東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

色の濃い昔ながらの中華そば

 久米川駅北口は新青梅街道沿いにあったラーメン店「一代元 東村山店」が閉店したのは、今年5月15日のこと。それから約2カ月後の7月11日、「濃厚醤油」と「炙りチャーシュー」が自慢のラーメン店「竹岡屋 久米川店」がオープンした。

竹岡屋 久米川店

 看板は変わっているが、全体的な建物の外装などは「一代元 東村山店」のままだ。

近くで見るとこんな感じ

 入り口近くはこんな感じ。お店に入ってビックリしたのは、券売機が置いてあること。入った瞬間、「いらっしゃいませッ!」という声があちこちから飛んできて、店員は結構いるハズなのに券売機が置いてあったから驚いたのだ。だけど、券売機によって「注文を取る」というひと手間が省かれて、ほかのサービスを充実させることができるし、注文の取り間違いもなくすことができる。
 最初は「人がいるのになぜ券売機? 味気ないなぁ」と思ったけど、考えてみればこの方が効率的で、結果的にはいいサービスの提供にもつながるかも。

 メニューはかなり多いが、大きく分けると4つの種類になるようだ。


【濃厚醤油】
*特製竹岡スペシャル(950円)
*スタミナ肉玉そば(750円)
*濃厚スタミナ醤油 黒(750円)
*ラーメン(500円)
*チャーシューメン(750円)
*味玉ラーメン(600円)
*ピリ辛ねぎラーメン(650円)
*ピリ辛ねぎチャーシューメン(850円)
*お子様ラーメン(500円)

【あっさり塩】
*特製塩ラーメン(650円)
*タンメン(780円)

【清涼冷麺】
*冷しタンタン麺(750円)
*すだち冷し麺(650円)
*ピリ辛ねぎ冷し麺(750円)

【特製つけ麺】
*熟成醤油(680円)
*鶏塩(680円)
*魚介系濃厚醤油(680円)



 このほかに中華丼などのご飯メニューもある。
 これだけあると迷っちゃうけど、私はたぶん「全部乗せ」ということだろうと思う「特製竹岡スペシャル」を頼むことにした。このお店のウリである「濃厚醤油」だし、「炙りチャーシュー」もたっぷり乗っているみたいだからね。

特製竹岡屋スペシャル

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。いやあ、チャーシューと海苔が丼からはみ出しているから、何とも豪華かつ豪快なビジュアルだ。

丼からはみ出ている炙りチャーシュー

 チャーシューはよく見ると……うんうん、炙ってる、炙ってる。少し焦げているところが旨そうだ。

味玉

 味玉もシッカリと味が染み込んでいる感じ。こちらも旨そうじゃないの。

スープの色は濃い

 丼が黒いから、真っ黒な醤油色のスープかと思ったら、そうじゃないんだね。とは言っても、濃い色であることには間違いない。「濃厚醤油」というくらいだから、かなりしょっぱいのかなぁと思いつつ、スープを飲んでみると……あれ? 色とは裏腹にしょっぱくない。むしろタマネギのような甘さがある。
 もうひと口飲んでみて、私は確信した。この味、私の好きな味だ! 色が濃いから全く思い浮かばなかったけど、この味は懐かしい、昔ながらの中華そばの味だ。

麺のアップ

 麺は緩い縮れの細麺。スープと合っているけど、麺そのものは普通かな。だけど、炙りチャーシューやらメンマ、白髪ネギ、味玉などと一緒に食べると、これが旨い。最近は麺が主役のラーメン店が多いけど、このお店は麺はワキに控え、スープと具材の旨さを引き立てている感じだ。
 いやあ、これは旨かったなぁ。帰りには「ギョーザ1皿無料」のクーポン券をもらっちゃったし、ほかにも食べたいメニューがあるから、これは近いうちにまた行っちゃうな。



【DATA】
住所:東村山市栄町1-22-8
電話:042-399-0150
営業時間:午前11時~午後10時
駐車場あり
ブログはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





関連記事
[ 2011/07/22 08:03 ] 【閉店したお店】 竹岡屋(栄町) | TB(-) | CM(2)
わりと
 正直、一度食べに行けばいいだろう程度の
思いだったけど、悪くなかった。デフォルト
のラーメンを食べたけど、単品としてのレベ
ルは花月と同じくらいかも。

>この味は懐かしい、昔ながらの中華そばの
 味だ。
 と、マサさんは表現したけど、厳密には味
 ではなく、匂いだと思います。

>むしろタマネギのような甘さがある。
 これも「ような」ではなく実際タマネギの
 みじん切り入ってますし、八王子ラーメン
 のように。

>麺そのものは普通かな。
 僕もパッと見、つまらなそうな麺だと思い
 ましたが、食べてみると固めの茹で加減が
 功を奏して、まずまずの美味しさでした。

 チャーシューは意図的にだとは思いますが、
 醤油の味がそのまま浸みています。従来な
 らこんなのタブーだけど、好みの多様化が
 進んでいる昨今、これもアリかも知れない。
[ 2011/08/01 17:20 ] [ 編集 ]
gunさんへ
ご飯ものも充実しているし、私としては割りと気に入っています。

[ 2011/08/02 06:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR