東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

黒焼そば食べ歩き2011 エントリーNO.8

【これまでの食べ歩きリスト】
2009年分46店
2010年分28店
2011年05月07日「ダイヤ寿司」
2011年05月08日「ごはん家さくら木」
2011年05月14日「氣ごころ」
2011年05月21日「ラザレ久米川店」
2011年06月02日「ランチパック」シリーズの「黒焼そば&マヨネーズ風味」
2011年06月19日「メルポーチ」
2011年07月02日「いか太郎」




 今回のお店は久米川駅南口に昨年オープンした居酒屋「ごえん」。場所は居酒屋「も暖亭」の少し先で、中華料理店「笑顔(にこ)」の斜向かいにあるビルの地下、と言えばわかるだろうか?
 お店の入っているビルの前に行くと……。

こんな置き看板が出ている

 こんな置き看板が出ている。「モツ鍋」がウリのようだ。その横にある「冷やし鍋あります」って、気になるなぁ。

なかなか良さげでしょ

 置き看板の裏側はこんな感じ。「溶岩石焼き」というのが、このお店のもう1つのウリらしい。
 ん? ライトでよく見えないけど……。

「レバテキ」があるなんてステキじゃないの

 おおっ、「レバテキ」があるなんて、ステキじゃないか。
 ということで、友人とともに、いざレッツゴー!

入り口はこんな感じ

 トントントンと階段を降りると、お店の入り口はこんな感じ。
 おや? 「黒焼そば食べ歩きキャンペーン」の幟があるぞ……実は私、このお店がキャンペーン参加しているなんて全く知らなかったんだよね。新規開拓しようと思って行ってみたら、たまたま参加店だったというワケ。

冷酎で乾杯

 まずは乾杯だよね。チョイスしたのは「冷酎」。これは芋焼酎をあらかじめ水で割り、冷やして寝かしておいた先割り焼酎のこと。そこまでやるなら、ジョッキじゃなく黒ぢょかなどの容器に入れて出してくれれば、すごくいいんだけどねぇ。
 では、乾杯! うん、焼酎がまろやかになっていて旨いねぇ。

セロリの浅漬け

 最初に頼んだのは、「セロリの浅漬け」(380円)。セロリ嫌いの人が多いせいなのか、なかなか置いているお店はないんだよね。だからセロリの好きな私は、メニューにあれば大抵頼んでいる。
 この浅漬け、鷹のツメが効いていて、ピリッとして旨い。お酒の軽いツマミにピッタリだ。

ニンニク揚げ

 続いて出て来たのは、「ニンニク揚げ」。これがほくほくで、味噌を付けて食べると旨いこと!

とりわさ

 こちらは「とりわさ」(380円)。肉が水っぽくなく、シッカリしていて、これも旨い。

酢モツ

 これは「酢モツ」(280円)。これも食感が良くてツマミとしてバッチリ。

 ここまでは誘った友人が前日のお酒がまだ残っている状態だったので、サッパリ系のツマミを中心に頼んだんだけど、いやあどれも旨くてビックリ。
 友人の体調が回復してきたけど、さすがにこのお店のウリである「モツ鍋」は無理だろうと思い、もう1つのウリである「溶岩石焼き」を頼んでみることにした。
 頼んだのは、「和牛の中落ち」(580円)。

溶岩焼きなのだ

 おおっ、すでに熱してある溶岩石の板とともにコンロが運ばれてきた。どうやら、この溶岩石の板の上で焼くらしい。
 と、そこへ「和牛の中落ち」が登場。

和牛の中落ち

 おいおい、これは見た目、すごく旨そうな肉だよ。しかも量も多い。
 すでに塩コショウが振られていて、お皿にはワサビが添えられている。焼いたあと、そのままでワサビを乗せて食べるのか、ワサビ醤油に付けて食べるのか?……お店の人は何も言わなかったから、どちらでもお好きな方でどうぞということなのだろう。

う、旨そう!

 いやあ、このビジュアル、たまんないねぇ。もう旨いのは間違いないでしょう。あとはどういう食べ方でさらに旨くするかだよね。
 では、焼けたお肉にワサビを乗せて、そのままいただいてみますか……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやいや、これは旨いよ。溶岩石で焼くことにどういう効果があるのかはわからないが、少なくとも演出としてかなりの効果はあると思う。旨そうに焼けるんですよ。で、それを焼き肉店と違い、ワサビで食べさせる。これは参ったなぁ。すでに演出だけで、かなり“旨い”のに、実際食べても旨いんだもんね。ワサビのお陰で肉の脂のしつこさが消え、旨味だけが口に残るって感じ。
 ワサビ醤油も旨かったけど、私は単にワサビを乗せるだけの方が好きだなぁ。

〆に「東村山黒焼きそば」

 そして〆に「東村山黒焼きそば」(580円)。糸唐辛子や紅生姜で彩りを加えている。味そのものは普通なのだが、居酒屋でこの値段とボリュームなら文句ナシ。〆にもいいけど、ツマミとしてもイケそうだ。
 このお店、面白いことに「醤油ラーメン」(680円)や「和風つけ麺」(780円)、「焼きちゃんラーメン」(980円)など麺類が充実しているんだよね。今度行ったら食べてみたいなぁ。

 そうそう、最初に表の看板で気になった「レバテキ」。実は今は出していないのだという。いいレバが手に入らないというのもあるけど、世の中の情勢を考えて当分出さないとのこと。ちょっと残念だけど、食べたいメニューがいっぱいあるから、また来ようと思う。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-2-3 小島ビル地下1階
電話:042-394-5428
年中無休




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
ワインとよく合うレシピも紹介!カクヤスのワイン特集
冷えたビール1本でも、無料で宅配!365日年中無休

関連記事
[ 2011/08/18 11:07 ] 【閉店したお店】 ごえん(栄町) | TB(-) | CM(8)
いいですね、ここ!
地下のお店なんでちょっと覗くって感じじゃなくて躊躇してたんで、マサさんのリポートはありがたいです。お高いお店かと思ってたら、そんな事なかったんですね~。
これは是非とも、行きたいお店ですね。
[ 2011/08/18 11:45 ] [ 編集 ]
おお~、気になるメニューばかりですね~
セロリの浅漬け、確かに珍しいかも?
私もあると頼まずにはいられないです!(^^)!
レバテキ、食べてみたいですねぇ…

少し涼しくなったらまた変わってくるかもですね
[ 2011/08/18 15:52 ] [ 編集 ]
ええー思っていたよりもずっとお安いです!
もう少しお高いお店だとばかり思っていました。

しかも先割り焼酎があって、セロリの浅漬けがあるなんてツボすぎ!!
ぜひぜひ行ってみます♪
[ 2011/08/18 22:13 ] [ 編集 ]
大岱出さんへ
こんばんは。
意外とリーズナブルなお店でしたよ。
ぜひ行ってみてください。

[ 2011/08/19 00:12 ] [ 編集 ]
とあさんへ
こんばんは。
このお店の「セロリの浅漬け」はオススメです。
たぶん季節でメニューが変わると思うので、早めに「冷やし鍋」を攻略しないと、と思っています(笑)。

[ 2011/08/19 00:14 ] [ 編集 ]
hanaさんへ
こんばんは。
値段に関しては、私も意外でした。
そんなにお酒を飲まなければ、割と安上がりなお店だと思いますよ。

[ 2011/08/19 00:17 ] [ 編集 ]
こんにちは^^
山葵で食べる牛肉が旨いのは、素材が良いからでしょうか?
産地ならともかく東京で食べられるのは、お店もさぞかし努力してるのでしょう^^
ところで、
地産地消って言葉があるけど、コレってめちゃめちゃ贅沢やし、いろいろな面でつくづく大事なことやね
食文化継承面でも、お店側の産業振興面でも、消費者側の旨さ満足度アップ麺でも
もっと真剣に見直さなアカンね^^
[ 2011/08/19 23:14 ] [ 編集 ]
Sasukeさんへ
こんにちは。
地産地消は日本各地で順調に進んできて、意識も高まりつつあったのですが、福島原発事故が起きて以来、状況は一変しました。
「地元のモノを」という意識から「より安全なモノを」という意識にシフトしつつあります。
なかなかむずかしい問題ですが、東村山市においては何とかいい形で地産地消を進めていくことができればと思っています。

[ 2011/08/20 09:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR