東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

懐かしさを感じさせる武蔵野うどん

 東村山市に「武蔵野うどん」のお店は数あれど、全国的に最も有名なのは、東村山駅西口にある「小島屋」だろう。
 先日、久しぶりにお店の前を通りかかったら……。

小島屋

 おっ、暖簾が変わっている。でも相変わらず風情のある店構えだよね。
 何となくお店が醸し出す“郷愁”に誘われてフラリと入ってしまった私。考えてみたら、このお店に入るのは4年ぶりだ。

メニューが増えているように感じるのは気のせい?

 卓上のメニューを見ると、何となく増えているように感じる。「肉うどん定食」(800円)って何となく気になるなぁ。「定食」って、どういうことなんだろう?
 でも、それよりもっと魅かれてしまったのが「カレー汁うどん」(700円)だ。これって以前からあったのだろうか?……そんなことを思いながら、私は「カレー汁うどん」の並を注文した。

カレー汁うどん

 これが「カレー汁うどん」。へぇ、うどんの上に茹でたナスが乗ってるよ。カレー汁には割と大きな豚肉が入っている。

うどんのアップ

 太さ、厚みがバラバラでネジレの入ったうどんは、いかにも手打ちという感じ。1本、そのままチュルンと食べると、その柔らかさにビックリ。でも給食で食べたソフト麺と違い、ブチブチ切れたりはしない。しなやかな弾力というのだろうか。噛むとほのかに小麦の香りがする。
 別に私は東村山市出身ではないのだが、この柔らかい食感と、ほのかな小麦の香りに妙な懐かしさを感じてしまう。何なんだろうね、この感覚。

 カレー汁につけて、カレーが飛び散らないようにソーッとすする……うんうん、旨い! このカレー汁は旨い。決して辛くはないんだけど、程よくスパイシーでいい。並にしたから量的にはちょっと物足りなかったけど、厨房の薪釜ま前で忙しそうに動き回るおばちゃんたちを見ていると、何だか妙に満足してしまった。
 このお店って、“生きた武蔵野うどん資料館”みたいなモノかもしれない。

 ごちそうさまでした。今度は気になっている「肉うどん定食」を食べに来ますね。



【DATA】
住所:東村山市野口町3-10-3
電話:042-391-2638
駐車場あり





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
[ 2009/10/30 19:15 ] 【うどん】 小島屋(野口町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR