東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

武蔵野うどんの超有名店

 ついに念願の「小島屋」に行ってきました。テレビや雑誌に取り上げられ、「武蔵野うどん」と言えば、「きくや」とともに必ず名前が出てくる代表格のお店だ。なかなか行けなかったのは、「きくや」同様、日曜定休で売り切れ次第終了という営業スタイルのため。平日に休みを取らないと、とてもじゃないけど一般サラリーマンは行けない。それに場所が遠いんですよ。

 東村山駅西口から西武多摩湖線の武蔵大和駅まで伸びる道路があるんだけど、その中間地点ぐらいに位置する。どちらの駅から歩いても800~900メートルぐらいじゃないだろうか。私の家からだと歩いて30分はかかるんじゃないかな。

小島屋

 この鄙びた感じ。風情があっていいよね。お店に着いたのは午後1時を少し回ったころ。暖簾が出ていたので、(やってる、やってる。良かったぁ!)と思いつつ携帯カメラで写真を撮っていると、お店の人が出てきて暖簾を下ろし始めた。
「すいませ~ん。まだ大丈夫ですか?」と急いで駆け寄って、何とか入れてもらった。店内は「きくや」同様、古びている。ただ「きくや」と違うのは、ホンジャマカの石塚など著名人のサイン色紙や写真が壁に飾られていること。これはちょっと嫌だなぁ。
 店内にいろいろメニューが張られているが、私は迷わず「肉汁うどん」を注文した。普通盛りは650円、特750円、特特1050円となっている。私はただ「肉汁うどん」とのみ注文したのだが、私の体型から判断されたのか、それとも男性なら全員そうなのか、運ばれてきたのは「特」だった。

「肉汁うどん」の特

 うどんと一緒にワカメが盛られ、薬味はネギと柚子のみ。ワサビや生姜はナシ。まずはうどんを1本、ツルルンといただく。うーん……美味しいのだが、ちょっと物足りない。これは私が「小島屋」に期待を抱き過ぎて、凄い麺が出ると思い続けていたからだろう。武蔵野うどんは田舎うどんなのだ。そんなに大きな違いが出るワケがない。
 さて、気を取り直して、肉汁につけて食べてみる。豚肉の旨味が出た汁はやや甘めだが、それをネギと柚子がサッパリした後口にしてくれる。個人的には生姜があると、もっと美味しくいただけたかも。だけど、武蔵野うどん初体験の人だったら、十分過ぎるくらい美味しいと思うな。




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
メディアで注目の水沢うどん大澤屋



関連記事
[ 2005/01/12 18:19 ] 【うどん】 小島屋(野口町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR