東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

「氷」旗の誘惑

 暑くなると、どうしても目に入ってしまうのが「氷」の旗。今年は気のせいか、ヤケに目に付くような気がする。
 そう言えば、「西友」の入っているビルの上にある中華料理店「寿蘭」や、ウイング通りにある中華料理店「彩雅」にも「氷」の旗が出ていたなぁ……そんなことを考えつつ、久米川駅南口を歩いていたら、「ミスタードーナツ」に「氷」の旗が。しかも100円だという。
「いかん、いかん」と振り切って、通り過ぎたのも束の間、ふと左の路地を見ると……。

エッ、「珈琲館」に「氷」の旗が

「珈琲館」よ (゚д゚lll) お前もか!!

 喫茶店だからカキ氷があってもおかしくはないんだけど、このタイミングで目に入っちゃうと、私はそんなに意志の強いタイプじゃないので、もうダメ。引き寄せられるように「珈琲館 久米川店」に入ってしまった。
 カウンターに座ると、すぐにカキ氷のメニューが目に入った。

いろいろあるねぇ

 へぇ、いろいろあるモノだねぇ。「カルピス」まであるよ。
 私は大好きな「宇治金時」(430円)をミルクがけ(プラス50円)でお願いした。

宇治金時ミルクがけ

 これが「宇治金時ミルクがけ」。お祭りの屋台などでよく見る電動のカキ氷機でつくったモノだけど、紙コップではなくこうやってガラスの器に盛られると涼しげで旨そうだ。

小振りなグラスに小豆がドッサリ

 意外と小振りな器なんだけど、それだけに上に盛られた小豆がドッサリと多いのがわかる。

ミルクのかかった小豆が旨そう

 ミルク、というか練乳だよね。それがかかった小豆が実に旨そう。それではいただきま~す……氷の食感などはお祭りのカキ氷と変わらないし、氷が溶けるのも早いんだけど、こうやって喫茶店でカキ氷を食べるっていう行為自体が、私にはすごく心地よい。このお店は新聞が置いてあるから、スポーツ新聞を読みながら、のんびりまったり。時々、カキ氷を食べるペースが早すぎて頭がキーンとなるんだけど、これがまた楽しかったりして。

「氷」の旗の誘惑に負けてしまったけど、のんびり過ごしてリフレッシュできたから良しとしますか。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-21-2
電話:042-395-5551
営業時間:午前8時~午後8時
定休日:なし
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。



〔PR〕
簡単便利なドリップコーヒー、インスタントにさようなら。
ハート型のお菓子の専門店


関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR