東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

カキ氷で一服

 先日、お昼ごろから家族で北山公園へ行ってきた。
「遊ぶところがないからイヤだ」と4歳の息子はブーブー言ってたのだが、いざ行ってみるとザリガニを獲ることにすぐに夢中になってしまった。2歳の娘も、そしてカミさんまでもがザリガニ獲りに大はしゃぎ。
 そんな3人を横目に、私は木陰に敷いたビニールシートの上にゴロリ。蝉時雨は少々暑苦しいが、心地よい風が渡り、何とも気持ちいい。
 時々、私も子どもたちと遊びながら、何だかんだで夕方まで遊んでしまった。ザリガニの収穫はというと、これがゼロ。でもカミさんいわく、

「パパちゃん、これなら1日中、遊べるわよ。すごく楽しい」

 息子とともに汗だくになりながらも、楽しんだようだ。よかった、よかった。
 汗をかいた分、ちゃんと水分補給をしなきゃということで、みんなで自動販売機を目指したが、ここで「待てよ」と私は立ち止まった。

 北山公園ということは、近くにひと休みできるところがあるではないか!

 というワケで、家族全員で向かったのは、自宅系の喫茶店「茶かわせみ」
 お店に近づくと、ナント、表に「氷」の旗が出ているではないか。カキ氷が大好きな子供たちにピッタリだ。

 早速お店に入り、メニューを見ると、カキ氷は「氷パイン」と「氷ぶどう」(それぞれ300円)、「宇治金時」(400円)の3種類あった。カミさんは「フルーツ錦玉」(350円)を、息子は「氷パイン」、娘は「氷ぶどう」、そして私は「宇治金時」を注文した。

フルーツ錦玉

 まず運ばれてきたのは、カミさんが頼んだ「フルーツ錦玉」。たっぷりフルーツが寒天(葛?)で固められていて、涼しげで旨そう。これに黒蜜をかけて食べるのだという。
 カミさんはあんみつなど黒蜜をかけるデザートが大好きだから、これにはもう大喜び。

 で、私はというと……。

ビールでお疲れちゃん

 なぜかビールで「お疲れちゃん」。いつの間にかこのお店、ビールを出すようになったらしい。暑い夏はやっぱりビールに限るねぇ……なんて思っていたら、子供たちにカキ氷が運ばれて来た。それぞれシロップの色も鮮やかで旨そうだ。

 と、そこに遅れて、私の頼んだ「宇治金時」が……。

宇治金時

 いやあ、いいねぇ。添えられているのは抹茶の蜜。「甘さが足りなかったら使ってください」と言われたのだが、私が使うより先に子どたちが争うようにして飲んでしまった。
 おいおい……。

涼しげで旨そう

 やっぱりカキ氷は宇治金時だよね。涼しげでいいよ。これで練乳がかかっていたら、もう最高だね。
 では、いただきま~す……おっ、これは蜜の違いなのかなぁ、旨いよ。いやいや、旨い、旨い。
 ビールでノドを潤した後、カキ氷で火照った体をひんやりと鎮める……気持ちよくクールダウンできたって感じ。

 子どもたちはと言うと、ひと息ついてパワーがよみがえったのか、側にいるお客さんやお店のご夫婦に自分をアピールしまくり。本当はもっとのんびりしたかったのだが、いたたまれなくなって、食べ終わったら早々に退散することにした。

 奥さん、ご主人、ごちそうさまでした。子どもたちがソファーを汚したり、いろいろとご迷惑かけてすみませんでした。また北山公園に行った際は寄らせていただきますね。


【DATA】
住所:東村山市野口町3-42-18
電話:042-392-5590
営業時間:午前8時~午後5時半(4月~10月)
      午前9時~午後4時半(11月~3月)
定休日:木曜、第3水曜
ホームページはこちら
店主のブログはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR