東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

あの肉屋さんのナゾが解けた!

 馬刺し、レバ刺し、牛のたたきなど生肉系が好きな私は、ローストビーフも当然ながら大好き。だから先日、読者の方から「『河野屋』のローストビーフは美味しい」という情報が寄せられた時、「これは食べなきゃ」とすぐに思い、お店に行ったのだが、その時はすでに売り切れていた。
 今度こそと思ってお店に行くと……。

店頭にはなかったが…

 店頭のローストビーフのところには何もなかった。「今日も売り切れなのか……」と思ったものの、一応お店の人に聞いてみると、「少しだけ残ってます」とのこと。ほとんど端の方だったが、私は食べたかったので「それでいいです」と、スライスしてもらうことにした。
 200グラムほどだったが、「端の方だから」と900円に負けてくれた。ちょっとラッキー。

 会計の際、私は日ごろ抱いていた疑問をお店の人にぶつけてみた。その疑問とは、なぜ東村山には「河野屋」と名のつく肉屋が多いのか? ということだ。
 私が知っているだけでも、このお店のほかに、本町と青葉町、そして秋津町に「河野屋」という肉屋がある。チェーン店なのか、それとも全くの偶然なのか? お店の人に聞くと、こんな答えが返ってきた。

「ああ、全部親戚なんですよ。でもそれぞれ独立してやっているから、ポテトサラダ1つとっても、それぞれのお店で味が違うんですよ」

 なるほどね。親戚だから名前が一緒なんだ。でもそれぞれが独立しているから、売っている肉も総菜の味も違うというワケか。

ようやく手に入れたローストビーフ

 念願のローストビーフを手に入れることができたし、引っかかっていた疑問も解けたし、ウキウキ気分で家に帰った私は、早速ビールを冷蔵庫から出して、ローストビーフを食べることに。
 肉塊の端の方で焦げ目がつくほど火がシッカリ入っているので、私が好きなローストビーフのタイプではなかったが、肉がいいから味はいい。ビールを飲みながら、美味しくいただいた。
 でも今度は肉塊の真ん中あたりのローストビーフを食べてみたいなぁ。きっと色からして違うんだろうなぁ。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-20-39
電話:042-391-5090
関連記事
[ 2005/11/27 18:45 ] 【総菜系】 河野屋肉店(栄町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR