東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

日本茶カフェの評判スウィーツ

 2008年4月20日にオープンした北山公園近くにある自宅系の喫茶店「茶かわせみ」が、まだオープンから半年も経っていないというのに、早くもグルメ本に紹介された。それがコレ。

東京の日本茶カフェ

「東京の日本茶カフェ」(かなざわゆう著、東京地図出版、1400円+税)。これまで紹介してきたグルメ本は多摩地域限定のモノが多かったけど、これは東京全域だからね。その中で選ばれた33店の日本茶カフェの1つに、東村山市の「茶かわせみ」がオープンから半年も経たないうちに選ばれたのだから、こりゃもう快挙と言っていいんじゃないだろうか。

 ということで、お祝いを兼ねて「茶かわせみ」へ。とは言っても、食いしん坊の私が、ただお祝いの言葉を言うためだけに行くワケがない。今回のメインの目的は、実は「東京の日本茶カフェ」でも別ページで紹介されているスウィーツ「黒五ブラマンジェ」(350円)を食べることだ。

 まずは飲み物を、ということで私が今回頼んだのは、「冷煎茶」(450円)。

冷煎茶

 へぇ、ガラス製のこんなシャレた急須(? ひょっとしてポット?)で出てくるんだ。このお店はお茶そのものもそうだけど、器にもこだわっているところが、きっと評価されたんだろうなぁ。

かわいいお菓子が付いている

 こんなかわいいお菓子付き。金平糖と、このかわいいウサギは落雁だろうか。

器も涼しげでいいよね

 冷煎茶はお茶らしい渋みもあるけど、ほんのりとした甘さも感じられて美味しい。聞くと、これは水で出したモノなのだとか。

黒五ブラマンジェ

 で、これが楽しみにしていた「黒五ブラマンジェ」。木製のスプーンを突き入れると、表面は弾力があるものの、中はとろんとして柔らかい。口に入れると、ほのかなゴマの香りとともに優しい甘さが広がる。黒ゴマのほか、黒米、黒豆、黒かりん、黒松といった5つの黒い食材が使われているのだという。だから「黒五」というワケだ。
 これで350円は、私としてはうれしい限りだけど、安すぎるんじゃないかなぁ。本に取上げられる前からすでにお店では評判になっているスウィーツだけど、食べてない人はぜひ食べた方がいいですよ。お茶にもコーヒーにも合う一品です。


 今回紹介したグルメ本、東村山市内のいくつかの書店にも置いてあるけど、ネットからでも買えるので紹介しておきますね。

 「東京の日本茶カフェ」


【DATA】
住所:東村山市野口町3-42-18
電話:042-392-5590
営業時間:午前8時~午後5時半(4月~10月)
      午前9時~午後4時半(11月~3月)
定休日:木曜、第3水曜
ホームページはこちら
店主のブログはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR