東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

オヤジーズ入会面接

 タイトルを見て「オヤジーズって、入会審査があるんだ」と思った人、単なる冗談ですから本気にしないでください。
 たまたまこの日、一緒に飲んだNさんとOさんが「ブログに出てくるオヤジーズって、楽しそうだよね。あれって入るのに資格とかあるの?」と聞いてきたのがおかしくて、タイトルにしたワケです。
 この際、ちゃんと言っておきますけど、オヤジーズに資格とか審査とかありません。年齢も性別も関係ないです。「オレってオヤジだなぁ」と思う人、オヤジと飲むことに抵抗のない人であれば誰でもWelcomeです。

 まあ、そんなことはともかく、この日はNさんとOさんの両氏とマジメな話をするということで、割と静かで落ち着ける場所をと考え、私は久米川駅南口にあるダイニングバー「炭味坐(すみざ)」を選んだ。

ザ・プレミアムとお通し

 まずは乾杯ということで、私は「ザ・プレミアム」をチョイス。久々に飲むと、永ちゃんじゃないけど「最高!」って感じ。お通しの鴨肉も、生肉好きの私にピッタリ。

真鯛の刺身

「じゃあツマミを頼みますか」と、オススメの中から「真鯛の刺身」(680円)と「とりわさ」(420円)、「さつま揚げ」(550円)を注文。最初に「真鯛の刺身」が出て来た。
 身がプリプリ締まっていて旨い。基本的には炭火の串焼きがこのお店のメインなんだけど、結構魚も旨いんだよね。前回来た時も「白子ポン酢」が旨かったからなぁ。

とりわさ

 続いて来たのは「とりわさ」。さすがに串焼きで鶏を扱っているだけに、旨い。

さつま揚げ

 意外だったのは、この「さつま揚げ」。形がさつま揚げっぽくないでしょ。でも食べると、軟骨のコリッとした食感もあって旨いんですよ。

せせり ぼんじり

「じゃあ今度は焼きモノを頼みますか」とメニューを見ながら、どんどん頼むNさんとOさん。結構食べるよね。オヤジーズの素質、十分ありだよ。
 写真は左が「せせり」で右が「ぼんじり」。「せせり」とは鶏の首の肉で、「ぼんじり」とは鶏の尾骨周辺の肉。「せせり」はほとんど脂肪がないのに対し、「ぼんじり」は食べるとジュワッと染み出るほど脂肪の多い部分。とっても対照的なのだが、どっちも旨い。

砂肝 椎茸と皮

 次に出て来たのは「砂肝」と「椎茸」、「とり皮」。これも食感がそれぞれ違って旨い。特に「とり皮」は旨かったなぁ。この時は塩で食べたけど、タレで食べるともっと旨いだろうなぁ。

もろきゅう うずらの玉子

 ここでマスターから、もろきゅうのサービス。マスターとは「mixi(ミクシィ)」の方で友達になっているから、気を使ってくれたのかもしれない。何だか申し訳ないなぁ。
 もろきゅうの味噌は金山寺味噌にワサビを少し加えたモノなのだとか。こういうシンプルなツマミが一番お酒を加速させるんだよね。
 で、〆は「うずらの玉子」。このお店では初めて食べたけど、旨いモノだねぇ。うずらの玉子は息子が大好きだから、持って帰りたいぐらい。

 この日、充実した話ができたのも、旨い料理のお陰かな。マスター、ありがとうね。また飲みに行きます。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-30-5
電話:042-393-1766
営業時間:午後5時半~深夜1時
定休日:月曜



関連記事
[ 2007/04/04 16:28 ] 【閉店したお店】 炭味坐(栄町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告