東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

あぶく銭の使い道

 前回、久米川駅北口の寿司屋「ダイヤ寿司」に行った時、実は「お楽しみわくわくスタンプ」なるモノを私はもらった。専用のハガキに張って応募すると、最高で3万円の商品券が当たるというモノ。「まあ、どうせ当たらないだろうけど、せっかく若大将がくれたんだから、応募してみるか」と出してみると、ナント3000円の商品券が当たった。
 使えるお店は、「お楽しみわくわくスタンプ」に参加した地元のお店のみ。飲食店も割とあるから、私は「どのお店で使おうかなぁ」と考えていた。
 で、結局どうしたかというと、「あぶく銭は元に戻すのが一番じゃないの」ということで、友人とともに「ダイヤ寿司」に行って使うことにした。

相変わらず旨そうなお通し

 お通しを見て、「来て良かったなぁ」と思ったよ。左から数の子、タコのぬた、そしてカキの燻製。どれも旨いんだよね。

 で、「アジを入れて、あとはお任せで刺身を盛ってください」と大将に頼んだら……。

ドドーンと刺身の盛り合わせ

 ドーン! いいねぇ。もうこの時点で、商品券の3000円分なんて、とっくに泡のごとく消えているんだけど、しょせんあぶく銭なんだから、いいんだよ。
 アジも旨かったけど、赤貝とマグロが旨かったなぁ。

 と、ここで生ビールがなくなったので、日本酒にスイッチ。

山廃純米原酒

 これは石川県白山市にある地酒メーカー「菊姫合資会社」の「山廃純米原酒」。アルコール度数19度もあり、飲むとお米の香りと旨味がガツンと来る。飲んだ後、「カァーッ」と言いたくなるお酒だ。
 仕込み水のチェイサーを時々口に含みながら、チビリチビリと飲んでいるつもりなのだが、旨いからすぐになくなってしまう。



 ということで次に頼んだのは、福井市の地酒メーカー「安本酒造有限会社」の季節限定酒「白岳仙 中取り 吟醸しぼりたて生」。先ほどのお酒とは打って変わり、軽やかでフルーティーな味わい。個人的にはこっちの方が好みかな。

赤なまこ

 日本酒に合うツマミということで、赤なまこを注文。コリッとした食感がたまらない。

天使の海老の塩焼き

“贅沢な大人のかっぱえびせん”こと天使の海老の塩焼きも、日本酒によく合うんだよね。

〆に頼んだ寿司

「最後に寿司をつまみますか」ということで、穴子と〆サバ、そしてアベック巻を注文。
 久しぶり飲んだ友人の話も面白かったし、お酒も食べ物も旨かったし、我ながらいいあぶく銭の使い方だったなと思ったよ(結果的には結構な出費だったんだけど、あぶく銭のお陰で“やっちまった感”が軽くなったからね)。



【DATA】
住所:東村山市栄町1-16
電話:042-393-0162
営業時間:午前11時~午後3時(ランチタイム)
      午後5時~11時(ディナータイム)
定休日:水曜
駐車場:2台分あり
ホームページはこちら
若大将のブログ「鮨とお酒とハーブの日記」





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。


関連記事
[ 2008/12/27 19:21 ] 【寿司】 ダイヤ寿司(栄町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR