦々麺

 ある日曜。たまたま子供と一緒に久米川駅南口のラーメン店「もみじ」の前を通りかかったら、お店の前の看板に「新登場 坦々麺」という文字が!

「エッ! 坦々麺をやるの!?」

 私は驚いた。というのも、今年8月にすぐ近くにオープンした「そらまめらぁめん本舗」が坦々麺をウリにしていたからだ。
「これって宣戦布告?」……すっごく気になるんだけど、子供連れだったし、その時はそれほどお腹も空いてなかったので、私はそのまま通り過ごした。

 で、後日。満を持して仕事帰りに寄ってみた。もちろん頼んだのは「坦々麺」(850円)。表の看板には「手作りの肉味噌とラー油が旨さの秘密です」と書いてある。ということは、辛さには期待していいってことなのかな? ワクワクしながら待っていると、やってきました「坦々麺」が。

坦々麺

 おおっ! これは目に鮮やかだねぇ。朱色のスープの表面にたっぷりと浮かんだネギの緑と白。茶色の肉味噌、その上に振りかけられた山椒、そして赤い糸唐辛子。ビジュアルは文句なしに旨そうだ。

表面にはネギがたっぷり

 ホラホラ、コレですよ。丼の縁近くの朱色はよく見ると、ラー油なんですね。私、ラー油が大好き。丼の縁に口を付けてすすりたい衝動を抑えつつ、レンゲでスープをひと口。ふむふむ、辛さは思ったほどでもないなぁ。でも、すくった時に一緒に入ってきたネギたちの、ナント食感のいいことよ! プチプチとした感じで旨いんだよね。
 肉味噌を沈めながら、全体をかき混ぜて、もうひと口。すると山椒がピリリと効いて旨さが増した。と……アレレ、何だこの食感。ネギでも肉味噌でもない、コリッとした食感。味から想像すると、これはザーサイだ。ザーサイがネギと同じくらいの大きさに刻んであって、丼の底に沈んでいたのだ。これはいいアクセントだねぇ。というか、旨いよ。

麺のアップ

 麺はこのお店が他のラーメンでも使っている細い縮れ麺。今回はちょっとスープに負けているかな。でもやっぱり麺とスープを一緒に食べると旨い。
 肉味噌と刻んだザーサイがいっぱい沈んでいるから、麺を食べ終えたあとも、ひたすらレンゲでサルベージ作業。気が付くと、スープを全部飲み干し、額からは汗がドッと噴き出している。いやあ、体はホクホクするし、お腹はいっぱいだし、満足、満足。ガッツリ食べたい人は、残ったスープの中にご飯を入れて、おじやっぽくして食べるといいかも……なんて書いていると、自分がそうやって食べたくなってきたよ。また行ってみようっと。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-7-29
電話:042-394-3003
営業時間:午前11時半~午後3時
      午後5時~11時半
お店のホームページ




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2006/11/23 16:21 ] 【ラーメン】 もみじ(栄町) | TB(-) | CM(0)

ラーメン屋で食べるゴージャスな夕食

 何をもって「ゴージャス」と言うかは人それぞれ。お金をかければ、いくらでもゴージャスな食事はできる。でも私は、しがない貧乏サラリーマン。出せるお金にも制限がある。
 だから私にとっては、ラーメン屋で言えば、普通のラーメンではなくチャーシューメンにグレードアップさせることで十分ゴージャスなのである。ただ、そうは言っても美味しくなければ「ゴージャス」とは言えない。
 つまり、私にとっての「ゴージャス」とは、いつもよりちょっと高めで、見た目が旨そうで、実際に食べて美味しく、しかも満腹になることだ。特に最後の満腹感は重要だね。

 そんな私、先日、久米川駅南口のラーメン屋「もみじ」で、とんでもなくゴージャスな夕食をしてしまった。
 最初は単に「とり白湯ら~めん」(680円)を食べようと思ったんだよね。それで「もみじ」に行ったんだけど、久しぶりに行くと、入って左側にナント券売機が置いてあるではないか。「へぇ」と思いながらジックリと券売機を眺めていたら、トッピングコーナーに「全部乗せ」(420円)を発見! 
 何! 「全部乗せ」ってことは、半熟味付玉子とシナチク、三陸ワカメ、チャーシュー、さらにワンタンが入るっていうことか? 420円はちょっと高めだが……うーん、「とり白湯ら~めん」と合わせると1100円か……高いなぁ。でもいいや! 今日は仕事頑張ったんだし、自分へのご褒美だ。
 ということで、券売機に2000円入れて「とり白湯ら~めん」に続き「全部乗せ」のボタンをプチッと押す。お釣りのボタンを押そうとしたその時、変な文字が目に入っちゃったんだよね。
 エエッ? 「煮豚めし」(350円)?
 このお店ではライスが無料で、しかもお代わり自由になっている。キムチも食べ放題だ。そんなお店がわざわざご飯モノのサイドメニューを用意しているなんて……気になる! とっても気になる!
 よく見ると、「ラーメンと一緒に注文すれば250円」と書いてあるではないか。エエイ、自分へのご褒美だいっ! 私はホチッとボタンを押してしまった。
「煮豚めし」は醤油味と塩味の2種類から選べるようになっているのだが、私は醤油味をチョイス。
 早く食べたいなぁ……と待っていると、来ました、来ました。

とり白湯ら~めん全部乗せ

 喪黒福造じゃなくても「ドーン!」と言いたくなるようなビジュアル。いやあ、旨そうだ。タマラーとしては半熟味付玉子が1個半も入っているのが超タマラン(オヤジギャグですみません)。玉子の下には三陸ワカメが隠れていて、中央にはたっぷりのメンマ。そのワキにチャーシュー、カイワレ大根、そしてワンタン。私にとっては、これを「ゴージャス」と言わずして、何を「ゴージャス」って言うのってな感じですな。
 さてさて、まずはスープをひと口。濃厚なんだけどホッとする優しい味だ。旨いねぇ。

麺のアップ

 麺はいつもよりちょっと柔らかめかな。頼む時に「固めで」と言えばよかった。でもスープがよく絡んで旨い。しかも今回は具材が多いから、いろんな食べ方ができる。メンマと一緒にズズズッ。三陸ワカメと一緒にズズズッ。チャーシューと一緒にズズズッ……あれっ? いつの間にか麺がなくなっちゃったよ。でも具材はまだ丼の中にゴロゴロしているんだよね。うーん、何と言う贅沢。

煮豚めし

 そこへ「煮豚めし」が登場。小さく角切りされた煮豚がコロコロと大量にご飯の上に乗っている。ワシワシとレンゲでかき混ぜてから、いただきま~す。

煮豚めしのアップ

 うーん、こりゃ旨いねぇ。黒胡椒をかけてみると……旨いじゃないですか。
「煮豚めし」を食べ終え、残ったスープを飲み干して、ごちそうさま。いやあ、お腹いっぱい。合計で1350円か……ラーメン屋でこの金額は使いすぎだけど、ゴージャス気分を味わうことができたし、自分的には納得、納得だ。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-7-29
電話:042-394-3003
営業時間:午前11時半~午後3時
      午後5時~11時半
お店のホームページ




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2006/10/06 14:59 ] 【ラーメン】 もみじ(栄町) | TB(-) | CM(0)

好きなタイプの冷やし中華

 暑くなったかと思えば、涼しくなったりして、何ともハッキリしない天気が続いているけど、麺業界は夏モードに突入している。コンビニに行けば、そうめんや冷やし中華がドーン。まあ、そうめんはいいとして、冷やし中華には実はそんなに魅力を感じないんですよね、私。どうもあの酸っぱ系の醤油味が苦手みたい。酸っぱいのは好きだし、醤油味も大好きなんだけど、なぜかこれが組み合わさった冷やし中華は美味しいと思わないんだよね。どうしてだろう? 単に美味しい冷やし中華に出合ってないだけなのだろうか?

 まあそれはともかくとして、久しぶりに久米川駅南口のラーメン屋「もみじ」に行ったら、「冷やし味噌南蛮らーめん」(850円)という新メニューが出ていた。見本写真を見ると、スープがたっぷり入った「冷やしラーメン」というより「冷やし中華」に近いタイプだ。
「味噌味の冷やし中華とは面白いかも」……そう思った私は、「冷やし味噌南蛮らーめん」を注文してみた。
 しばらくして出て来たのがコレ。

冷やし味噌南蛮らーめん

 麺の上に挽き肉やモヤシ、メンマなどを辛めに和えた具が乗り、一番上に味付け玉子半個。周りには海苔が散らされている。普通の冷やし中華のような見た目の清涼感はないが、旨そうだ。

麺のアップ

 麺は細い縮れ麺。ゴマの効いたやや甘酸っぱい味噌スープを持ち上げて旨い。具は少しピリ辛で、ほのかにニンニクの香りがする。いっしょに食べると、これまた旨い。
「これはイケる」とワシワシ食べるのだが……減らない。見た感じ、普通に見えたから気づかなかったが、麺が普通より多いみたいだ。2玉ということはないが、1・5玉は確実に入っていると思う。
 食べ終えたら、もうお腹いっぱい。「ふぅ~」とひと息つくと、その息がニンニク臭い。食べているときには、微かにしか感じなかったのだが、どうやらこのラーメン、かなりニンニクが入っているようだ。腹いっぱいになって、なおかつスタミナもつくというワケだ。
 気に入った! 夏場に食欲が落ちたら、今年はコレを食べよう。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-7-29
電話:042-394-3003
営業時間:午前11時半~午後3時
      午後5時~11時半





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2006/06/09 16:05 ] 【ラーメン】 もみじ(栄町) | TB(-) | CM(0)

腹減りクンの強い味方

 その日は仕事が忙しく、私は夕食を食べ損なっていた。「そんなにお腹が空いているワケでもないし、まあ、いいか。少しは痩せるだろう」と思いながら仕事を続け、区切りがついたところで「お疲れ様」と会社を出た。
 ここまでは何ということもなかったのだが、帰りの西武新宿線に乗った途端、猛烈にお腹が空いてきた。
「ああ、ガッツリ食いてぇ!」
 私は電車の中で考えた。久米川駅に着くのはおそらく午後11時前ぐらいだろう。そして所持金は2000円。この時間帯でガッツリ食うなら居酒屋がいいんだろうが、2000円では心もとない。ファミレスはちょいと遠い。ラーメン2杯という手もあるが、ご飯も食べたいんだよなぁ。仕方ないから手堅く西友で弁当と総菜を買って済まそうかなぁ……と考えていたら、ふいにあるお店が思い浮かんだ。「麺蔵もみじ」である。
「そうだ! あのお店、確かライスが無料で、しかも白菜キムチとニラキムチが食べ放題じゃなかったっけ」
 久米川駅に着くと、私はすぐにお店に向かった。「つけそば(旨辛)」(680円)を注文するや、カウンターの後にある炊飯器をあけてご飯を盛り、小皿にキムチを取ってすぐにいただきま~す!

ご飯とキムチ

 いやあ、お腹が空いているせいもあるけど、旨いなぁ。白菜キムチは全然辛くないけど、ニラキムチの方は唐辛子ベッタリで、ご飯が進む、進む。「つけそば」が来るまでにご飯2杯も食べちゃったよ。

つけそば(旨辛)

 つけ麺を頼む時、私は大抵、麺が冷たい普通のスタイルで食べるのだが、この日は気分を変えて、麺を冷水で冷やさない「温もり」をお願いしてみた。

麺のアップ

 キュッと引き締まってないせいか、心なしかダラ~ンとしているように見えるが、食べてみると「温もり」も悪くない。

つけ汁のアップ

 店内が暗いので色がハッキリ写っていないが、おそらく朱色のラー油と唐辛子がたっぷり浮かんでいるハズだ。スープだけを飲むと、ヒーッという感じの辛さだが、麺を付けて食べると、それほど辛くもない。これに山椒が入っていれば、坦々麺のスープに付けているような感じになるんじゃないかな。悪くない。何よりご飯に合う。
 麺を食べ終え、スープ割をお願いすると、こんなモノが出て来た。

スープ割として出されたスープ

 これで好きな分量を入れて割ってくれというワケだ。レンゲで少しずつ加えながら飲んでいたが、そのうち「ええい、面倒だ」と全部入れてしまった。でもそれでちょうどいい感じ。一瞬「これにご飯を入れてみようかな」という考えがよぎったが、さすがにそれをすると食べすぎなので(すでにこの時点で食べすぎという気もするが……)、止めた。

「いやあ、食った、食った」
 お店を出ると、お腹がパンパンで足取りが鈍くなっていた。ご飯とキムチが食べ放題ってのは、貧乏な腹減りクンにはいいねぇ。でも、こんな遅い時間に、ガッツリ食べたらまた太っちゃうなぁ。
 教訓……やっぱり夕食はちゃんと食べないとダメだね。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-7-29
電話:042-394-3003
営業時間:午前11時半~午後3時
      午後5時~11時半





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2006/02/23 20:59 ] 【ラーメン】 もみじ(栄町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR