東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

ヘルシーに食べられるもやしラーメン

 最近、私の中で密かにブームなのが、もやし。安いし、どんな料理にも合うし、カロリー低いし、何よりこれが入ることで不思議と料理がヘルシーになる。しかも見た目はボリュームたっぷり。食べれば満腹感も得られる。
 まあこんなこと、私が今さら言うまでもなく、皆さん知っていることなんでしょうが、なぜか今、私の中でもやしブームが来てるんですよね。
 で、先日、仕事帰りに「小腹が空いたなぁ」とフラフラッと入った久米川駅南口のラーメン屋「ガッツラーメン」。券売機の前で「何を食べようかなぁ」と迷っていたら、「もやし醤油」と書かれたボタンが目に入った。瞬間、「これだ!」と思ってピッ。トッピングに「味玉」もピッ。
 カウンターに座ると、お父さんに「麺、固めでお願いします」とひと言。

味玉をトッピングしたもやし醤油ラーメン

 麺を固めにしたせいか、割と早く出て来た。「もやし醤油ラーメン(並)」(650円)に「味玉」(100円)トッピング。並を頼んだんだけど、かなりボリュームがあると思いませんか? たぶん、もやしのせいだろうね。上から見たんじゃわからないかもしれないが、普通にスーパーで売っている1袋分のもやしが乗っているのだ。

味玉。トロッとした黄身が旨そう!

「味玉」がまたいい感じ。トロッとした黄身が旨そう! このお店ではたぶん「味玉」を食べるのは初めてだと思う。これなら毎回トッピングは必須だね。
 さてそれではいただきますか。まずはスープを……あれ? 何かいつもと違う。こってりを想像していたのだが、意外とアッサリしているのだ。でも悪くない。というよりむしろ私はこっちの方が好きだ。でも何でだろう? 

麺のアップ

 麺は細い縮れ麺。もやしの半分の太さだから、極細と言ってもいいかも。でも固めでお願いしたから、歯応えはもやしよりある。旨いなぁ。もやしがまた旨いんだ。ただ茹でただけでなく、味が付けられているからかなぁ。
 このもやしのお陰で、他の具材も美味しく食べられた。どういうことかというと、いつもならそのまま食べていた海苔。今回はこの海苔でもやしを巻いて食べてみた。これが旨い! 海苔を追加したくなるくらいだ。
 さらにチャーシューも、もやしを巻いて食べてみる。これはぜひやって欲しい。旨いよ。もやしって最高だね……と思いながら食べていて、ハッと気づいた。
 そうか、スープがアッサリ風味になったのは、もやしのせいだ。茹でたあと、よくお湯を切ったとはいえ、もやしは水分の塊だ。しかもあんなにたくさんもやしを使えば水分は出るモノだ。そのせいでこってり豚骨スープがアッサリに変わったのだろう。

 ネギを乗せるとスープの温度が下がり、ぬるくなってしまうが、もやしは茹でて乗せるからスープもぬるくならない。もやしっていろんな意味で最高の具材かも。少なくともこのお店のラーメンにはベストマッチだと思う。とはいえ、こってりが好きな人は避けた方がいいかもね。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-26-8
電話:042-398-0898
営業時間:午前11時~深夜2時(日曜・祝日は午前0時まで)
定休日:火曜





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






新年早々、気合の入ったラーメン屋

 元日から初売りをするお店が増えているとは言うものの、飲食店はキッチリ正月休みを取るところが多い。だから、「外で食べたいなぁ」と思ってもチェーン店系以外のお店はほとんど開いてない。「家で食事をすればいいじゃないの」と思われるかもしれないが、ウチの場合、カミさんが正月でも働いているから外食せざるを得ないんですよ。
「新年早々、マックってのもなぁ……」とフラフラ歩いていたら、新年からやっている気合の入ったお店を発見! やはり店名はダテじゃないね。

ガッツラーメン

「ガッツラーメン」である。店内に入ると、すでに数人が食べている。私は券売機の前に立つと、少し迷ったが「味噌チャーシュー」(900円)をチョイス。久々にあの豪快なチャーシューを食べたいと思ったのだ。
 しばらくして来ました、来ました、「味噌チャーシュー」が。

味噌チャーシュー

 うーん、相変わらずの迫力だねぇ……ん? でも以前は海苔とチャーシューの間に隙間なんてなかったけどなぁ。チャーシューを数えると5枚。以前は確か6枚だったと思う。ああ、こんなところにも不景気のシワ寄せが来ているんだなぁ。
 でもスープは相変わらずの背脂タップリのギトギト豚骨。味噌とよく合っていて旨いねぇ。

麺のアップ

 細い縮れ麺をズズッとすする。うーん、しまったなぁ。ちょっと柔らか過ぎだよ。つくるのがお父さんの時は何も言わなくてもいい感じの固さなんだけど、お母さんの時は「麺、固めで」と言わなきゃいけないんだった。久々に来たから忘れてたよ。でも、これはこれで旨いよ。何しろココに来るまで、すごく寒かったからね。スープも麺も体に染みる、染みる。
 でも食べ進むにつれ、何か足りない気がしてきた。

生ニンニクと搾り機

 そうそう、このお店に来たらコレを使わなきゃ。私は生ニンニクを2かけら潰してラーメンに投入。少しかき混ぜ、チャーシューをニンニクの入ったあたりのスープに沈めて浸し、パクッ! 旨~ッ!
 いやあ、ガッツがみなぎってきたよ。スープを飲み干して、ごちそうさま。元気はバッチリ出てきたけど、こりゃまた「ニンニク臭い!」ってカミさんに怒られちゃうなぁ。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-26-8
電話:042-398-0898
営業時間:午前11時~深夜2時(日曜・祝日は午前0時まで)
定休日:火曜





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






疲れに効く(?)コッテリ系ラーメン

 サイパンへの家族旅行はそれなりに楽しかったが、やはり1歳7カ月の子供を連れての旅行だったから、大丈夫のつもりでも体は結構疲れていたようだ。出社して仕事をするも、どうも集中力に欠ける。体も少しダルい。
 そこで「コッテリ系のラーメンでも食べて気合を入れるか」と仕事帰りに寄ったのが、久米川のラーメン屋「ガッツラーメン」だ。久米川には他にも豚骨ラーメンのお店はあるのだが、ココは名前からして気合が入りそうでしょ(笑)。
 で、頼んだのは「ネギ味噌ラーメン」(750円)。

ネギ味噌ラーメン

 来ました、来ました。麺が見えないほどドーンとネギが乗っている。これで並盛りだからね。中盛りや大盛りだと一体どういうことになるのやら。まだコッテリ系が食べられるうちにチャレンジしてみたいモノだ。
 まずはスープをひと口。一応、味噌味なんだけど完全に豚骨が勝っている。味噌ラーメンというより味噌風味の豚骨ラーメンだ。でも旨い!

麺のアップ

 麺は細い縮れ麺。スープがよく絡んで、これも旨い。しかし、「麺、固め」と言うのを忘れてしまったため、旨さはいつもより少し落ちる。しまったなぁ。
 と、ココでさらに気合を入れるために、生ニンニクを投入。

生ニンニクは搾り放題

 このお店では調味料と一緒にこんな感じでニンニク搾り機と生ニンニクが置いてあるのだ。そう、生ニンニク搾り放題なのである。早速、ニンニクをつまんで搾り機に入れ、クラッシュ! そう簡単には丼に入ってくれないので、竹串で搾り出たニンニクを落としていく。私は2個入れてみた。
 うーん、ニンニクの香りが食欲をかき立てるね。スープを飲むと、先ほどとは違うコッテリ味が口に広がる。旨い、旨い。ワシャワシャとネギもすべて食べ、スープも飲み干した。いつもならスープはコッテリ過ぎて残すのだが、この日は体がコッテリ系を求めていたのだろう。スルスルと飲めてしまった。
 栄養学的に本当に疲れに効くかどうかは疑問だが、気持ち的にはバッチリ気合が入り、疲れは吹っ飛んだ気がする。「病は気から」って言うし、要は気持ちの問題。さあ、これでもう大丈夫。仕事、頑張るぞ!


【DATA】
住所:東村山市栄町2-26-8
電話:042-398-0898
営業時間:午前11時~深夜2時(日曜・祝日は午前0時まで)
定休日:火曜





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





超こってりの濃厚ラーメン

 40歳を超えたぐらいから食べ物の嗜好が肉から魚、量より質、こってりからアッサリへと変わっていった私だが、たまに超こってりの濃厚ラーメンが食べたくなることがある。そんな時に行くのが今回紹介する「ガッツラーメン」だ。
 場所は久米川駅南口を出てロータリーを左から周り、マツモトキヨシとりそな銀行の間のモザーク通りを真っ直ぐ歩く。信号のある交差点を渡ってから左に曲がり、100メートルほど歩くと、右手に黄色い置き看板が見える。
 店に入ると、まずは券売機で希望のラーメンをチョイス。一番安い「ラーメン」が480円と、500円を切っているところはさすがに「ガッツ」が入っていると言えるかも。
 この日はちょっと贅沢に「ネギチャーシュー」(800円)を注文。5分ほど待って出てきたのがコレ。どうです、なかなか迫力あるでしょ?

ネギチャーシュー

 ドンブリの縁に乗っているのはチャーシューです。ネギがたっぷり乗っているからわかりにくいかもしれないけど、スープには脂がギトギトと浮いていて、いわゆる「背脂チャッチャ系」。ひと口すすると、見た目通りのこってりとした豚骨味が口に広がる。
 麺は細い縮れ麺。縮れているからこってりスープがよく絡み、こちらも濃厚な味わい。チャーシューは薄くて柔らかく、味付けはほとんどされていない感じ。普通の煮豚なのだが、これをこってりスープに浸して食べるとウマいんだなぁ。
 ウマい、ウマいと最初のうちは美味しく食べられるのだが、年のせいか、3分の2ぐらい食べるとこってりスープがクドく感じられてくる。3年前はこれの大盛りを食べられたというのに……。結局スープを少し残してしまった。
 でも、若くてこってり好きの人には超オススメです。中高年の人は「こってり系が食べたい」と心底思った時に食べるといいでしょう。間違っても飲んだ後に来てはダメです。よほど胃が丈夫でない限り、翌朝、胸焼けすること請け合いです。私も一度失敗したことがあります。
 久米川に住む人が飲んだ後にラーメンを食べるとしたら、以前に紹介した「らーめん たつ」の醤油らーめんがオススメです。だけど、わかっていても、飲んだ後ってなぜかこってり系のラーメンが食べたくなるんですよね。あれって、どうしてなんでしょうね?





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR