東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

ラーメン界に影響を与えそうなスープパスタ

 まあ何はともあれ、とりあえずこの写真を見てよ。これ、何だと思います?

豚肉と根菜の白だし柚子こしょう風味

 タイトルに「スープパスタ」と書いてあるから、「スープパスタでしょ」と思うかもしれないけど、もしノーヒントだったら「スープパスタ」と当てられますか?
 これが、レンゲとともに出されて、テーブルに割り箸があったりしたら、私は間違いなく「塩ラーメン」と思うね。実際、塩ラーメンと思って食べても、旨いのよ、コレ。

 久米川駅南口にあるイタリアンファミレス「ポポラマーマ久米川店」で、冬季限定メニューの「豚肉と根菜の白だし柚子こしょう風味」(690円)を頼んだら、コレが出て来たんだよね。乗っているのは、豚肉と大根、ゴボウ、長ネギ、ニンジン、水菜。



 スープはこんなに澄んでいる。飲むとこれが妙にハマる旨さなんだよね。アッサリ系なんだけど、柚子こしょう独特のピリピリ感とサッパリ感がある。具も豚肉こそ入っているけど、ヘルシーで旨いんだ。
 こういうスープと具材のラーメンがあったら私は通うんじゃないかな。いや、ラーメンもいいけど、うどんも合うかも。
 ラーメン界は何となくアッサリ嗜好に傾きつつある気がするから、こういうスープのラーメンが出てきたらウケると思うなぁ。

 それにしても「ポポラマーマ」の商品開発力は大したモノだ。「帆立、海老と根菜の白だし柚子こしょう風味」(730円)ってのもあるから、今度はこれを食べてみようかな。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-9-32-2階
電話:042-399-3036
営業時間:午前11時~午後10時半
ホームページはこちら





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

冷やしと言えば、中華もいいけどパスタもね

春限定の和風パスタ

 最近、ランチタイムを逃した中途半端な時間に食事をするならココ……と自分の中で出来上がってしまったのが、久米川駅南口のイタリアンファミレス「ポポラマーマ久米川店」だ。先日もランチタイムに食べ損ない、入ることに。

 メニューを見ると、春限定のパスタが4種類並んでいた。

*春キャベツとアンチョビのペペロンチーノ(590円)
*グリーンアスパラとベーコンのガーリックしょうゆ味(690円)
*春野菜と桜海老の菜園風(730円)
*グリーンアスパラとチキンのゴルゴンゾーラクリーム(830円)


 どれも旨そうなんだけど、私は比較的迷わず「グリーンアスパラとベーコンのガーリックしょうゆ味」をチョイス。理由は醤油を使った和風パスタということもあるけど……。

グリーンアスパラとベーコンのガーリックしょうゆ味

 一番の理由はやっぱり半熟玉子が上に乗っかっているから(笑)。タマラーなら迷わずコレを選択しますよ。しかも醤油味に玉子は合うからね。
 見た目もなかなか旨そうじゃないですか。では、いただきま~す。
 ニンニクの香りがフワッとして、口に入れるとアッサリとした醤油味。バカ旨じゃないけど、私好みの味だ。旨いなぁ。アスパラもシャキッとしていて旨い。

黄身を崩すと…旨そう!

 とまあ、2~3口、普通に食べた後、いよいよ黄身崩し。フォークを突き刺し、黄身をパスタに広げる。いいじゃないですか、このビジュアル。パスタに黄身を絡めてパクッ。
 うんうん、予想通り、旨い! やっぱり醤油と玉子って合うよね。食べるスピードがアップし、アッと言う間に完食。これなら大盛りにしておけばよかったよ。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-9-32-2階
電話:042-399-3036
営業時間:午前11時~午後10時半
ホームページはこちら


大盛り=ラーメン化?

 ランチタイムを過ぎた中途半端な午後にお腹が空いた私。「パンでも買って食べるか、それともマックに行くか……」なんてことを考えながら久米川駅南口を歩いていたら、「あっ、そうだ。すぐ近くにあるじゃない」と、あるお店を思い出した。イタリアンファミレスの「ポポラマーマ久米川店」だ。
 とにかくお腹が空いていたので、私は以前食べて気に入っていた「レッドカルボナーラ」(650円)の大盛り(190円)を頼んだ。大盛りにすると1.5倍になるらしい。

 で、しばらくしてやって来たのがコレ。

レッドカルボナーラの大盛り

 もしも~し、私が頼んだのはラーメンじゃなくて、パスタなんですけど……思わず店員さんにそう言ってしまいそうになった。何も丼で出すことはないじゃない。

以前食べたレッドカルボナーラ

 でもまあ、普通盛りの「レッドカルボナーラ」がコレだからね。もともとツユだくのスープパスタっぽかったから、大盛りにすればこうなるのはある意味、必然と言えるのかも。

上から見れば…やっぱり違和感があるかな

 ま、上から見れば、ちゃんとパスタに……うーん、やっぱり微妙と言うか、違和感があるなぁ。どうもラーメンっぽい。たぶん一度そう思ってしまったから、イメージがこびり付いちゃったんだね。

フォークで巻くとパスタだね

 でもこうやってフォークでクルクルッと巻くと、間違いなくパスタなんだよなぁ。うん、茹で加減もいいんじゃないの。味はもう少しスパイシーな方がいいかな。

黄身を崩すと…旨そう!

 さてさて、お約束の黄身崩し。うーん、タマラーにはたまらない光景だ。パスタに絡めて食べると、旨い。
 お腹が空いていたから、スープまでキレイに飲み干して完食。だけど、空になった丼をジーッと眺めていると、やっぱり変な気分になる。

「今、この丼の中にあるフォークとスプーンが、箸とレンゲだったら、間違いなくラーメンを食べた後に見えるよなぁ」

 そんな不思議な感覚を抱きつつ、私はお店を後にした。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-9-32-2階
電話:042-399-3036
営業時間:午前11時~午後10時半
ホームページはこちら


続これってホントにパスタ?

 前回、スープパスタを注文したらラーメンっぽいモノが出てきて驚かされた、久米川駅南口にあるイタリアンファミレス「ポポラマーマ久米川店」。前回からほとんど日は開いてないのだが、気になるメニューがあったので、仕事帰りにまた行ってしまった。
 その気になるメニューとは、「長ネギと豚肉のゴマチゲ豆乳鍋仕立て」(790円)。もうメニューの名称からして、パスタっぽくないでしょ。「これもやっぱりラーメンっぽいのかなぁ」と気になってしまったワケなんですよ。
 で、やって来たのがコレ。

長ネギと豚肉のゴマチゲ豆乳鍋仕立て

 器が丼だからってこともあるけど、左上にチラッと見える麺も含めて、見た目は文句なしにラーメン。

アップで見ると、まさにラーメン

 このスープのアップを見せて「これな~んだ?」と聞いて、「パスタ」と答える人はまずいないんじゃないかなぁ。
 フワッとニンニクの香りが漂って旨そう。ではスープだけをまずはひと口。豆乳鍋って感じはあんまりしないけど、クリーミーでありながらピリッと辛さが効いていて旨い。

麺のアップ

 一応、フォークでクルクルッと巻いているからパスタっぽく見えるけど、これがもし箸でつまんでいる写真だったら、一体どれだけの人がパスタと思うだろうか。食べると、確かにアルデンテの食感のパスタなんだけど、もう80%、ラーメンという感じがする。


 パスタって、きっとラーメンのスープに合うんだろうなぁ……なんて思っていたら、私が愛読するグルメブログ「そんなに食うなら走らんと」の筆者であるnonchさんが、こんな記事を書いていた。
 記事について触れる前に、ちょっとだけnonchさんのことを説明すると、彼は無類のグルメで、それでいて食べたカロリーをシッカリ消費するためにジョギングを欠かさない、まさに“食いしん坊の鑑”。フレンチから居酒屋のモツ煮まで、美味しいとあらば食べまくるnonchさんだけど、一番好きなのはラーメン。もう「ラヲタ」と言ってもいいほどのラーメン好き。そんな彼が仕事の関係で8月からナント、ドイツに長期出張しているんですよね。
 ドイツと言えば、ビールとソーセージ、そしてポテト料理。nonchさんは楽しくドイツ料理を食べまくってはブログにアップしているのですが、やはり「ラヲタ」ですから食べたくなるんですよねぇ、ラーメンが。だけどドイツにラーメンなんてあるワケがない。となれば、「自分でつくるっきゃないだろう」ってことで試行錯誤するうちに、nonchさんは自分と同じように海外に住むブロガー(この人はスイスに在住)の記事を発見。それによると、

パスタを茹でる時に重曹を入れると、ラーメン風になる

というのだ。この情報をnonchさんが見逃すワケがない。この記事は、nonchさんがそのことを検証したモノだ。で、結果はというと、見事にラーメンになるのだとか。ラーメン好きのnonchさんが言うのだから間違いないだろう。
 最近は重曹をお掃除に使う人が増えているから、重曹を持っている人は意外と多いと思うんですよね。まあ、日本にいれば、簡単にラーメンを食べられるから、トリビア的な知識だけど、もし「ラーメンが食べたい気分なのに、家にはパスタしかない」という状況に出くわしたら、一度試してみてはどうだろうか。


 あれれ、かなり横道に逸れちゃったなぁ。でも確かあの佐野実さんも「ラーメン博物館」でパスタを使ったラーメンを出したことがあるし、ひょっとしたらそのうち、パスタを使ったラーメンが本格的に出てくるかもね。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-9-32-2階
電話:042-399-3036
営業時間:午前11時~午後10時半



これってホントにパスタ?

 仕事帰り、久米川駅に降り立った私は、少しお腹が空いていた。電車の中で読んでいた雑誌の続きも読みたい。「どこか照明の明るい適当なお店はないかなぁ」と考えて思い当たったのが、久米川駅南口のイタリアンファミレス「ポポラマーマ久米川店」
 お店に入り、メニューを見ると「冬のおすすめメニュー」としてスープパスタが期間限定で6種類も出ていた。書き出してみると……。

*「たっぷり冬野菜のポトフ仕立て」(690円)
*「あさりのペペロンチーノスープ仕立て」(690円)
*「笹がきゴボウのカルボナーラ 味噌仕立て」(730円)
*「あさりのブイヤベース仕立て」(750円)
*「長ネギと豚肉のゴマチゲ豆乳鍋仕立て」(790円)
*「あさりとたっぷり冬野菜のチャウダー仕立て」(830円)


 大体は料理名を見れば、味が想像できるのだが、「笹がきゴボウのカルボナーラ 味噌仕立て」と「長ネギと豚肉のゴマチゲ豆乳鍋仕立て」の2つはどうもよくわからない。カルボナーラなのに「味噌仕立て」ってどういうことよ? 「ゴマチゲ豆乳鍋仕立て」って何よ? 私は迷った末、「笹がきゴボウのカルボナーラ 味噌仕立て」を頼んでみることにした。

 雑誌を読みながら待っていると、やって来ましたよ、問題の「笹がきゴボウのカルボナーラ 味噌仕立て」が。

笹がきゴボウのカルボナーラ味噌仕立て

 見た瞬間、私はこう思った。

「これってパスタ?」

 皆さん、そう思いません? 一応、側にフォークとスプーンがあるからパスタと思うけど、こんな丼で出てくるんですよ。これにレンゲを付けて、箸なんか出されたら、絶対にラーメンと思いますよ。
 ちょっと見た目に驚いた私だが、気を取り直して、まずスプーンでスープをひと口……アチチッ。結構、熱々じゃないの。味はクリーミーな味噌味という感じかな。何とも不思議な味だけど、悪くはない。

パスタのアップ

 パスタをフォークでクルンと巻き取ってパクッ。いい茹で加減で旨い。だけど丼に入っているせいか、どうもラーメンっぽく感じられて仕方がない。
 ベーコンと水菜、そして底にはたっぷりの笹がきゴボウ。具材はスープとパスタによく合っている。

 さてさて、いよいよタマラーである私にとってのメインイベントの時間。半熟玉子にフォークをズブッ!

半熟玉子を崩すと…旨そう!

 たら~りと流れ出る黄身のナント美味しそうなことよ! 「黄身のテカリに恋してる」なんてオヤジギャグまで飛び出ちゃうほどのインパクトだ。

黄身を絡ませてお口にIN!

 早速、黄身をパスタに絡めてクルクルッと巻き、お口にIN!

う(◎o◎)ま~~~!!!

 いやいや、旨いんじゃないの。スープは最後まで熱々だったし、麺もこれだけ熱いスープに浸っていながら、最後までアルデンテだったしね。ヘタなラーメンを食べるくらいなら絶対こっちの方がオススメだね。
 さてさて、近いうちに「長ネギと豚肉のゴマチゲ豆乳鍋仕立て」にもチャレンジしてみますかね。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-9-32-2階
電話:042-399-3036
営業時間:午前11時~午後10時半



贅沢にパスタ2皿!

 7月末に行ったばかりのイタリアン・ファミレス「ポポラマーマ久米川店」だが、8月3日にまた行ってきてしまった。というのもこの日、「ポポラマーマ」では全店でパスタが半額になるからだ。
「パスタが半額になるなら、2皿たべちゃおうかなぁ」と考えた私。昼食を軽く済ませ、夕食を抜いて、仕事帰りの午後9時半にお店に行ってみた。

 ちょっと飲みたい気分でもあったので、白ワインのカラフェ(500ミリリットル、690円)と「タコのマリネ」(290円)でお疲れちゃ~ん!

タコのマリネと白ワイン

 半額になるのはパスタだけで、これらは通常通りの値段だけど、まあ安いんじゃないかなぁ。味は普通だけど。
 で、当初の計画通り、パスタを2皿頼んだ私。まずは第1弾が到着した。

フェットチーネきのこチーズクリーム

 これは「フェットチーネきのこチーズクリーム」(590円)。緑色なのは、ホウレンソウで色づけされているのだろうか。

フェットチーネきのこチーズクリームのアップ

 フェットチーネは平べったいきしめんみたいで、幅は5ミリぐらいかな。食べると歯にくっつきそうなくらいモチッとしている。すでにかなりのチーズがかかっているのだが、さらに卓上のチーズをふりかけて食べる。旨いなぁ。変な例えだけど、お餅にチーズって合うじゃないですか。あの感覚に少し近いかも。

ペンネカルボナーラ

 続いてやって来たのは「ペンネカルボナーラ」(530円)。えっ、これを選んだのは半熟玉子が決め手なんじゃないの?だって。ピンポ~ン。その通りです。

ペンネカルボナーラのアップ

 今まで私はペンネはゴルゴンゾーラのソースでしか食べたことがなかったから、頼んでみたんだけど、ペンネでカルボナーラっていうのも旨そう。
 食べてみると……おっ、いいんじゃないの。ペンネの方が歯応えがあっていいかも。でも、ひと味足りないかなぁ……。

自分仕様で黒胡椒を

 というワケで、店員さんに頼んで黒胡椒を調達。自分仕様ということで、思わずクシャミが出るほどかけまくり。食べると……うんうん、これですよ。甘さにピリリと胡椒の刺激。旨いなぁ。

玉子を崩すとトロトロの黄身が…

 もちろん、忘れちゃいけない半熟玉子。黒胡椒の刺激が増せば増すほど、このトロトロの黄身が生きてくるってモノ。たっぷりと黄身を絡めてパクッ。
 うーん、幸せ。

 別に料理が特別に美味しいってワケじゃないけど、この日はパスタ2皿で560円ですからね。味が普通であれば、もう大満足。白ワインまで飲んで、贅沢気分を味わって計1540円ですからね。貧乏サラリーマンの私にピッタリ。またパスタ半額サービス、やってくれないかなぁ。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-9-32-2階
電話:042-399-3036
営業時間:午前11時~午後10時半



ちょっと変わったカルボナーラ

 夜遅くの食事は“ダイエットの敵”とわかってはいるのだが、中途半端な時間に昼食をとったせいで、帰宅途中の電車の中でどうにもこうにもお腹が空いてしまった私。久米川駅南口を出ると、真っ先に目に入ったイタリアン・ファミレスの「ポポラマーマ久米川店」に飛び込んだ。
 メニューを見て、まずソソられたのが期間限定の冷たいパスタ。「アボカドとサーモンのわさびしょうゆ味」(790円)なんて、ちょっと食べてみたいって思うでしょ。でもそれ以上に「これって何?」と私の興味を引いたのが、「レッドカルボナーラ」(650円)。メニューの写真を見ると、輪切りになった鷹のツメが結構入っている。「どんな味なんだろう?」と気になった私は、「レッドカルボナーラ」を頼むことにした。あわせてちょっとお酒が飲みたかったので、グラスワインの白(190円)と「サーモンのカルパッチョ」(350円)を注文した。

サーモンのカルパッチョとグラスワイン

 まず運ばれてきたのは、グラスワインと「サーモンのカルパッチョ」。メニューの写真と違い、出て来た「サーモンのカルパッチョ」は少し貧相。でもまあファミレスなんだし、こんなモノでしょ。

サーモンのカルパッチョのアップ

 でも食べてみると、意外とイケたりして。ソースがサッパリしていて旨い。
 で、「サーモンのカルパッチョ」を食べ終えたころ、メインの「レッドカルボナーラ」がやって来た。

レッドカルボナーラ

 テーブルに置かれると、ふわっとガーリックの香りが漂った。そうでなくてもお腹が空いているから、この香りは食欲を猛烈に刺激する。

レッドカルボナーラのアップ

 料理名に「レッド」という言葉が入っているように、通常のカルボナーラがクリーム色なのに対し、これは赤っぽいオレンジ色をしている。おそらく鷹のツメのせいだろう。
 ベーコン、チーズ、黒胡椒というカルボナーラの定番素材に加え、これにはナント半熟玉子が中心にドーンと乗っている。純粋に辛さを楽しみたい人には邪道な具材だが、玉子が大好きな私にはたまらない“お楽しみ”具材だ。

 では早速いただきますか。フォークでクルクルッとパスタを巻き、ソースを絡めてパクッ。鷹のツメも一緒に絡まってくるので、その部分はピリッとするが、全体的にはやや甘めだ。黒胡椒をもっとドバドバ振りかければ、個人的には好みの味になると思う。

半熟玉子を崩すとトロリと黄身が流れて旨そう!

 3分の1ほどそのままの味を堪能してから、いよいよ半熟玉子にフォークをブスリ。トロ~リと黄身が流れ出てきて超旨そう。

トロトロの黄身でコーティングされたパスタ

 黄身でコーティングされ、黄金色に輝くパスタをクルクルッと巻き取ってIN!!
 旨いなぁ。玉子のせいで辛さはほとんどなくなるのだが、玉子好きにはこの味はたまらないね。カルボナーラに半熟玉子だなんて、くどい気もしたけど、これはアリかも。でもやっぱりもっと黒胡椒が欲しいなぁ。


 会計の際、チラリと壁のポスターが目に入り、「エッ、何だって!」と私の目の色が変わった。どうやら8月2日と3日の2日間、このお店のパスタ全種が半額になるらしい。
「この機会に気になるパスタを2~3種類食べておこうかな」とダイエットのことなどをスッカリ忘れて、今から楽しみにしている私なのでした。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-9-32-2階
電話:042-399-3036
営業時間:午前11時~午後10時半



小さい子供連れにうれしい駅前ファミレス

 1人で食べ歩く場合や、カミさんと2人でどこかに食べに行く場合は、お店選びにほとんど制限はない。しかし、子供連れ、特に小さい子供と一緒の場合になると、かなり制限される。子供はジッとしていられないし、騒ぐのが普通だからだ。ウチら夫婦は、家族でどこかへ食べに行こうとなった場合、大抵は郊外の大型スーパー内にあるフードコートへ行っている。全体的にガヤガヤとざわついているし、同じような家族連れが多いので、子供が騒いでも平気だからだ。しかし、フードコートの食べ物って、イマイチなんだよねぇ。

「今日はパスタが食べたい」とカミさんが言うので、「車でどこか行くか?」と聞くと「歩いて散歩したい」という返事。それでは、ということで近場のイタリア料理店をいろいろと考えてみたが、どこも「もし子供が騒いだら……」と思うと、行けない。お店というより、せっかくそのお店の料理を楽しんでいる他のお客さんに申し訳ないから。
 で、私が出した結論はイタリアン・ファミレス「ポポラマーマ久米川店」。ココなら多少、子供が騒いでも平気だろう。久米川駅の目の前で近いし、2階にあるから窓際に座れば、ロータリーのバスなどが見えて子供の気もまぎれるってモノだ。実際、行ってみると、子供は窓から見える景色にクギ付け状態。料理が出てくるまで、おとなしくしていてくれた。

 頼んだのは私が季節メニューの「舞茸・エリンギ・ベーコンのペペロンチーノしょうゆ味」(630円)、カミさんは「渡り蟹のトマトクリーム」(820円)。

舞茸・エリンギ・ベーコンのペペロンチーノしょうゆ味

 私の頼んだモノが先に出て来た。醤油の香りが何とも美味しそう。きのこ類も思っていた以上に入っている。なかなか良心的ではないですか。では、いただきますか。

鷹のツメと黒胡椒がたっぷり

 ほう、鷹のツメと黒胡椒がたっぷり入っているから結構辛い。と言っても、ヒーヒー言うような辛さではなく、ピリッと舌が少し痺れるほどの辛さ。これが旨いんですよ。パスタは細めだが、少し固めの茹で加減でこれも旨い。
 パスタが大好きなウチの子供。ジーッと私が食べるのを見てたけど、これはちょっと食べさせられないな。大人の味だから。

渡り蟹のトマトクリーム

 少ししてカミさんが頼んだモノが出て来た。渡り蟹の甲羅が添えられていたりして、なかなか美味しそう。色合いもいい感じだ。

カニがたっぷり

 パスタの上にはたっぷりとカニの身が乗っている。カミさんはエビ・カニ類が大好きだから、食べる前からうれしそう。味もなかなかいいらしい。少し食べさせてもらったが、カニの風味がちゃんとして美味しい。子供にも美味しかったらしく、モリモリ食べていた。

 子供は多少は騒いだけど、ファミレスだからもともとざわついているし、周りのお客さんも気にしている風でもなかった。こういうお店はありがたい。しかも駅前ってのがいいよね。子供が店内でジッとおとなしくしていられるまで当分、家族でパスタを食べる場合は、ココになるかな。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-9-32
電話:042-399-3036

なかなか美味しいイタリアン・ファミレス

 最近はパスタとピザを中心としたイタリアン・ファミレスが増えている。知っているところをザッと挙げてみると、「サイゼリア」「ジョリーパスタ」「パスタアルデンティーノ」「マンマパスタ」「スカイラーク・ガーデンズ」などなど。私は知らなかったのだが、今回紹介する「ポポラマーマ」もそんなイタリアン・ファミレスの1つらしい。
 久米川駅南口を出てすぐ目の前のビルの2階に、確か今年の春ごろオープンした。

 店の存在は知っていたが、私は何となく入るのをためらっていた。店の看板がとても安っぽく見えたからだ。
 しかし昨日、ついに入ってみた。仕事を終えて久米川駅に着いたのは午後10時ごろ。無性にお腹の空いていた私は、(西友で何か総菜を買って家でビールでも飲むか)と思っていたのだが、そんな時に「ポポラマーマ」の安っぽい看板が目に飛び込んできた。
 その瞬間、(ガーリックの効いたパスタが食べたい!)と思っちゃったんですよ。で、店に入って頼んだのが、この「よくばりペペロンチーノ」(780円)。

よくばりペペロンチーノ

 テーブルに運ばれてきたパスタからは、食欲をそそるガーリックの香りが漂う。たまらずフォークで早速ひと口。お腹が空いているせいもあるが、なかなか美味しい。パスタはやや細めだが、ゆで加減は硬めで歯応えがある。ガーリックとともにバジルもよく効いていて私にはちょうどいい味付け。ナス、ブロッコリー、ウインナー、ベーコンなど具だくさんなのもいい。量がちょっと物足りない気もしたが、これで780円なら納得だ。

 実はこの店、カミさんはすでに行って食べており、その時の感想は「うーん、『サイゼリア』以上、『ジョリーパスタ』以下ってところかな」というモノだった。ウマいことを言うものだ。私の評価もそんなところかな。質的にはやや「ジョリーパスタ」寄りで、なかなかだと思う。

 それにしてもファミレスの登場で町の洋食屋さんが潰れていったことを考えると、イタリアン・ファミレスがこのまま増殖していけば、今度は町のイタリア料理店が消えていくかも。それって困るなぁ。





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR