東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

東村山冷麺選手権エントリーNO.2

 第2回目に取り上げるのは、久米川駅南口にある「明月館」の「冷麺」(890円)。このお店は焼き肉屋なんだけど、看板には「朝鮮料理」と書いてある。「韓国料理」ではなく「朝鮮料理」とある点が、いかにも“昔の焼き肉屋”という感じで、何か期待させるモノがある。

「明月館」の冷麺 冷麺アップ

 黒い丼に入っているせいもあるが、重量感というかボリューム感のある冷麺だ。見た目は涼しげな冷麺というより「冷やしラーメン」という感じ。それでは、いただきま~す。

【スープ】★★★★
 旨いねぇ。そのままでも十分旨いけど、キムチをかき混ぜると、また旨くなる。酢を入れなくてもいいんじゃないかな。半分くらい食べてから今度はゆで卵の黄身を溶かしてみる。これはこれで旨い。

【具材】★★
 ゆで卵半個にキムチ、オイキムチ、ワカメ、トマト、錦糸玉子、刻み海苔。果物の代わりにトマトが入っているのはわかるとして、肉類が一切入ってないのは、ちょっと寂しい。見た目はキレイだが、錦糸玉子と刻み海苔はいらない気がする。これが入ると、どうも冷麺っぽく見えない。オイキムチとキムチは旨かった。

【麺】★★★☆
 茶色がかった中細麺。盛岡冷麺と違い、そば粉とデンプンでつくった韓国麺だ。シコシコとコシというか歯応えがあり、ツルッとノド越しもいい。ボリュームもある。

【値段】★★☆
「焼肉レストラン あら川」の冷麺と比べると50円高いだけだが、この50円が大きい。ボリュームはあるのだが、具材に肉類がないし、この値段を高く感じる人は多いだろう。

【総合評価】★★★
 麺とスープは旨いのだが、890円という値段がネック。でも今では珍しい、中細の韓国麺が食べられるのはうれしい。大久保・新大久保界隈の韓国料理店では極細が主流だからね。まだ東村山全体の冷麺を食べつくしていないから断言はできないが、このお店の麺は貴重だと思う。

関連記事
[ 2005/05/17 18:05 ] 【焼き肉】 明月館(栄町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告