東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

喫茶店でラフテー丼?

 喫茶店の食事メニューと言えば、カレーライスとナポリタン、それからハンバーグあたりが定番だろう。ラーメンなどの汁ありの麺類や丼モノだと、「エエッ? 大丈夫なの?」と少し引いてしまいがちになるのは、私だけではないハズだ。
 だから、東村山駅西口から北山公園に行く途中にある喫茶店「ココCAFE」の看板に「鶏肉のフォー」(680円)の文字を見つけた時は、気になりつつも「旨いのかなぁ?」とちょっと疑問を抱いてしまった。
 このほかにも、看板を見ると「エッ?」と思うようなメニューがズラリと並んでいる。

*「牛肉のフォー」(900円、土・日・月曜のみ)
*「トムヤムクンヌードル」(850円)
*「ラフテー丼」(950円)


 気になるけど、どうなんだろう?……そう思っていたら、読者の方から「ラフテー丼」が美味しかったというコメントが寄せられた。「美味しい」となれば、やっぱ食べに行かなきゃね……ということで先日、お店に行ってきました。
 頼んだのはもちろん、「ラフテー丼」。

ラフテー丼

 これが「ラフテー丼」。シジミの味噌汁が付いている。

「ラフテー丼」のアップ

 上に乗っているのはパクチー。その下に白髪ネギとパプリカ。彩りがいいねぇ。
 では、いただいてみますか。

大きいけど柔らかいのだ

「ラフテー」とは、沖縄風の豚の角煮のこと。ドカッと大きな塊だけど、食べるとトロッと柔らかい。これがパクチーとよく合うんだ。パクチーが苦手な人には酷な料理だけど、この旨さはパクチーあってのモノだと思うなぁ。
 添えられていたのが箸だけなので、最後はちょっと食べづらかったけど、キレイに完食。これで食後にコーヒーが付いていれば最高なんだけど、この値段でそこまでやると採算がとれないんだろうな。

 ふとお店の中の黒板を見ると、500円の1コインで食べられる「ミニ」というメニューがあった。その中には「ラフテー丼」も入っていた。女性の場合、「ミニラフテー丼」と飲み物を頼むと1000円以下のちょうどいいランチになるかもね。


【DATA】
住所:東村山市野口町4-27
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:火曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR