東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

初めて武蔵野うどんを食べるなら

「マサさん、武蔵野うどんって食べたことないんだけど、どのお店がいい?」と聞かれることがある。どのお店も旨いけど、武蔵野うどんの良さって、旨さだけじゃないんだよね。
 駅からちょっとした散歩気分で歩いて、「エッ、こんなところにお店があるの!」と驚くのも武蔵野うどんならではの“味”だと思う。
 そんな数ある東村山市の武蔵野うどんのお店の中でも、私が最も初心者向きだと思うのが、武蔵大和駅から歩いて5分くらいのところにある武蔵野うどんの老舗「きくや」だ。
「こんなところに本当にお店があるんだろうか?」と思いながら行ってみると、お店の前に人がいて、席が空くのを待っているほど大繁盛しているんだから、本当にビックリしてしまう。私も最初にこのお店に来た時は心底驚いた。


 久々に「きくや」に行くと、店先に2~3人並んでいた。相変わらずの繁盛ぶりだ。並んでも、回転が速いから、ものの5分としないうちにお店に入ることができた。
 私はお腹が空いていたので、「肉汁ミックスの5L」(850円)を注文。「L」とは、このお店独特の単位で、小さなお碗ぐらいうどん1玉のことを指す。普通の女性なら3Lくらいペロリとイケちゃうだろう。

5L肉汁ミックス

 これが「肉汁ミックスの5L」。ミックスにすると、うどんの上に刻み海苔が乗る。武蔵野うどん初心者の人は、ミックスは頼まないように。せっかくのうどんの香りが海苔でわからなくなってしまうから。

うどんのアップ

 この真っ白じゃないうどんを最初に見た時も驚いたなぁ。広島出身の私の中では、「うどん=白」だったからね。幼稚園で「白い物を言ってみよう!」という遊びがあったけど、必ず「うどん」が出て、先生もみんな納得してたもんね。
 それがこの色なんだもん。

肉汁

 しかも温かい肉汁に付けて食べる。「うどん」という言葉は付いているけど、私にとって武蔵野うどんは何もかも違う、全く新しい食べ物のように思えた。

 実は私、このお店で初めて武蔵野うどんを食べた。その時の衝撃と言ったら、表現のしようがなかったね。それまで散々、東京のうどんをバカにしていたのだから。

 久しぶりに食べた肉汁うどんは、やっぱり旨いね。おばちゃんたちのキビキビとした動きも健在だし、うどんだけじゃない“味”がギュッと凝縮していて、いいんだよね、このお店。
 まだ武蔵野うどんを食べたことがないという人は、ぜひこのお店に行ってみてください。


【DATA】
住所:東村山市廻田町2-12-13
電話:042-394-9141
営業時間:午前11時~麺がなくなり次第終了
定休日:年中無休
駐車場あり





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
[ 2008/10/23 17:16 ] 【うどん】 きくや(廻田町) | TB(-) | CM(2)
テレビクルーが取材に
一昨日(2013.3.20)、「きくや」さんにテレビの取材が入ってました。
その時の様子はコチラ↓
http://blog.goo.ne.jp/potere1965/e/f05840342db330b7ecc7407e92be42ee
もしかしたら近々、NHKで放送されるかも…東村山市HPの広報にも案内が出ていましたし。
西武線と東横線との相互乗り入れが可能となったので、神奈川方面の方々が沢山 東村山市に遊びに来てくれると嬉しいのですがね。 以上、小ネタ情報でした。
[ 2013/03/22 12:25 ] [ 編集 ]
potereさんへ
こんにちは。
情報ありがとうございます。
4月4日の「あさイチ」で放送されるということですから、楽しみですね。



[ 2013/03/23 07:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR