東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

肉が見えないのに超旨のユッケジャン

 辛いけど、牛肉の旨味とコクがギュッとスープに出て、野菜がたっぷり入っている「ユッケジャン」。韓国料理版のビーフシチューと言っていいこの料理の決め手でありメインは、やはり牛肉だ。大久保界隈のランチでもユッケジャンは定番メニューとしてあるが、肉がたっぷり入っているお店は当然ながら人気になっている。逆に人気のないお店のユッケジャンは案の定、肉が少ない。ランチユーザーの反応は極めて正直だ。
 暑い夏に汗をかきながら食べるのが旨い料理だが、もちろん冬にもピッタリ。体を芯から温めてくれる。というワケで、私は先日、「明月館」へ行き、「ユッケジャンスープランチ」(890円)を食べることにした。ちょっと風邪ぎみだったし、栄養をつけようと思ったのだ。

 ランチを頼むと、まず小皿に盛られた2品が出て来た。

豚の角煮とキムチ

 豚の角煮とキムチだ。キムチは日本人向きの味付けで旨い。角煮は柔らかいのに噛み切れず、「おかしいなぁ?」と思っていたら、どうやら肉の繊維に逆らって噛んでいたようだ。繊維に沿って口を動かすと、ピーッとキレイに肉が分かれていく。旨いなぁ。
 と、そこにメインのユッケジャンがやってきた。

ご飯と海苔とユッケジャン

 ご飯と海苔も付いている。結局、ランチとしてはキムチと豚の角煮、海苔が付いているワケだ。結構、お得なんじゃないの。まあ、それもこれもメインのユッケジャンの味次第なんだけどね。

この赤色が食欲をそそるんだなぁ

 ユッケジャンは真っ赤なスープの中に黄色い玉子が浮かび、美味しそうな色合いだ。早速、スープをひと口。旨いなぁ。牛肉の旨味がたっぷり出ている。辛いけど、ただ辛いだけじゃないから、見た目の色ほど辛くは感じないハズだ。
 これだけ旨味とコクが出ているのだから、牛肉がたっぷり入っているんだろうなぁと思いつつ、スプーンでかき回してみると……ない! 牛肉が全然ない! エーッ、単に牛肉スープを使ってるだけなの?
 かなりガックリしつつ、スプーンで野菜をすくって食べる。
「ん!?」
 もう1杯食べてみる。
「んんん!?」
 モヤシやゼンマイなどの野菜を食べているハズなのに、なぜか牛肉の味がする。しかも噛むほどに味がジュワッと広がるのだ。
「あれぇ、肉は入ってないと思ったんだけどなぁ」と思いながら、スプーンで野菜をすくってマジマジと観察。

細い茶色のそうめんみたいなモノが実は牛肉

 あっ!! わかりますか? 茶色の細いそうめんみたいなモノがいっぱい野菜に絡まっているのが。そっとつまんで食べてみると……肉だ! どうやら牛肉が繊維になるまでコトコト煮込んであるようだ。なるほど、だから旨味とコクがあるのに、肉が見えなかったのだ。
「肉が入っている」とわかると、現金なもので途端に上機嫌。どこをすくっても肉の繊維が口に入り、旨い。もうこうなったら、アレをやるしかないでしょ。

ご飯を入れてクッパに

 ドボッとご飯を投入して混ぜ混ぜ。クッパにして食べる。予想通り、旨い! わしわし食べて、ごちそうさま。デザートにミカンも付いて890円は文句ナシにお得でしょう。こんなユッケジャンは大久保界隈でも食べたことないなぁ。たまたま煮込み過ぎただけということも考えられるが、それにしてもこれは美味しかった。また食べたいなぁ。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-21-8-2階
電話:042-394-4053



関連記事
[ 2006/01/11 17:53 ] 【焼き肉】 明月館(栄町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告