東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

秋は肴も日本酒も旨いねぇ

 久米川駅北口にある寿司屋「ダイヤ寿司」の若大将のブログ「鮨とお酒とハーブの日記」「祝!長男誕生です!!」という記事が載っていたので、「こりゃ、お祝いを言いに行かなきゃ」と友人とともに先日、お店に行った私。まあ、お祝いというのは口実で、日本酒のひやおろしが多数入荷しているのを知っていたので、それを飲みに行こうと思ったワケだ。

「ひやおろし」とは「冷卸」と書く。春に新酒として搾られた日本酒は、「火入れ」という低温加熱殺菌をしたあと貯蔵する。ひんやりとした蔵で熟成させ、秋になったにもう一度、火入れをするのが本来の工程なのだが、その2度目の火入れをせずに「冷や」のまま「降ろし」て出荷するから「冷卸」というワケ。2度目の火入れをしないから、春からの熟成の風味がそのまま味わえる。

「宝剣」のひやおろし

 まあ、能書きはともかくとして、この日、最初にいただいたひやおろしは、広島県呉市の酒造メーカー「宝剣酒造」の純米酒「宝剣 限定ひやおろし」。
「宝剣」って力強いお酒というイメージがあったから、香りがすごくいいのにまずビックリ。飲むとスッキリ、スルッと喉を通って行く。ヤバいなぁ。

お通し お新香の盛り合わせ

 何も注文していないのだが、お通しとお新香の盛り合わせがスッと出てくる。何だかもう、これだけでお酒が飲めちゃうよ。

つぶ貝の刺身

 とはいいつつも、「やっぱり刺身は欲しいよね」ということで、「つぶ貝刺身」(840円)を注文。右上のキュウリの上に乗っているモノ、何だかわかりますか? つぶ貝の肝なんですよ。私、初めて食べたけど、これは旨いです。日本酒が進んじゃうね。

サンマの刺身

 続いては今が旬の「秋刀魚刺身」(630円)。旨いよね。日本酒が進む……と思ったら進みすぎてなくなっちゃったよ。

「鳳凰美田」のひやおろし

 ということで、次に頼んだのは、栃木県小山市の酒造メーカー「小林酒造」の純米吟醸酒「鳳凰美田 ひやおろし山田錦」。この「鳳凰美田」はもともとフルーティーな香りと味わいで、私は大好きなのだが、今回のひやおろしには少し驚いた。香りこそいつもの感じなのだが、後口が今までと全然違い、苦みというか重たさというか、ズシッと残る。何だか「この人は、こういう人」と思っていた人に、「エエッ」と違う一面を見せられた感じ。でも、これもいい感じなんだよね。

焼きガキ

 このお酒に合わせる肴は……ということで友人に選んでもらったのが、焼き牡蠣。日本酒に負けない香りと味がいいね。

「亀泉」のひやおろし

 ひやおろしの3杯目は、高知県土佐市の酒造メーカー「亀泉酒造」の純米吟醸酒「亀泉 高育63号」。これは高知県産米の高育63号を55%まで磨きあげ、高知県工業技術センターで開発された酵母「AA-41」を使用。もちろん水は高知の水であり、純粋な高知産の日本酒だ。
 香りが違うということで、若大将は日本酒用の薄はりグラスではなく、ワイングラスで出してくれた。
「バナナのようなフルーティーな香りがする」ということなのだが、バナナかどうかは別にして、確かに甘い香りがする。飲むと、これがそんなにお米の味がしないんだよね。「白ワインです」と言えば通ってしまいそう。これはこれで旨いなぁ。いかにも日本酒って感じじゃないから、「日本酒は苦手」という人に飲ませてみたいお酒だ。

自家製ピクルス

 ここで自家製ピクルスをスッと出してくれるところが、憎いね、若大将。

秋鮭の粕漬け

 ラストに頼んだ肴は、「秋鮭の粕漬け」(630円)。この粕が山形の日本酒「上喜元」の純米吟醸の粕だというから、こだわっているよね。味は当然、

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、日本酒は3杯くらいでやめておかないとね。まだ飲みたいひやおろしがあるけど、それは今度のお楽しみだね。
 大将、若大将、ごちそうさま。
 それから若大将、改めてご長男の誕生、おめでとうございます。



【DATA】
住所:東村山市栄町1-16
電話:042-393-0162
営業時間:午前11時~午後3時(ランチタイム)
      午後5時~11時(ディナータイム)
定休日:水曜
駐車場:2台分あり
ホームページはこちら
若大将のブログ「鮨とお酒とハーブの日記」




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。



〔PR〕
・サントリーのお酒通販サイト【E-liquor】限定商品やレアものウイスキーなど種類豊富
蓋を開けた瞬間に仰天!!《送料無料》北国の三大蟹セット!!



関連記事
[ 2009/10/05 18:57 ] 【寿司】 ダイヤ寿司(栄町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR