東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

朝からインドカレー…あると思います

 毎朝、5歳の長男を着替えさせて幼稚園のバスに乗せるのが私の日課なのだが、先日、見送った後、どうにもお腹が空いて仕方なくなった。時刻は午前9時ちょっと前。
 近くのコンビニでおにぎりを買って食べるか、それとも朝マックしちゃうか……と考えていると、1つのお店が私の頭に浮かんだ。それは久米川駅南口にオープンしたばかりのインド料理店「ナンバガン」だ。

「確かあのお店、朝9時からの営業だったよなぁ。家から近いし、ちょっと行ってみるか」

 ということで、長男を見送った後、そのままお店に向かった私。
 お店の前にはいろいろと看板が出ている。どうやらもう営業しているらしい。入り口の横には営業時間が書いてあるのだが、ふと見ると、閉店時間のところに白い修正の張り紙がしてある。
 私が最初に来た時に見た営業時間は「AM9時~AM3時」、つまり翌朝3時までの営業だったのだが、さすがにこれはやり過ぎだと思ったのだろう。「どれどれ何時閉店にしたのかなぁ」と近づいて見てみると……。

AM9時~AM5時



マジ (゚д゚lll) っすか!!

 営業時間を短くするどころか、逆に長くするなんて、ちょっとビックリだよ。
 後から友人が教えてくれたのだが、このお店、1月10日の時点ですでに翌朝5時までの営業に修正していたのだとか。まあ、元日をオープン日とする気合の入ったお店だから、これくらいは当然なのかもしれないね。

 私がお店に入ったのは、オープン直後の午前9時ちょっと過ぎ。さすがに「朝からインドカレー」という人は少ないようで、私がその日のお客さん第1号のようだ。
 テーブルに着いてメニューを見ると、もうランチメニューだった。私は一番安い「サスタセット」(590円)を頼むことに。これは5種類の本日のカレーの中から1つ選び、それをご飯にかけて出すというモノだ。私はキーマカレーをチョイスした。

キーマカレー

 注文から程なくして運ばれて来たのが、コレ。うーん、何ともシンプルだねぇ。この金属製のお皿が、新宿駅西口あたりの立ち食いカレーショップを彷彿させる。いや、悪い意味じゃないんですよ。私も実は「朝からインドカレーって、どうだろう?」と思っていたんだけど、考えてみれば「朝からカレー」ってのは学生のころからよく食べてたんだよね。このお皿を見て、そんなことを思い出したよ。

挽き肉たっぷり

 キーマカレーは挽き肉たっぷり。では早速いただいてみますか。スプーンを突き入れて、お口にIN!
 旨いけど、もう少し辛さが欲しいかなぁ。ということで……。

チリパウダーで辛さを調節

 卓上にあるチリパウダーを手にした私。これを表面が真っ赤になるまでかけて、再びいただきま~す……うん、辛さはいい感じになってきた。時折、お皿に添えられているインドの漬け物を口にしながら、アッと言う間に完食。「もう少し食べたいかな」と思ったけど、朝ご飯なんだから、こんなモノでしょう。
 チリパウダーのお陰で、体も温まったし、いやあ、朝からインドカレー……これはアリだと思うね。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-2-14
電話:042-397-8302
営業時間:午前9時~深夜5時




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
[ 2009/01/26 19:11 ] 【カレー】 ナンバガン(本町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR