東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

大好評だったポッサムナイト

 10月と言えば、カキ解禁ですよ。生ガキ、カキ鍋、カキフライ……旨いカキ料理がいっぱいあるけど、私の頭に真っ先に浮かんだのは、久米川駅南口の韓国料理店「韓亭」の特注メニューである「ポッサム」だ。
 大久保界隈の韓国料理店で何度か「ポッサム」を食べたが、メインは煮豚であって、キムチは巻いて食べる時の薬味の1つに過ぎない存在だった。それが「韓亭」の「ポッサム」を食べてからは、認識が一変。私は断言するね。

「ポッサム」のメインはキムチである。

とね。マジで「韓亭」の「ポッサム」で出てくる特製キムチは旨い! その旨さの秘密こそがカキなんだよね。だから夏の間は、「ポッサム」を我慢していたんですよ。

 とは言っても、「ポッサム」は1人で食べるには量が多いので、私はmixi(ミクシィ)で一緒に「ポッサム」を食べる人を募集。私を含めて8人集まったので、5日前にお店に「ポッサム」2皿を予約した。この料理、5~6日前に事前予約しておかないとできない料理なのだ。


 さて、みんなで「ポッサム」をはじめ韓国料理をむさぼり食う「ポッサムナイト」が行われた当日。集まったのはKIJITORAさんとその奥さんのかいちゃんまっすぃーさんとその彼女のこっすぃーさんフィルママさんとその友人、そしてtakabkさん
 とりあえず、マッコリで乾杯したんだけど……。

マッコリでスタート

 幹事である私はすっかり緊張しちゃって、のっけからマッコリの写真を撮り忘れたりなんかして……。後から気が付いて撮ったんだけど、すでにマッコリの入った器はカラ状態。みんな、ピッチが早いよ。

 最初に「ポッサム」を出してもらうように頼んだのだが、この日はお客さんが多くて、厨房はてんてこ舞いの様子。集まったメンバーの中で、「韓亭」の「ポッサム」を食べたことのない人は5人いて、今回食べるのをもの凄く楽しみにしてきたことをそれぞれ口にするモノだから、何だかなかなか「ポッサム」が出て来ないことに、私はプレッシャーを感じてしまった。

ママさんからサービスの韓国海苔

 と、そこに「ママからのサービスです」と韓国海苔が運ばれて来た。
 何もツマミのない状態でひたすら飲んでいたから、この韓国海苔はありがたかった。
 で、ようやく「ポッサム」が登場!

「ポッサム」登場!

 ドドーン! コレだよ、コレコレ! このビジュアルですよ! もうこのビジュアルだけでマッコリ1杯飲めるって感じ。

「ポッサム」に必要な名脇役たち

 こちらは「ポッサム」に必要な名脇役たち。
 食べ方を改めて説明すると……茹でた白菜やエゴマの葉、サンチュなどの上にまずは煮豚を乗せる。その上に特製のミソ、特製キムチを乗せ、さらにお好みで生ニンニクのスライス、青唐のスライスを乗せ、クルンと包む。そして周囲なんか気にせず、ひと口でパクッといただく。するといろんな旨さが花火のように弾けて……。

超激う(◎o◎)ま~~~!!!

 もう参加者全員の口から「旨い!」という言葉が漏れた時は、「よかった!」と思ったね。特に韓国通のフィルママさんとその友人が、「これは今まで食べた中で一番かも」と言ってくれたのはうれしかったなぁ。

別皿に盛られた特製キムチ

 みんなが絶賛したのは、やはり特製キムチ。今回は特に美味しく感じたんだけど、ママさんの話を聞いて、その理由がわかった。

「カキはまだ小さいのがなくて、今回は岩ガキを使ったの。それから栗が美味しい時期だから細く切って入れてみたんだけど、どうですか?」

 美味しくないワケがないじゃないですか。もうバカ旨ですよ。

 この「ポッサム」、メニューにはないが、レシートを見ると、値段はどうやら1皿4500円のようだ。量的にかなりあるので、3~4人で1皿頼むのがベストだと思う。4人で1皿なら1人約1100円ほどだから、かなりお得なメニューだと私は思うなぁ。

トッポキ

「ポッサム」が一段落しそうな頃に頼んだのが「トッポキ」(800円)。最初こそ甘さを感じるけど、すぐに辛さが追いかけてきて、口の中がヒリヒリ。で、マッコリをグビリ。みんな、すごいベースでマッコリを飲んでいく。


 この後、「プルコギ」(1人前1200円)を2人前ずつ頼んで、2つのテーブルにそれぞれ置いてもらったのだが……写真を撮り忘れてしまった。
「あっ!」と思ったのは、鍋がカラッポになってから。
 再び写真を撮り始めたのは、食べ終えた「プルコギ」の鍋で雑炊をする時になってからだ。

雑炊セット

 これが雑炊セット(500円)。白いスープはコムタンスープで、手前の刻み海苔の乗った器にはご飯と刻んだ野菜、そして生玉子が入っている。
 鍋にまずコムタンスープを入れ、生玉子や野菜をかき混ぜたご飯をその後に入れる。

プルコギの鍋に雑炊セットをIN!

 旨そうでしょ。鍋にはほとんど「プルコギ」の具も汁も残ってないから、「これって結局、コムタンクッパなのかなぁ」と思っていたけど、鍋にシッカリと「プルコギ」の旨味がこびりついているんだね。白いスープはたちまち薄っすらと茶色く色づいてきた。

これがバカ旨!

 小皿に取り分けて、各自いただきま~す。

超激う(◎o◎)ま~~~!!!

 いやいや今までこのお店で「プルコギ」そのものは散々食べてきたけど、雑炊はしなかったんだよね。今となってはそんな過去を激しく後悔。これは絶対に雑炊をやるベシ! どんなにお腹いっぱいでも、これなら入る。旨過ぎるよ。

 すでにみんなお腹いっぱい状態なんだけど、ここでダメ押し的な料理が登場!

いつもより分厚い「韓亭チヂミ」

 出ました! 「韓亭チヂミ」(800円)! この厚み、見てくださいよ。いつもより分厚いんじゃないかなぁ。早速、1切れ食べると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 外側はカリッ、中はモチッ。たまんないねぇ、この旨さ。
 とは言え、皆さん、炭水化物攻撃にギブアップ気味で、ちょっとひと息入れたそうな様子。ということで、注文したのは……。

箸休めに頼んだ「センマイ刺」

「センマイ刺」(800円)。これがサッパリして旨いんですよ。

 と、ここでさらにダメ押し登場!

大トリは「海鮮ネギチヂミ」

 大トリとして出て来たのは「海鮮ネギチヂミ」(1200円)。これもいつもより分厚い感じがするなぁ。私はまだそんなにお腹いっぱいじゃないので、すぐに1切れをパクッ。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 これが〆だなんて、なんて幸せな飲み会なんだろう……と思いつつ、周りを見渡すと、全員いささか食べすぎでグロッキー気味。まあ、マッコリもあの大きな器10杯飲んでいるワケで、そりゃあグロッキーにもなるよね。食べすぎ、飲みすぎだっちゅーの。

 でもね、これだけ飲んで食って、1人4400円もしなかったんですよ。安いと思いませんか? やっぱり韓国料理は大勢で楽しむモノなのかもしれないね。

 さすがに誰の口からも「次、どこへ行こうか?」という言葉は出ず、この日はこれで解散。でも凄く充実した飲み会だったなぁ。
 皆さん、また飲みましょうね。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-6-4
電話:042-395-2221
営業時間:午後5時半~深夜1時






★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
[ 2008/10/13 19:59 ] 【閉店したお店】 韓亭(栄町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR