東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

“三味一体”のバランスのいいつけ麺

 地元ブログ「人間のクズ!」の記事を参考に、久米川駅南口のラーメン店「麺屋 清琉」辛い「濃厚つけ麺」を食べたのだが、その時に「人間のクズ!」ぽ子さんから、こんなコメントをもらった。

辛つけがあると、2度楽しめますね^^
次は駅前の方かな??(笑)


「駅前の方」とは、おそらく久米川駅北口のラーメン店「まいど」のことだろう。そう言えば、「辛つけ麺」というメニューがあったような気がする。
 ぽ子さんの評価はどうだったんだろう?と思い、記事を探してみると……あるには、あったけど、何、この記事。4軒ハシゴしたあとに入って食べたらしく、ほとんど念写状態。おいおい(笑)。当然ながら舌の記憶はなく、評価はナシ。

 うーん、全くの情報ナシで食べるのは不安だけど、行ってみますかね。
 ということで、私は「まいど」に行き、「辛つけ麺 中盛」(850円)を注文した。

辛つけ麺の中盛

 これが「辛つけ麺 中盛」。麺はあつもりでお願いしたから、湯気が立っている。

極太の麺はまるでうどん?

「中華そば」の方は太い平打ちの縮れ麺に変わっていたけど、つけ麺の方は以前と変わらない極太麺。アップで見ると、うどんのようにも見える。

つけ汁はそれほど赤くない

 意外なことに、つけ汁はそれほど赤くない。というか、全然赤くなくて辛そうに見えない。
 レンゲでひと口飲んでみると……おっ、後から結構、辛さがくるねぇ。でもコレ、どうして辛いの?

よく見ると鷹の爪が入っている

 すくったレンゲをよく見ると、鷹の爪が見える。辛さの元はどうやらコレらしい。
 早速、麺をつけ汁にザブンと付けて、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 辛いのが大好きという人には物足りないと思うかもしれないけど、極太麺がうま~く辛さを弱めて、このスープの魚系の味と豚骨系の味を引き出している感じ。辛味と魚味、豚味がバランスよく一体になって旨いんだよね。
 途中でつけ汁にユズ酢をひと回し入れると、さらに味がマイルドになり、私好みの旨さになった。

スープ割りで〆

 麺を食べ終えたら、スープ割りをしてもらって、グビグビ。スープ割りをすることで辛さが弱まるのだが、一番最初に飲んだ時のように辛さが最後まで残ることがなく、3つの味が均等に口の中に残る。いやあ、これは旨かったなぁ。
 辛いモノが大好きなぽ子さんには物足りないと思うけど、一度、シラフの時に食べてみて。



【DATA】
住所:東村山市栄町1-4-3
営業時間:午前11時~午後11時




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
[ 2011/02/20 02:42 ] 【閉店したお店】 まいど(栄町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR