東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

意外な場所にインド料理店がオープン

 昨年の夏から、もうすでに東村山市内に4店舗もオープンしたインド料理店。「もうこれ以上はオープンしないだろう」と思っていたら、意外な場所にオープンしていた。
 その場所とは、ナント、「いなげや市役所前店」の中だ。以前はこの場所に「オレンジキッチン」という中華からフライドポテト、クレープまで出してくれる便利な飲食店が入っていたんだけど、昨年8月末に閉店。以来、ずっと閉店状態だったのだが、今月になってようやく別の飲食店が入ってオープン。それがインド料理店だったというワケだ。

 早速、レジを通り過ぎて、奥のコーナーに行くと……。

エベレスト&富士

 あった、あった。何となくエスニックな雰囲気が漂っている。店名は……エエッ? 「エベレスト&富士」? 何ちゅうネーミングやねん! でも、この脱力系のネーミング、実は嫌いじゃない(笑)。

 お店を眺めるも、どうやらこちら側は単なる壁で、注文する場所は違うところにあるようだ。
 ズンズン歩いて、反対側の出口近くまで行くと……。

こちらで注文

 やっと注文窓口を発見。どうやらこのお店、2つのセットがお得メニューとなっているようだ。

*「セット1」(680円)……ナン、カレー1種類、サラダ、ラッシー
*「セット2」(780円)……グリーンナン、カレー1種類、サラダ、ラッシー


「セット1」と「セット2」の違いは、普通の「ナン」か「グリーンナン」かだけだ。ちなみに単品メニューを見ると、「プレーンナン」が200円、「グリーンナン」は350円となっている。本来150円の差があるのに、セットだと100円プラスするだけで「グリーンナン」が食べられる。
「こりゃ『セット2』だろう」……私は「セット2」にし、カレーは8種類ある中から一番オーソドックスな「チキンカレー」を選んだ。

チキンカレーのセット2

 で、これが「セット2」だ。まず目を引くのはやっぱり、鮮やかな緑色したグリーンナンだよね。こんなの初めて見たよ。

チキンカレー

 チキンカレーはスープみたいにサラサラ。他のインド料理店は割と粘度のあるカレーを出すから、このタイプは珍しいかも。
 スプーンでひと口飲んでみると……それほど辛くはないけど、香辛料の複雑な味わいがして旨い。しかもトマトが入っているせいか、酸味が加わって、爽やかな味わいすらする。

グリーンナン

 でもって、これがグリーンナン。デカさにも驚きだけど、やっぱりこの色だよね。ホント、鮮やかな発色だ。説明によると、ほうれん草が練りこんであるのだという。ちぎって何も付けずに食べてみると……うーん、ほうれん草というよりは、よもぎっぽい味わいだなぁ。でもコレ、旨いよ。そのままでもパクパク食べられちゃう。

 チキンカレーに付けて食べると……うーん、これは意見が分かれるかもね。カレーがスープタイプだから、よく浸さないとカレーがナンに負けてしまう。ましてやナンに味が付いていると、ナンの圧勝って感じ。でもナンが旨いから、私はこれでも満足だな。

 食べ終えた食器を受付窓口に戻しに行った際、店員さんに「これって言えば、もっと辛くしてもらえるんですか?」と聞いてみた。すると「ええ、大丈夫ですよ」と店員さん。
 よし、じゃあ今度は豚肉を使った「バングルカレー」を辛くしてもらい、プレーンナンで食べてみよう。



【DATA】
住所:東村山市本町3-42 「いなげや市役所前店」内
電話:042-394-7075
営業時間:午前11時~午後10時



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR