東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

今年も大満足のお任せフルコース

 世の中には「結婚記念日なんて面倒くさい」と思っている人もいるだろうが、私たち夫婦は毎年、結婚記念日を本当に楽しみにしている。というのも、この日は東村山駅東口のフランス料理店「リヴィエル・ドール」で食事をするのが恒例行事となっているからだ。
 2000年に結婚して東村山市に移り住み、2001年の最初の結婚記念日からずーっと毎年このお店で食事をしている。昨年も考えたら結婚記念日にしか行ってなくて、ハッキリ言ってあんまりいい客じゃないんだけど、それでも覚えてくれてもてなしてくれる。とても気持ちのいいお店なのだ。

 今年は結婚記念日である7月7日が、お店の定休日である月曜と重なったので、前倒しで6日に食事をしに行った。2週間前に「お任せフルコースで」と予約。「今年はどんな料理が出るんだろう」と予約当日、ワクワクしながら私たち夫婦はお店に向かった。

 お店に入ると、用意されたテーブルに案内された。ふと見ると……。

さりげなくテーブルにはこんなカードが

 さりげなくこんなお祝いのカードが。うれしいねぇ。裏には本日のお任せコースのメニューが書いてあった。

*岩手産天然岩ガキ
*冷製カブのポタージュ
*生ハム添え冷製カッペリーニパスタ・バルサミコ風味
*オマール海老・真鯛・帆立貝のアンサンブル ポメリーマスタードソース
*牛サーロインステーキ
*チョコレートブラウニー、バニラとベリー添え
*コーヒーまたは紅茶


 いいじゃないですか。楽しみだなぁ。

白ワインで乾杯

 まずは白ワインで乾杯。「もう8年経ったんだね」とカミさんがシミジミ話す。今の子どもたちの年齢(4歳と1歳)を考えると、これからが長いから「まだ8年」という気がしないでもないが、確かに夫婦として考えると、8年は長い気がする。だって、もともとは赤の他人なんだもんね。たぶん口には出さないけど、我慢している部分もあるんだろうなぁ。カミさんには感謝、感謝だよ。
 ちょっと照れるけど、「9年目もよろしくね」と言って、グラスを合わせた。

岩手産天然岩ガキ

 そこへタイミングよく運ばれて来たのは、「岩手産天然岩ガキ」。写真じゃわからないかもしれないけど、この岩ガキ、肉厚でプリプリなんですよ。食べると、口の中いっぱいにカキのエキスがブワッと広がる。旨い! 冗談抜きでもう2~3個食べたいよ。

パンは温かくて程よい柔らかさなのだ

 合間にパンが出てくるのだが、これがまた温かくて柔らかく、いい感じで料理と料理をつないでくれるんですよ。

冷製カブのポタージュ

 続いて出て来たのは、「冷製カブのポタージュ」。ヒヤッとした口当たり、カブの旨味がじんわりと広がり、冷たいままノドを通っていく。旨いなぁ。

生ハム添え冷製カッペリーニパスタ・バルサミコ風味

 本来のお店のフルコースであれば、次は魚系のメインなのだが、食いしん坊夫婦のために、このお店では間にパスタを入れてくれるんですよね。今回は「生ハム添え冷製カッペリーニパスタ・バルサミコ風味」。これ、絶品です。スルスルッとお腹に入ってしまう。
 ワインにもよく合い、クイクイ飲んでいたら、ここで1本空いてしまった。まだ魚系と肉系のメインがあるということで、2本目の白ワインをオーダー。

「パパちゃんが、たくさん飲み食いする人でよかったわ。小食の人だったら8年も続かなかったかも」

とカミさん。その言葉、そのままそっくりお前に返すよ。

オマール海老・真鯛・帆立貝のアンサンブル ポメリーマスタードソース

 さて、いよいよ魚系のメインが登場。「オマール海老・真鯛・帆立貝のアンサンブル ポメリーマスタードソース」ということなのだが、もう料理を見た瞬間、「幸せ」を感じちゃったね。料理が旨そうじゃないですか。料理ごとにお皿が違うってのもあるけど、本当にひと皿ひと皿、丁寧につくられ、「楽しんでください」というシェフの気持ちがこもっている気がする。
 オマール海老も帆立貝も旨いんだけど、個人的には真鯛が一番好きかも。皮のパリッとした食感と香ばしさが何とも言えないんだよね。

牛サーロインステーキ

 魚料理のあとに出て来た肉料理は「牛サーロインステーキ」。フランス料理らしからぬ、シンプルに焼いたモノなのだが、これが旨いんだ。焼き加減はミディアムレアというところだろうか。肉が柔らかく、噛み締めるほどに旨味が口いっぱいに広がる。
 カミさんは脂の部分を取り除いていたが、私はそれももらって食べた。やっぱり肉は脂の部分が旨いからね。

 いやあ、食べたし、飲んだなぁ。2本目のワインも「牛サーロインステーキ」を食べ終えるころにはスッカリ空いてしまった。

 食べ終えて「ふぅ~」とひと息つき、カミさんといろいろと話をしていたのだが、気が付くとお店はお客さんでいっぱいになっていた。これには夫婦ともどもうれしかったなぁ。繁盛して欲しいお店だからね。

 お腹がひと心地ついたタイミングでデザートが運ばれて来た。

デザートプレートにはお祝いの言葉が…

 カミさんのデザートプレートは大きくて、そこにはお祝いの言葉がチョコレートで書かれていた。うれしいなぁ。

デザートはチョコレートブラウニー、バニラとベリー添え

 デザートは「チョコレートブラウニー、バニラとベリー添え」。ブラウニーとバニラアイスの甘さを、ベリーのサッパリした酸味が中和させる感じ。こういう取り合わせ、好きだなぁ。

花までいただいちゃいました

 と、ここで店内を切り盛りしている奥さんから「おめでとうございます」と花をいただいた。厨房のご主人もデザートのタイミングで「おめでとうございます」とわざわざテーブルにまで来て言ってくれたし……毎年やっていただいているとは言え、本当に感激。

〆のコーヒー

 私はコーヒー、カミさんはレモンティーを飲みながらシミジミと「ここって本当にいいお店ね」と話した。

「料理も美味しいし、お皿もステキだけど、このお店の一番の魅力はあのご夫婦がつくる雰囲気よね」

 このカミさんの言葉には私も大きくうなずいた。
 のんびりと2時間かけて食べて、飲んで、おしゃべりして……何とも贅沢で幸せな時間だが、普通のお店ではなかなかこうはいかないモノだ。本当にご主人、奥さん、ありがとうございました。


【DATA】
住所:東村山市本町2-6-27
電話:042-395-5122
営業時間:午前11時半~午後2時、午後5時~9時
定休日:月曜
ホームページはこちら





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR