東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

冷えた体に染みるカルビスープ

 寒い、寒すぎる! 昼間、街を歩いていると小さな子供が数人、「キャーッ!」とか「アーッ!」とか叫びながら走っていたが、おじさんはその気持ち、わかるよ。叫ばずにはいられない寒さなんだもん。「世間体」というしがらみがなければ、私も叫びながら走りたい。その方が体が確実に温まるから。歩いていると頬がだんだん痛くなってくる。もうイヤだ、こんな寒さ。
 というワケで、夜は温まるモノを食べようと考えた私。前回、食べるのを見送ったカルビスープを食べようと思い、久米川駅南口にある焼き肉屋「明月館」へ向かった。以前にランチで食べたユッケジャンが美味しかったから、「スープ系の料理はイケるのでは」と思ったのだ。

 とは言え、夜に焼き肉屋に行ってカルビスープだけっていうのは申し訳ないので、生ビールと「レバー刺身」(950円)を注文。もちろん「カルビスープ」(680円)も頼んだ。
 まずは生ビールと「レバー刺身」が運ばれてきた。

レバー刺身

 レバーの色が鮮やかで旨そう。このお店ではゴマ塩油とニンニク醤油、生姜醤油の3種類からタレを選ぶことができる。いつもなら文句ナシにニンニク醤油を選ぶ私だが、食べたあとにカミさんに迷惑をかけそうだから、今回は生姜醤油にしてみた。
 カイワレ大根を巻いて生姜醤油に付けてパクッ。ほんの少し生臭さはあるものの、すぐにレバーの甘さが口に広がる。旨いねぇ。
 と、そこにやって来ました「カルビスープ」。

カルビスープ

 朱色のスープに溶き玉子の黄色、旨そうじゃないですか。まずはスプーンでスープをひと口……はぁ~っ、染みるねぇ。ユッケジャンの時もそうだったけど、スープに肉の旨味とコクがたっぷり出ている。中にはネギやニンジンなど野菜がたっぷり。そして……。

大きな肉の塊だが、食べるとホロホロに崩れる

 ジャーン! これですよ、これ! カルビ! こんな肉の塊が3つも入っている。食べると、口の中でホロホロと崩れていく。よく煮込まれている。脂の部分がまた甘くて旨いんだ。コラーゲンもたっぷりだね、きっと。
 私はそれほどお腹が空いてなかったので、このままで食べたが、お腹の空いている人だったら、ご飯を入れてクッパにしてもいいかも。あらかじめご飯の入っている「カルビクッパ」というメニューもあるが、最初にスープとして食べて、そのあとにご飯を投入した方が美味しいと思う。
 それほど辛くないので汗はほとんどかかなかったが、食べ終えると体がポカポカしてきた。思い切り冷えた体には、やっぱりカルビスープだね。それにしてもこのお店、カルビスープが680円とは安いなぁ。ランチタイムならいざ知らず、ディナータイムにこの値段はすごくお得だ。これはオススメだね。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-21-8-2階
電話:042-394-4053



関連記事
[ 2006/01/21 17:51 ] 【焼き肉】 明月館(栄町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR