東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

原点回帰!うどんで勝負

 武蔵野うどんとは一線を画し、こだわりを持って2006年にオープンした廻田町の住宅街にある隠れ家的なうどん店「石庭こまち」。オープン当初はイタリアンのテイストもあるオシャレなメニューだったのだが、その後、試行錯誤を繰り返し、一時はお店を閉めていた時期もあった。

 私の家からはかなり離れているので、なかなか行く機会がなかったのだが、先日たまたま武蔵大和駅近くで用事があったので、フラッと立ち寄ってみた。
 すると入り口の近くに営業時間とメニューが張り出されていた。見ると、営業時間は「午前11時30分~午後2時」とランチタイムのみの営業となっていた。
 さらにメニューを見ると……。

*「勝味うどん」(ざるうどん、天ぷら2個つき)……700円
*「勝味半ざるうどん」(天ぷら2個つき)……500円
*「肉汁ざるうどん」(野菜糧つき)……800円
*「肉汁半ざるうどん」(野菜糧つき)……600円
*「天ぷらざるうどん」(季節の野菜5品)……1000円
*「天ぷらうどん」(温)……1000円
*「肉うどん」(温・冷)……800円


 いろんなメニューがズラリと並んだこれまでのスタイルと全く変わり、うどんだけに絞り込んだモノになっていた。このシンプルさ、まさに「うどんで勝負!」という思いが伝わってくる。もともと「うどんのお店」としてオープンしたのだから、ある意味、原点回帰と言えるかもしれない。

 しかし、ビックリしたのはメニューのシンプルさだけではない。実は私、メニューの中に「肉汁ざるうどん」があることに一番驚いてしまった。
 このお店は「ウチは武蔵野うどんとは違う」という主張の表れなのか、以前は肉汁うどんを出していなかった。それが「肉汁ざるうどん」を出すというのだから、お店としては大きな方向転換だと思う。でも、このお店のうどんは、たぶん肉汁に合うと思うから、私としてはこの方向転換は大歓迎だ。

 ということで、お店に入った私は「肉汁ざるうどん」を注文した。

肉汁ざるうどん

 これが「肉汁ざるうどん」。注文を受けてからうどんを茹で、冷水でキュッと〆るので、出てくるまでに時間がかかったが、それが本来のうどんだと私は思うので、別に気にはならない。むしろ茹で置きしていて、注文と同時にスッと出てくる方が、個人的にはイヤだ。

うどんのアップ

 このお店のうどんはやや細いけど、シッカリとした歯応えがある。のど越しも良くて、結構、私は好きなんだよね。

肉汁

 肉汁は肉の旨味が良く出ていて、やや甘めだけど、しつこい甘さではなく、ダシが効いているせいか、スッキリとした後味。
 この肉汁にザブンとうどんをくぐらせて、ズッ、ズズズ……うんうん、思っていた通り、このうどんと肉汁、よく合うよ。旨い!

当たりが2枚も

 食べ進むと「当たり」が2枚も出てきた。何だかうれしいなぁ。これをペロッと食べ、肉汁を飲み干して完食。
 いやあ、旨かったなぁ。これなら大盛りでも良かったかも。今度は温かい「肉うどん」でも食べてみようかなぁ。



【DATA】
住所:東村山市廻田町2-7-3
電話:042-398-3399
営業時間:午前11時30分~午後2時
定休日:火曜、第2日曜





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
[ 2009/11/14 19:13 ] 【うどん】 石庭こまち(廻田町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR