東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

見た目以上に食べ応えのある冷やしうどん

 体が本調子じゃないせいかもしれないが、どうもご飯より麺類を求めてしまう私。この日は「冷たいうどんが食べたい」と思ったので、久米川駅南口にあるうどん屋「竹とんぼ」に入った。
 このお店のうどんは武蔵野うどんではない。じゃあ讃岐うどんかというと、微妙に違う気がする。でも食べると、広島出身の私には懐かしい味なんだよね。「関西うどん」という感じかな。

 冷やし系のうどんはいろいろあるのだが、私は「冷やしとろろうどん」(800円)を選択。注文を聞いてから茹でるから、時間がかかるんだけど、旨いモノを食べるために待つのなら、ちっとも苦じゃない。
 ボーッとテレビを見ながら待っていると、来ました、来ました。

冷やしとろろうどん

 これが「冷やしとろろうどん」。うどんにはキュウリとワカメ、カマボコが乗り、とろろの入った器と、刻みネギ、ワサビ、ウズラの玉子が乗った薬味皿、だしの入った容器、そしてそば湯(この場合は「うどん湯」か?)がお盆に乗っている。

エッジの立ったうどん

 うどんは真っ白で、ほら見て! キリッとエッジが立っている。キレイで旨そうだ。

 さてと、それではとろろの中にウズラの玉子を入れてかき混ぜ、だしを入れてとろろを伸ばしてから……うーん、どうしよう。このとろろにうどんを付けて食べるか、それともとろろをうどんにブチまけるか……。

 ええい、面倒だ!

だしで伸ばしたとろろをザバーッとかける

 ザバーッ! うどんの上にとろろをブチまけ、その上にネギを散らす。あんまりキレイなビジュアルではないが、これはこれでとっても旨そう。
 ではでは、いただきま~す。

うどんのアップ

 箸でつかもうとすると、とろろでうどんがツルンと滑ってしまう。それを無理やり口に入れ、チュルチュルチュルン……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 すごくコシがあって食べ応え満点。それでいてノド越しがいい。パッと見、うどんの量が少なく感じるかもしれないけど、全部食べると結構お腹にズシッと来る。
 残っただしをとろろが入っていた器に入れ、そば湯で割ってグビリ。ふぅ~っ。「食べたなぁ」という充実感がフツフツと湧いてくる。
 いやあ、これは旨かった。ごちそうさまでした。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-9-8
電話:042-395-8677





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR