東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

激安なのに超旨のアップルパイ

 先日、「モンドール洋菓子店」を紹介したところ、「ココはアップルパイが美味しいんです」と2人の読者からコメントをいただいた。
「はて、アップルパイなんてあったかな?」と思った私だが、自分で撮って来たケーキのショーケースの写真をよく見ると、ちゃんと写っていた。「こりゃ食べてみないといけないなぁ」……そう思った私は、カミさんと散歩がてらこのお店に行ってみた。

アップルパイ

 あった、あった、ありました。「アップルパイ」(160円)。土曜になると、これが100円になるという。安いよね。ショーケースの中にはホールサイズの「アップルパイ」(1600円)もあった。160円の方を2個買おうと思っていると、カミさんが「ねぇ、コレどう思う?」とショーケースの上に置いてあるモノを指差した。
 見ると、そこにはホールサイズの「アップルパイ」が無造作に重ねられていた。値段はナント500円! ショーケースの中の「アップルパイ」の3分の1以下だ。ショーケース内のモノだって十分安いのに、この激安価格はどういうことなのだろうか? 「買ってみるか」……ウチら夫婦は2人とも好奇心が強いので、激安アップルパイの方を買うことにした。
 コレがその激安アップルパイだ。

激安アップルパイ

 見た目の違いは、アップルパイ独特の表面の美味しそうなテカりがなく、その代わり白いシュガークリームがグルグルッと渦巻き状に乗っている。それだけの違いなんだけど、明らかにこっちの方が安っぽい。
 ところが、だ。切ってみると、リンゴがゴロゴロたっぷり入っているではないか!

リンゴがゴロゴロ

 コレですよ、コレ! 500円のアップルパイにこんなにリンゴ入れちゃ商売にならないんじゃないの、と心配してしまうほどたっぷり入っている。早速、4等分して2人で食べてみた。

4分の1カット

「あっ、この味、好き! 甘さもほどほどだし。何よりこのリンゴ! 大きくて美味しい!」……ひと口食べるなり、カミさんは絶賛。私も食べて同じことを思った。シナモンが効いているし、リンゴの果肉が大きいから甘さだけでなく、リンゴ本来の酸味も残っている。何となく懐かしさを感じさせる味だ。「ケーキ屋さんでつくった」というより「家庭でつくった」アップルパイと言えば、ニュアンスは伝わるだろうか。
 それにしてもこれで500円は安過ぎるよ。4分の1カットを1つずつ食べて、半分は残しておこうと思ったのだが、このアップルパイが、自分たちの美味しさのツボにハマッた味だから、ついつい全部食べてしまった。
「今度あのお店に行ったら、また買ってきてよ」とカミさん。言われなくても、そうしますって。ホント、これはお得で超オススメのアップルパイです。




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告