東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

アイ・ラブ・豚骨

 私が愛読している「人間のクズ!」というブログで、ぽ子さんが東村山駅東口のラーメン店「まるみ」「地獄ラーメン」(900円)にチャレンジしている記事があり、気にはなっていたけど、「たぶん無理だろうなぁ」と思っていた私。だって「匂いからヤバい」って言うし、「辛いというより痛い」とまで書いてあるんだもん。

 でも、どうにも寒かった先日の夜。「こんな日はどんな辛いものでも大丈夫かもしれない」と私は、「まるみ」に向かった。辛いもので体を中から温めようと思ったワケだ。

 しかし、お店に入ると、こんな冬期限定メニューを発見!

「角煮白湯麺(かくにぱいたんめん)」(800円)

 メニューの説明を見ると、「豚骨スープの塩ラーメン」とある。「豚骨スープの塩ラーメン」と言えば、真っ先に思い浮かぶのが、閉店してしまった「らーめん たつ」の「たつ麺」だ。あの乳化したスープが旨いんだよね。

 ということで、アッサリ方針変更。「角煮白湯麺」を私は注文した。

角煮白湯麺

 来た、来た。これが「角煮白湯麺」。具材は角煮、チンゲンサイ、ネギ……とシンプルなんだけど、盛り付けが何ともキレイ。

この乳化したスープがいいんだよね

 キレイに感じるのは、やはりスープが乳化して白いからだろうね。
 早速、レンゲですくってひと口……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 トゲトゲしい辛さとも、ギトギトした脂っこさとも無縁な、マイルドで飲みやすいスープ。スーッとノドを通り、粘膜に吸収されてジュワッと染み込んでいく感じ。旨いなぁ。

角煮も旨そう

 ネギの山を取り払うと、旨そうな角煮ちゃんが顔を出す。「おいおい、チャーシューとは違うんだぜ」という主張が感じられる。

麺のアップ

 こうなると豚骨ラーメンとの相性のいい、極細ストレート麺が欲しいところだけど、麺は緩く縮れた細麺。
 でも、これはこれで、なかなか旨い。

角煮

 角煮はシッカリとした食感と、濃い目の味付けがこのスープによくあっていてGOOD! 
 豚骨スープが旨いものだから、最後まで飲み干して完食! いやあ、激辛はそれほど得意じゃないから、この「角煮白湯麺」にして良かったかもね。
 それにしても背脂のない、乳化したマイルドな豚骨スープ、私は好きだなぁ。オールシーズン食べられた「らーめん たつ」の閉店は本当に痛いよ。



【DATA】
住所:東村山市本町2-16-31
電話:042-395-5093
営業時間:平日が午前11時15分~午後3時、午後5時30分~10時30分/日曜・祝日が午前11時15分~午後10時
定休日:月曜(祝日の場合は翌日が休み)




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
[ 2011/02/10 02:59 ] 【ラーメン】 まるみ(本町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告