東村山グルメ日記2

志村けんさんでおなじみの東京都東村山市に限定したグルメ情報サイト

初めての武蔵野うどんにピッタリのお店

 先日、私の部下が東村山に遊びに来た。韓国料理が好きで「マシッソヨ! 大久保韓国ランチ」というブログを書いているのだが、実は彼、うどんも大好き。常日ごろ、会社で私が「武蔵野うどんは旨いぞ」と話しているものだから、食べてみたくなったらしい。
 とは言っても、今回部下が東村山に来たのは武蔵野うどんを食べるためではなく、ちょっとしたイベントに参加するためなので、連れまわすほどの時間はない。つまり駅の近くにあることが第一条件となる。私の頭に浮かんだのは東村山駅西口から歩いて5分以内にある「手打うどん きくや」「とき」の2つ。
 迷った末、私は「手打うどん きくや」に連れていくことにした。「何か祝い事があると、うどんを打ってふるまっていた」という昔の風習のなごりである素朴な武蔵野うどんとして、より親しみやすいのは「手打うどん きくや」の方だと思ったからだ。「とき」はもちろん旨いのだが、私の中では“進化した武蔵野うどん”というイメージがあり、初心者向きではない気がしたのだ。

 部下には肉汁うどんの4Lミックス(750円)を頼み、私はちょっと抑え目に肉汁うどんの3Lミックスを頼んだ。

肉汁うどん3Lミックス

 かき揚げと海苔が乗ったうどんに豚バラ肉が浮かんだ肉汁。うんうん、これぞ武蔵野うどん。時間があれば廻田町の「きくや」の方がお店の雰囲気といい、店内を切り盛りするおばちゃんたちの活気といい、より武蔵野うどんらしくていいから、そっちへ連れて行きたかったけど、時間がないから仕方がない。
 それでも部下には新鮮らしく、「へぇ、これに付けて食べるんですか? こんなうどん、初めてですよ」と驚いている。

うどんのアップ

 うどんの色も真っ白ではないから、そのことにも驚いたようだ。で、最初こそ「4Lって6玉ですよね。そんなに食べられない気がするんですけど……」と言っていたのが、ツルツルと食べていき、「これなら追加注文できそうですね。美味しいですよ」だって。何だか武蔵野うどんを「美味しい」と言われると、まだ東村山市民としては新人の私だけど、すごくうれしい気がする。
 だけど武蔵野うどんって意外と知られてないんだね。大体、生粋の東村山市民であるウチのカミさんですら、食べたのは私と結婚してからだからね。美味しいんだから、もっと広めたいなぁ。


【DATA】
住所:東村山市諏訪町1-1-3
電話:042-396-1150
営業時間:午前11時~売り切れ次第閉店
定休日:日曜





〔PR〕
日本三大うどんの一つ、大澤屋の「水沢うどん」


関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告