東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

シーズンの〆はご飯の進む甘辛料理

「ああ、日が経つのは早いなぁ。もうすぐ3月も終わっちゃうよ」なんて思いつつ歩いていたら、ハッとあることに気がついた。

「エッ、3月が終わるってことは、カキのシーズンが終わるってことじゃないか!」

 いやあ、うかつだった。すっかり忘れていたよ。カキ料理の“宿題”はいっぱいあるんだよね。さて、どこのお店のカキ料理を食べようか……と考えて、私が向かったのは、東村山駅東口の中華料理店「重慶」
 このお店はカキ料理が充実しているんだよね。ラインナップは次の通り。

*カキのチリソース(1000円)
*カキの衣揚げ(1000円)
*カキ入り豆腐(700円)
*カキ入り雑炊(800円)
*カキの豆鼓(とうち)ソース(900円)
*カキ入り味噌ラーメン(850円)
*カキとキャベツの味噌いため(800円)


 で、私が食べていないのは、

*カキのチリソース
*カキ入り豆腐
*カキの豆鼓ソース


この3つ。友人を誘ってこの3品で一杯やろうと思っていたのだが、なかなか機会がつくれなかったんだよね。1人で3品を食べるのはどう考えても無謀なので、残る2つは来シーズンの“宿題”にすることにして、私は「カキの豆鼓ソース」とライスを注文した。

カキの豆鼓(とうち)ソース

 これが「カキの豆鼓ソース」。醤油とも違う、ややこげ茶色の汁にまみれている。いかにもご飯が進みそうな色だ。

カキがいっぱい!

 具材はカキのほかは、ネギとピーマンのみ。カキは大きくて、ゴロゴロと8個も入っている。カキ料理っていうと、ほかの具材がたっぷりで、カキはほんの少しというパターンが多いんだけど、これは完全にカキが主役。
 では、早速カキからいただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 プリプリしたカキの旨さもさることながら、甘辛い豆鼓ソースが抜群に旨い。これはご飯が進むねぇ。お酒なら絶対にビールだね。ああ、来シーズンこそはこのお店で一杯やるぞ!



【DATA】
住所:東村山市本町2-15-3
電話:042-395-5632
店内禁煙




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
[ 2011/03/29 23:57 ] 【中華料理】 重慶(本町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR