東村山グルメ日記2

志村けんさんでおなじみの東京都東村山市に限定したグルメ情報サイト

東村山もクオリティーが高いんだぜ

(この記事は地震が起きる前に取材したモノです)




 以前に板橋のグルメブログ「C.I.L」の管理人であるおはらんさんのお誘いで、板橋は大山駅南口にあるフランス料理店で食事したんだけど(記事はこちら)、覚えているだろうか? フランス料理のフルコースが食べられて、なおかつ飲み放題付きで5980円というコストパフォーマンスに、私は正直、ちょっとたじろいでしまった。
 その動揺をおはらんさんは見逃さず、「これが板橋クオリティーなんだよね」とひと言。
 この言葉は私の中で次のように変換された。

「東村山にはここまでのコストパフォーマンスとクオリティーの高さを持つお店って、ないんじゃないの? ま、聞くだけヤボかな。ハハハハ」

 すごく悔しさを感じたので、私はリベンジを誓ったんだよね。そんな時におはらんさんをはじめとした、お世話になった方々を招いて東村山で飲み会をやろうという企画が持ち上がった。幹事を引き受けた私は、熟考の末、「ここなら勝てる!」と選んだのは、久米川駅南口の桜通り沿いにあるイタリア料理店「Kitchen KEIJI」。このお店の料理がたくさん出て、飲み放題付きで5000円というパーティープランなら、おはらんさんに「やるな!東村山」と思わせることができると思ったんだよね。

 午後7時、総勢20人が集まり、お店を借り切っての飲み会がスタート。思い思いの飲み物を頼んで乾杯!

ミックスナッツ バケット

 まず運ばれて来たのは、軽いツマミとしてのミックスナッツと、料理のお供であるバケット。

 カプレーゼ

 続いて、レーズンの入ったクリームチーズのカナッペと、カプレーゼ。私は早々にワインに切り替え、グビグビ。ヤバいなぁ、まだ序盤も序盤なのに、かなり早いペースで飲んじゃうよ。

カルパッチョ

 このカルパチョが旨いんだよね。実家が「政寿し」だから、魚が旨い!

バーニャカウダ

 これは新鮮スティック野菜のバーニャカウダ。こういう手でつまんで食べられるモノって、お酒を加速させる気がする。

ハマグリの香草焼き

 これはハマグリの香草焼きだっけ? 何だか次々と出てくるから、よくわかんないよ。

カキのフリット

 これは何かと言うと、カキのフリット。軽くレモンを搾って食べると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 カキ好きにはたまんないね。

サラダピザ

 こちらはサラダピザ。野菜がてんこ盛りなんだけど、ちゃんとピザの味なんだよね。不思議。

これ何だっけ?

 もうこの時点になると、お酒を飲みすぎてヘロヘロ状態の私。写真を撮っているものの、これ何だっけなぁ? サラダじゃないと思うんだよね。下に鶏肉があったような……。

釜揚げしらすと豆苗のぺペロンチーノ

 これは釜揚げしらすと豆苗のぺペロンチーノ。パスタは食べ放題だから、テーブルにいるほかの人も食べるだろうと思って注文したんだけど、これがまた、

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 結局誰も食べず、私1人で食べることになったんだけど、旨いからスルスルッと食べ切ってしまった。

ジェラート

 で、イタリアンジェラートの2種盛で〆。いやあ、食った飲んだ。おはらんさんもきっと「東村山、侮れない!」と思ってくれたことだろう。
 マスター、ごちそうさま。いろいろと配慮していただき、ありがとうございました。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-31-1
電話:042-395-3325
営業時間:ランチタイムは午前11時~午後3時(ラストオーダー午後2時30分)、ディナータイムは午後5時~10時(ラストオーダー午後9時30分)
定休日:月曜
お店について詳しくはこちら
店長さんのブログ
ツイッターはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

熱々、ほくほく、旨々!カキのグラタン

 久米川駅南口の桜通り沿いにあるイタリア料理店「Kitchen KEIJI」は、ランチパスタ(1000円)を月替わりで3種類出している。店長さんは毎月末、ブログで翌月のランチパスタを告知してくれるのだが、「2月のパスタ」という記事を見た時、私は「こりゃ行かなきゃ」と思ったんですよ。

 2月のランチパスタを紹介すると……。

2月のパスタA

A.自家製サルシッチャとしめじのペペロンチーノ 温卵のせ……豚の粗挽き肉に数種のハーブとスパイスをブレンドしマリネしたシェフ自慢のサルシッチャは、食欲をそそる良い香りがします。上に乗っている温卵をくずし、パスタと絡めると更に深味を感じる味わいに! これぞ美味!

2月のパスタB

B.釜揚げ桜海老と菜の花のトマトソース……桜海老といえば、香ばしい香りが特徴ですが、釜揚げ桜海老は甘味もじゅうぶん引き立ちます。苦味と食感の良い菜の花もこれからが旬! 一足早く春を感じるパスタです。

2月のパスタC

C.広島産大粒カキとブロッコリーのペンネグラタン……ご好評につき、今季2回目登場のカキ。今月はグラタンで!! 寒い冬には熱々、グツグツ! オーブン料理! たっぷりホワイトソースにトロ~リチーズ。仕上げにふりかけるパン粉もサクサクです。どうぞ心も身体も温まって一息ついて下さい。


 私がどのパスタに魅かれたかは、一発でわかりますよね。そう、Cの「広島産大粒カキとブロッコリーのペンネグラタン」なんですよ。子どもの頃の憧れ料理であるグラタンに、大好きなカキが入るなんて、それだけで私には十分すぎるほどの行く理由になる。
 ということで、早速行って食べてきましたよ。

まずはサラダ

 まず運ばれてくるのはサラダ。これをムシャムシャと食べつつ待っていると……。

これが「広島産大粒カキとブロッコリーのペンネグラタン」

 来ました、来ました! 器が写真のグラタン皿と違っているけど、旨そうなビジュアルであることに変わりはない。

グツグツしていて熱々なのだ

 よく見ると、まだグツグツしている。熱そうだ。気をつけて食べないとね。
 フォークを突き入れて、ひとすくい……熱ッ! アチチッ、ハフッハフッ……うん、旨い! メニューに書いてある通り、濃厚なホワイトソースとチーズの味わい、そしてパン粉のサクサク感がたまんない。

ぷっくりと膨らんだカキ。もちろんプリプリで旨い!

 そしてカキがほら! こんなにぷっくりと膨らんじゃってまぁ。
 では、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 カキは3つ入っていたけど、どれもプリプリで旨かった。いやあ、カキのグラタンってホント旨いわ。

食後のコーヒー

 食後にコーヒーをいただいて、ごちそうさま。体はほくほく温まったし、いやあ、満足のいくランチだったよ。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-31-1
電話:042-395-3325
営業時間:ランチタイムは午前11時~午後3時(ラストオーダー午後2時30分)、ディナータイムは午後5時~10時(ラストオーダー午後9時30分)
定休日:月曜
お店について詳しくはこちら
店長さんのブログ
ツイッターはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

食べて飲んで、超盛り上がった忘年会

 前回、久米川駅南口の桜通り沿いにあるイタリア料理店「Kitchen KEIJI」の「パーティープラン」の凄さに感動した私。だって料理が10品以上出て、しかも3種類のパスタが食べ放題で、さらに飲み放題付きで、たっぷり2時間30分楽しんで、1人5000円なんだもん。ちょっとあり得ないコースだと思う。
 だから、「このプランで忘年会をやると楽しいだろうなぁ」と私は密かに思っていた。

 しかし、仕事の忙しさから、何の企画も立てないまま、アッと言う間に12月に突入。「今から呼びかけても、あんまり集まらないだろうなぁ」と思いつつ、お店に予約を入れ、友人に忘年会を呼びかけた。するとやっぱりみんな、「パーティープラン」の凄さに魅かれたんだろうね、あれよあれよと参加人数が膨らみ、ナント25人も参加することになった。お店のマスターに伝えると、「じゃあ、貸し切りにしますね」ということになり、ナントナント、貸し切り忘年会となってしまった。
 いやあ、こんなことになるとは思わなかったなぁ。

マグロのカルパッチョ

 このマグロのカルパッチョが出る前に軽いツマミとしてミックスナッツ&ドライフルーツが出ていたんだけど、撮り忘れてしまった。
 まあ、この辺はまだほんの序の口。この「パーティープラン」の凄さはこれからなんだよね。

バケット 鴨のテリーヌ

 何気ない存在だけど、このバケットがいいんだよね。そのままバターを付けて食べてもいいんだけど、これから出てくる料理のソースを付けながら食べると、これがまたいいツマミになるんだ。
 鴨のテリーヌは丁寧につくられているって感じで、見てるだけでうれしくなってしまう。もちろん食べても旨くて思わずニッコリ。

ヴィネグレットソースの元気サラダ オリジナルの洋風串焼き

 ヴィネグレットソースを使ったイタリアンサラダとオリジナルの洋風串焼き。

白ばい貝のガーリックオーブン焼きエスカルゴ風 ししゃものフリット

 白ばい貝のガーリックオーブン焼きエスカルゴ風とししゃものフリット。次から次へとツマミが出てきて、お酒は進むし、会話は弾むしで、もう最高。

生カキ

 と、ここで出てきたのが生カキ。オリーブオイルがかかっていて、その上にネギが散らされている。もう、ひと目で旨いのがわかるって感じ。これをひと口でパックンすると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 ああ、幸せ。
 ここまでは、いろんな料理がチョコチョコと出てきて、まるで“イタリアン懐石”という感じだけど、ここから“満腹になってもらうためのイタリア料理”が怒涛の如く出てくる。

ピリ辛ペンネアラビアータ

 第1弾がピリ辛ペンネアラビアータ。少し濃い目の味が、お酒に合うんだよね。

生ハムとルッコラ、半熟卵のピザ

 こちらは生ハムとルッコラ、そして半熟卵のピザ。私、正直に言えば、このあたりですでにお腹いっぱい状態。でも、料理はまだ出てくるんだよね。

若鶏モモ肉のトマト煮込み

 若鶏モモ肉のトマト煮込みが登場。これは料理そのものも旨いんだけど、このソースをパンに付けて食べると、バカ旨なんだよね。ああ、もう食べられないハズなのに、食べちゃってるよ、私。

特製オムライス

 ここで「パーティープラン」のメニューにはない特製オムライスが登場。「皆さん、よく食べてくださるから」とマスターが出してくれたのだ。これってたぶん、黒焼そばソースを使った絶品オムライスですよね? 食べてみると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 ああ、旨くて入っちゃうよ。たぶん、私のお腹、限界を超えているハズなんだけど、どうして食べられるんだろう?

トマトソースのパスタ

 特製オムライスのあとにパスタが出てきたんだけど、私はもうギブアップ状態。でも、参加した人たちの中にはパスタをペロリと平らげ、別の種類のパスタを頼んでいたりしてビックリ。

ジェラートで〆

 最後は参加者1人ずつにジェラートが出て終了。
 途中から1人、参加者が増えて結局、計26人となった忘年会。みんな、シッカリ食べて、シッカリ飲んで、満足できたと思う。
 この忘年会には「人間のクズ!」と言うブログを書いているぽ子さんも夫婦で参加していて、記事を書いているので、そちらを読んでくだされば、この忘年会がどれだけ盛り上がったかが伝わると思う。

 それにしてもお店を貸し切りにし、美味しい料理を「これでもか!」と出してくださったマスターをはじめお店の方々に本当に感謝です。お陰さまで思い出に残る楽しい忘年会になりました。ありがとうございました。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-31-1
電話:042-395-3325
営業時間:ランチタイムは午前11時~午後3時(ラストオーダー午後2時30分)、ディナータイムは午後5時~10時(ラストオーダー午後9時30分)
定休日:月曜
お店について詳しくはこちら
店長さんのブログ
ツイッターはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

超満足・満腹のパーティープラン

 友人にちょっとしたいいことがあり、仲間内でお祝いしようということになった。当然という感じで、場所設定の担当は私。
「さて、どこにしようかなぁ?」と考えた時、ふと思い浮かんだのが、久米川駅南口の桜通り沿いにあるイタリア料理店「Kitchen KEIJI」。このお店のパーティープラン(5000円)は、かなりいいよという話を聞いていたので、人数を伝え、お願いしてみた。

ミックスナッツ&ドライフルーツ バケット

 まず最初に軽いおつまみとして、ミックスナッツ&ドライフルーツが登場。続いて温かいバケットが出てきた。バケットは食べ放題らしい。

イサキのカルパッチョ

 飲み放題なので、思い思いの飲み物を手に乾杯。その後に運ばれて来たのは「イサキのカルパッチョ」。アボカドなど一緒に添えられているモノを乗せてパクッと食べると……旨いなぁ。

たっぷり元気野菜のイタリアンサラダ

 続いてイタリアンサラダ。イタリア料理というと、割とこってりしたモノが多いだけに、こういうサラダが出てくるとホッとする。

魚介のフリット

 これは魚介のフリット。上にかかっているのはサルサソース。私の記憶が正しければ、確かアナゴだと店員さんは言ってくれた気がする。サクッとした食感とピリッとしたサルサソースの味わいがマッチして、これも旨かったなぁ。

白ばい貝のガーリックオーブン焼き

 お次は白ばい貝のガーリックオーブン焼き。すでに中身はひと口サイズに切られていて、爪楊枝で刺して食べるようになっている。1切れを口に放り込むと……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 ガーリックがいい感じで効いていて旨い。食べたあと、貝の中に残っているソースをバケットにかけて食べると、これが旨いんだ。

オリジナル洋風串焼き

 こちらはオリジナル洋風串焼き。バーベキューっぽくていいよね。

生ハムとルッコラ、半熟卵のピザ“ビスマルク”

 で、これが「生ハムとルッコラ、半熟卵のピザ“ビスマルク”」。見るからに旨そうなんだけど、食べてみると……。

予想通りの旨さじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、たまんないねぇ。
 それにしても料理が次から次へと出てきて止まらないんだけど、そろそろ終わりだよね?

ピリ辛ペンネアラビアータ

 どうやら料理はまだまだ続くらしい。
 これは「ピリ辛ペンネアラビアータ」。これ自体も旨いんだけど、このソースをバケットに付けると旨いんだよね。

若鶏モモ肉のトマト煮込み

 こちらは「若鶏モモ肉のトマト煮込み」。これはバケットと一緒に食べるべきでしょう。ワインとの相性もいいらしく、友人たちは快調にワインを飲み干していく。

 と、ここで店員さんがメニューを持ってきて、「3種類の今月のパスタからお好きなモノを選んでください」とひと言。この時の3種類のパスタは……。

*アサリとみつ葉の柚子胡椒ペペロンチーノ
*バジルチーズクリーム添え 茄子のトマトソース
*プリプリ海老とキノコのラグー トマトクリームソース


 店員さんによると、パスタは全種類頼んでもいいし、いくつ頼んでもいいし、追加もOKなのだという。つまりこの3種類の今月のパスタは「食べ放題」ってワケだ。すげぇ!

アサリとみつ葉の柚子胡椒ペペロンチーノ

 私たちが頼んだのは、2種類。まず運ばれて来たのは、「アサリとみつ葉の柚子胡椒ペペロンチーノ」。食べると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 味もパスタの茹で加減も申し分ない。

プリプリ海老とキノコのラグー トマトクリームソース

 続いて運ばれて来たのは「プリプリ海老とキノコのラグー トマトクリームソース」。

これも旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、参った。旨い、旨い。さらにソースをぬぐうにようにしてバケットに付けて食べると、旨い!
 どっちのパスタもお代わりしちゃいました(笑)。

 いやいや、それにしてもこのパーティープランは凄いねぇ。こんなに旨い料理を、しかもお腹いっぱい食べたのは久しぶりかも。

「うーん、お腹いっぱい」と思っていると……。

ライチとマンゴーのジェラート

 デザート登場! マンゴーとライチのジェラートだ。
 たっぷり2時間30分、飲んで食べて大満足。友人たちも喜んでくれたみたいだ。
 いやあ、このパーティープランはいいよ。また何かあったら使いたいって感じ。これで5000円ならかなりお得だと思うなぁ。
 マスター、ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-31-1
電話:042-395-3325
営業時間:ランチタイムは午前11時~午後3時(ラストオーダー午後2時30分)、ディナータイムは午後5時~10時(ラストオーダー午後9時30分)
定休日:月曜
お店について詳しくはこちら
店長さんのブログ




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

口の中がお祭り状態!食べるのが超楽しいタコライス

 ランチタイムにパスタが食べたい気分になった私。向かったのは、久米川駅南口の桜通り沿いにあるイタリア料理店「Kitchen KEIJI」。ココならきっと間違いのない旨いパスタを食べさせてくれるハズだ。
 そう思ってお店に入り、8月のパスタランチのメニューをジーッと眺める。

*「フレッシュトマトとチーズクリームのスパゲッティ」(1000円)……太陽の恵みをたっぷりと受けた夏のトマトはとてもみずみずしく、甘味を強く感じます。この夏トマトを贅沢にたくさん使用します。ざく切りにしたトマトに火を入れて煮くずしソースとします。パルメザンチーズを入れた生クリームでパスタを和えて、トマトソースを上からかけて出来上がり~! 夏のトマトの強さを感じるパスタです。

*「ジャガイモといんげん豆のジェノベーゼソース」(1000円)……地中海とフランスに面したイタリア北部に位置するリグーリア地方。その地方のジェノバ県の代表的ソース“サルサジェノベーゼ”。具材もシンプルに現地の伝統的なスタイルに仕上げました。とってもイタリアーンなパスタです。

*「ミンチタコとオクラのトマトソース水菜添え」(1000円)……ミンチにした蛸と玉ねぎ、イタリアントマトでミートソースを作る感じに料理します。夏バテ、疲労回復に効果のあるオクラを入れ、粘り気も出て食べやすくします。仕上げにはシャキシャキの水菜を添えて、いろいろな食感を楽しみながらお召し上がり下さい。


 うわーん、どれも旨そうだよぉ! 迷うなぁ。こういう時は、無理やりこの中から選ばず、全く違うにするのが結果的に良かったりするんだよね。いやいや、これは私だけの考え方だから、マネしないように(笑)。
 私はパスタランチのメニューを置き、違うメニューを手に取った。すぐに「おおっ!」と惹かれたのが、「DONタコス」(1000円)というメニュー。ネーミングからして明らかに“ウケ狙い”なんだけど、メニューには「KEIJI CEFFの自信作!!」と書いてある。前回食べた「DONバーグ」も旨かったからねぇ。今回はコレにするかな……ということで、私は「DONタコス」を注文した。

DONタコス

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。
 まずボリュームに圧倒される。次に彩りというか、具材の豊富さにまた圧倒! タコライスだから下にご飯があるんだけど、全く見えない。

具がたっぷり

 ご飯の上にサニーレタスが乗って、その上にコーンやらトマトやらチーズなどなどが乗っているんだけど、ほかにもいろんなモノが乗っているという感じ。
 とにかく食べてみようってことで、スプーンでザックリとすくって口に入れる……おっ、パリパリッとした食感、ネットリとした食感と甘み……エッ、今度は辛さが来たよ。何だコレ? 噛むほどに……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやもう、楽しい、楽しい。ネットリとした食感と甘みのもとはアボカドだ。トマトの冷たさとご飯の温かさも対照的だし、荒挽き肉のクニュッとした食感とスパイシーさ、コーンのプチンッと弾ける食感、そしてメキシカンサルサソースの辛味、もうひと噛みごとに違う食感、違う味が感じられて、口の中はお祭り状態。
 時折、爽やかな酸味と甘さが感じられるので、「何かな?」と思ってマジマジとお皿を見ると、小さく角切りされたパイナップルが入っていたりして、食べるのが楽しくて仕方ない。
 いやあ、このメニューを頼んで大正解だね。メニューに書いてあった「KEIJI CEFFの自信作!!」の文字はダテじゃないよ。
 ボリュームもあるから、食べ終えるとお腹いっぱい。

食後にコーヒーが付く

 食後にはコーヒーが付くので、「ああ、旨かった」とひと息つきながら、シミジミと思ったよ。
 この「DONタコス」、ひょっとしたらネーミングで避けている人がいるかもしれないけど、これは旨いですよ。超オススメです。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-31-1
電話:042-395-3325
営業時間:ランチタイムは午前11時~午後3時(ラストオーダー午後2時30分)、ディナータイムは午後5時~10時(ラストオーダー午後9時30分)
定休日:月曜
お店について詳しくはこちら
店長さんのブログ




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

複雑な味わいが楽しい洋風丼

 先日紹介した「東村山逸品倶楽部」を見て、真っ先に気になったのは、久米川駅南口の桜通り沿いにあるイタリア料理店「Kitchen KEIJI」のランチ限定メニュー「どんバーグ」(1000円)。だってイタリア料理店が、ハンバーグを使っているとはいえ、丼モノを出しているんだよ。面白いじゃないですか。

 というワケで、ランチタイムに行ってみた私。もちろん、頼んだのは「どんバーグ」だ。

どんバーグ

 おおっ、これが「どんバーグ」ですか。スプーン&フォークと比較してもらえばわかると思うけど、お皿が大きいなぁ。
 周りに野菜が散りばめられ、真ん中にハンバーグ、そしてその上に半熟の目玉焼き。いろんな種類のソースがかかり、粉チーズやコショウがかかっている。見た目ではどんな味がするのか、全く想像できない。

 ところでご飯はどこに?

ハンバーグの下にはご飯がある

 いました、いました。ハンバーグの下にたっぷりといました。
 ではでは、いただきま~す……ん? いきなり酸味? おっ、次はスパイシーさが来たぞ。おおっ、まったりとした甘さ……これはアボカドか。おおっと、この旨味はハンバーグだね……いろんな味が一気に押し寄せてきて何とも複雑な味わいを醸し出す。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 ハンバーグはふわっと柔らかいし、いやあ、スプーンですくって口に入れるたびに違った味わいがあって楽しい。
 で、いよいよ、タマラーの私としてはお楽しみの黄身崩し。


半熟目玉焼きの黄身を崩すと……ワォ!

グハッ (゚д゚lll) たまんねぇ!!

 いやいやいや、この黄身がハンバーグやご飯にかかってマズいワケがないじゃないですか。叫んじゃっていいですか?

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 うーん、堪能。食べ終わった後、「旨いモノ食ったなぁ」と、すごく満足感がある。

食後のコーヒー

 食後にはコーヒーが出てくる。私はカウンターに座っていたので、この時、店長さんと少し話をすることができたのだが、ナントこのお店、11月10日から火~金曜までの限定でモーニング営業を始めたのだとか。イタリア料理店がモーニングですよ。この「どんバーグ」といい、チャレンジャーだなぁ。
 でも私、こういうチャレンジ大好きです。モーニング営業も行ってみようっと。

 店長さん、ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-31-1
電話:042-395-3325
営業時間:ランチタイムは午前11時~午後3時(ラストオーダー午後2時半)
      ディナータイムは午後5時~10時半(ラストオーダー午後10時)
      火~金曜まで午前7時~10時までのモーニング営業をしている
定休日:月曜
お店について詳しくはこちら
店長さんのブログ




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

黒焼そば食べ歩きエントリーNO.27

【これまでの食べ歩きリスト】
2009年04月02日「ほや」
2009年04月03日「いなげや市役所前店」
2009年04月04日「幸多加(こたか)」
2009年04月05日「どんどん」
2009年04月08日「CLOUD(クラウド)」
2009年04月09日「小料理となり」
2009年04月11日「ぼん天」
2009年04月12日「炭味坐(すみざ)」
2009年04月14日「中華洋食 一番」
2009年04月16日「柳屋」
2009年04月17日「彩雅(さいか)」
2009年04月18日「じゃがいも」
2009年04月19日「Don5」
2009年04月22日「ふたば」
2009年04月23日「小料理みどり」
2009年04月25日「とん八」
2009年04月28日「星の都」
2009年05月02日「一翠」
2009年05月07日「まーちゃん」
2009年05月14日「庄や久米川北口店」
2009年05月16日「肉のむら田」
2009年05月17日「味の松華」
2009年05月25日「虎楽(こらく)」
2009年05月27日「Bo Jangle(ボージャングル)」
2009年06月03日「メルポーチ」
2009年06月08日「星の都」



 今回訪れたのは、久米川駅南口の桜通り沿いにあるイタリア料理店「Kitchen KEIJI」
「ポールスタア」の桜井憲一社長からのメールで「Kitchen KEIJI」がキャンペーンに参加したことを知ったのだが、このお店が黒焼そばを出すワケがない。じゃあ、黒焼そばソースを使ったパスタなのか?
 というか、そもそも本当にこのお店、キャンペーンに参加しているのだろうか?……そんな思いを抱きつつ、お店に行ってみると……。

おっ、本当にやってる

 おっ、早速、お店の外壁にこんなモノを発見。「ランチのみ」とはいえ、本当に参加しているんだ。しかも平日と土・日・祝日でメニューを変えている。凝ってるなぁ。
 これによると、平日が「自家製デミグラスソースのトロトロオムライス」で、土・日・祝日が「ジューシーデミグラスハンバーグ」となっている。どうやらデミグラスソースに「東村山 黒焼そばソース」を使っているようだ。

メニューにも大きく書いてある

 この日は平日だったので、ランチメニューの看板を見ると……おっ、あった、あった。「KEIJI風とろとろオムライス」(1000円)。一体どんな味なんだろうね? 楽しみ、楽しみ。

サラダ

 注文して待っていると、まず最初にサラダが運ばれて来た。写真ではわかりづらいかもしれないが、この器、結構底が深くて、サラダの量が多い。でも、かかっているドレッシングが旨いからスルスルッと食べちゃった。

KEIJI風とろとろオムライス

 そして来た、来た、来たーッ! これが「KEIJI風とろとろオムライス」。もう、ビジュアルから心を鷲づかみされた感じ。コレ、旨そう!

この自家製デミグラスソースに黒焼そばソースが入っている

 自家製デミグラスソースのこの色! これに「東村山 黒焼そばソース」が入っているんだろうけど、そんなにことは言われなきゃ、見た目では全くわからない。
 スプーンでひと口食べてみると……おっ、意外にも酸味が強い。でもこれは黒焼そばソースというより、トマトの酸味じゃないかなぁ。これだけを食べると、かなり強い酸味の気がするけど、オムライスと一緒に食べると、まろやかになるんだろうなぁ。

玉子の下はチキンライス

 オムライスにスプーンを突き立てると……わーい、チキンライスだ! デミグラスソースには工夫を凝らしても、それ以外はあくまでも正統派のオムライスなんだね。

旨そうでしょ

 ではでは、いただきま~す。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやいや、参りました。このオムライス、超旨い。右横に添えられているケチャップがビジュアルだけでなく、味にもアクセントを加えて、メッチャ旨い。しかも結構ボリュームもある。
 ただね、黒焼そばソースの存在感は、私の舌ではあまり感じられなかった。その点は残念なんだけど、オムライスという料理として見たとき、これは私が今まで食べてきたモノの中で一番だと思う。

食後のコーヒー

 食後にはコーヒーが付く。これで1000円なら、リーズナブルだと思う。お得感すらある。これは一度食べてみて欲しいなぁ。
 こうなると、土・日・祝日のランチ限定メニュー「ジューシーデミグラスハンバーグ」がすごく気になる。これも食べてみなきゃね。





【DATA】
住所:東村山市栄町2-31-1
電話:042-395-3325
営業時間:ランチタイムは午前11時~午後3時(ラストオーダー午後2時半)
      ディナータイムは午後5時~10時半(ラストオーダー午後10時)
定休日:月曜





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

夫婦水入らずでイタリア料理を満喫

「ウチの親が子どもたちを看てくれるっていうから、久しぶりに一緒に夕食に行かない?」という電話がカミさんから来たので、「じゃあ行こうか」ということになった。しかし、この日は1月3日。開いているお店は限定される。寿司屋は大抵開いているのだが、どうやらカミさんのこの日の気分は寿司ではないらしい。
 さて、どうしようか……と考えていると、1軒のお店が思い浮かんだ。昼間に久米川駅南口周辺をフラフラと歩いていた時、「おっ、このお店、3日からもうやってるんだ。頑張ってるなぁ」と思ったお店があったんだよね。

 ということで、2人して向かったのは、久米川駅南口の桜通り沿いにあるイタリア料理店「Kitchen KEIJI」
 コースはAからEまで5つあり、Aが1680円と一番安く、Eが3900円と一番高い設定になっている。この日はこの後、カミさんが車を運転するからお酒を飲まないと決めているし、久しぶりに2人きりで食事をするのだから、ということで私たち夫婦はEコースを選択。
 Eコースは、「前菜+パン+パスタ+メイン+デザート+ドリンク」という構成になっていて、前菜とパスタ、メインとドリンクが選べるようになっている。それぞれメニューの中から好きなモノを頼んで、お食事タイムのスタート!

まず出て来たのはパン

 最初に出て来たのはパン。2人ともお腹が空いていたから、子どものこととかお互いの仕事のこととかを話しながら、パクパク。これがちょっと失敗だった、

モッツァレラチーズとトマトのカプレーゼ

 パンを食べ終えたころに前菜が登場。これは私が選んだ「モッツァレラチーズとトマトのカプレーゼ」。涼しげなお皿にキレイに盛り付けされて、見るからに旨そう。実際、これは旨かったなぁ。

三陸産生カキ 12年ビンテージバルサミコマリネ

 カミさんが頼んだのは、「三陸産生カキ 12年ビンテージバルサミコマリネ」。この12年ビンテージバルサミコってのが凄いね。旨いんだよね。「パンに付けたら旨いだろうなぁ」と思ったんだけど、もうパンはない。しまったなぁ。
 後から店員さんが「パンをまたお持ちしましょうか?」と言ってくれたけど、その時にはもう前菜き食べ終えて、お皿は下げられちゃってたんだよねぇ。残念。ちゃんと考えて食べなきゃダメだね。

カジキマグロとアスパラのペペロンチーノ

 で、次の料理はパスタ。これは私が頼んだ「カジキマグロとアスパラのペペロンチーノ」。通常のアルデンテより少し固めが好きな私にとって、ちょうどいい茹で加減で旨かった。

江戸前あさりと水菜のトマトソース

 こちらはカミさんの頼んだ「江戸前あさりと水菜のトマトソース」。ペペロンチーノよりもこっちの方が鷹のツメが多く入っていて、やや辛めの味付け。でもトマトソースが旨いので、辛いのが苦手なカミさんも「これなら大丈夫」と、ペロリと平らげた。

牛リブステーキ バルサミコ風味のキノコのソテー添え

 さて、いよいよメイン。この日のメインは魚料理と肉料理の2種類だったのだが、私たち夫婦は迷わず肉料理をチョイス。それがこの「牛リブステーキ バルサミコ風味のキノコのソテー添え」だ。

いい焼き加減だ

 キノコのソテーの上にステーキが乗っているのだが、どうです、この焼き加減。旨そうでしょ? 見た目だけじゃなく、旨いんですよ。

チョコレートケーキとキャラメルジェラード、フルーツ3種

 最後はデザート。これは「チョコレートケーキとキャラメルジェラード、フルーツ3種」。ケーキだけじゃなく、アイスもフルーツもあるのがいいよね。

コーヒー

 コーヒーを飲みながらデザートを食べて、コース終了。何だかんだと話しながら、結局、1時間半ほどお店にいただろうか。
 子どもと一緒の時でも夫婦でいろいろ話はしているけど、やっぱりこうやって2人っきりで食事しながら話をするのはいいね。特に、常に子どもたちと一緒で自分の時間があまり持てないカミさんにとっては、いい息抜きになったみたいだ。
 今度はワインを飲みながら、食事したいなぁ。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-31-1
電話:042-395-3325
営業時間:ランチタイムは午前11時~午後3時(ラストオーダー午後2時半)
      ディナータイムは午後5時~10時半(ラストオーダー午後10時)
定休日:月曜





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

至福のコースランチ

 今年6月、久米川駅南口の桜通り沿いにイタリア料理店がオープンしていたのは知っていた。その後、「シェフは『政寿し』の息子さんだ」とか「ディナータイムは予約をしないと入れないほど人気」などの情報が耳に入ってきて、「行きた~い!」とずっと思っていたお店――それが今回紹介する「Kitchen KEIJI」だ。

Kitchen KEIJI

 場所は「ぎょうざの満州 久米川南口店」の道路を挟んで斜向かい、「まごころ亭」の2つ隣にある。間口が狭いので見過ごしてしまいそうだが、それだけ派手さを排して、さり気ない店構えになっている。まだオープンして1カ月ちょっとなのに、何だかかなり以前からあるような雰囲気さえある。

「平日には1000円でランチをやっている」と聞いていたのだが、私が行ったのは土曜日。
「まあ、土曜でもランチをやっているだろう」と思って行ったのだが……。

ホリデー・ランチメニュー

 確かにやってはいたが、表に出ていたのは、平日とは違う「Holiday Lunch Menu」というモノ。一番安いコースでも1700円だ。うーん、ランチで1700円ってのはちょっと厳しいなぁ……と思いつつも、思い切って入ってみることに。

 店内は間口が狭い分、奥行きがある。2人掛けのテーブルが9卓あり、一番奥にカウンター席が4つ。明るい色を使い、天井が高いので、広く感じられる。

 私は「カジュアルなイタリアンコース」(1700円)を注文。前菜とパスタ(またはピザ)は選べるようになっている。この日の前菜は次の通り。

*イワシのコンフォー
*帆立とサーモンのクリームパイ包み焼き
*イタリア産ソーセージのロースト
*生カキのマリネ
*レバームースのトースト添え
*アジのカルパッチョ


「アジのカルパッチョ」にすごく惹かれたのだが、私は「生カキのマリネ」をチョイス。
 パスタもいろいろと選べるのだが、悩んだ末、「地鶏レバーとセミドラトマトのペペロンチーノ赤ワイン風味」にしてみた。

生カキのマリネ

 温かいバケットとともに運ばれてきたのは、前菜の「生カキのマリネ」。ちょっとこれはビックリ。ランチとして見れば、1700円は高いけど、コースとして見れば、たかだか1700円のモノだ。そのコースにこんな前菜を出しちゃっていいの?

生カキのマリネのアップ

 だってコレですよ! ヘナヘナの薄っぺらいカキじゃなくて、肉厚のプリプリ。それが2個も出てくるんだから、カキ好きの私としてはもう感激! オリープオイルにまみれた生カキを一口で一気にパクッ!

う(◎o◎)ま~~~!!!

 いやいやいや、1人で食べに来たのを大後悔。絶対、誰かと一緒に来て、ワインを頼むべきだね。これはいいよ。

地鶏レバーとセミドラトマトのペペロンチーノ

 前菜を食べ終えた後に出て来たのは、「地鶏レバーとセミドラトマトのペペロンチーノ赤ワイン風味」。ペペロンチーノと言っても、赤ワインを使っているせいか、少しブラウンがかっている。一見すると、醤油味の和風パスタみたいだ。
 この色合い、実に旨そう。

旨そうじゃないですか!

 ほらほら、見てよ! こんなにアップに耐えられる旨そうなパスタは八坂にあるイタリア料理店「Collinetta(コリネッタ)」以来かも。
 ではでは、フォークでクルクルッと巻いてパクリ。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 鶏のレバーもセミドライトマトも素材そのものが少し甘いんだけど、全体の味付けでうまくまとまっている。パスタの固さもいい感じだし、いやあ、東村山でこんなパスタが食べれるなんてホントに感激。

コーヒー

 食後にはコーヒーがまず運ばれ、続いてデザートの盛り合わせが登場。

オレンジケーキとマンゴージェラート添え

 この日のデザートは「オレンジケーキとマンゴージェラート添え」。もうとやかく言わない。どれも文句ナシに旨いです。

 いやあ、ランチを食べてこんなに幸せな気持ちになるのは久しぶりかも。1700円は全然高くない。むしろコース料理と考えれば、こんな抜群のコストパフォーマンスはないかも。
 次回はぜひカミさんを連れて、ディナータイムに行きたいと思う。きっとカミさんも喜ぶと思うなぁ。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-31-1
電話:042-395-3325
営業時間:ランチタイムは午前11時~午後3時(ラストオーダー午後2時半)
      ディナータイムは午後5時~10時半(ラストオーダー午後10時)
定休日:月曜



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告