東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

言葉と料理の旨さと思いが染みた夜

 昨年末、青葉町商店街の焼き鳥店「とり慎」の女将さんからいただいた絵手紙は御木幽石さんという書家が書いたもので、こんな言葉が書かれていた。


心配ないよ。

重い荷物なら
一緒に持てばいい。



 前回の記事にも書いたけど、読んだ時にはビックリしたね。不安をいっぱい抱えていたからね。

 あれから4カ月。ちょっとした“戦い”を前にして、私は友人2人と「とり慎」へ行った。実はやっぱり不安がいっぱいで、旨い焼き鳥を食べて元気を出そうと思ったのだ。

豚レバ

 このお店に来たら、最初はやはり、この「豚レバ」(1本120円)だよね。いつものようにニンニクの効いた特製味噌に付けて食べると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 焼き加減といい、塩加減といい、絶妙。さすが大将だね。

鳥はつとつくね

「鳥はつ」(1本130円)と「つくね」(1本120円)。「つくね」と以前のように団子状のモノが何個か刺さっているスタイルではなく、アメリカンドッグのように大きな塊が串に固められているスタイルになっていた。食べると、軟骨が入っていて、コリッとした食感がたまらない。

カシラ

 これは「カシラ」(1本120円)。私はこの「カシラ」が好きなんだよね。いつも頼んでしまう。

もずく酢 キューリのたたき

 箸休め的に「もずく酢」と「キューリのたたき」を注文。どっちも旨いんだけど、「もずく酢」にジュンサイが入っているのには「やられた!」という感じ。抜群に旨い。

ねぎまと鳥なん骨

 最後に焼き物をということで、私が頼んだのは「ねぎま」(1本150円)と「鳥なん骨」(1本130円)。
 旨い、旨いと食べていると、女将さんが「今のマサさんの気持ちはコレでしょう」とまた絵手紙を持ってきてくれた。それを見ると……ナント、前回もらったモノと同じだった。「いやあ、どうしてわかったんだろう」……これには私もビックリしたけど、女将さんもビックリしていた。

「エッ、私、前にも同じモノをあげてたの? いっぱい種類のある中から『コレ!』と思って選んだのが、同じモノだなんて驚いたわ」

 そう言うと、女将さんは先ほどの絵手紙を持って奥に戻り、「じゃあ今日はコレをあげる」と改めて別の絵手紙を渡してくれた。そこには、こう書かれていた。


ゆめ

信じる



 絵手紙をジッと見たあと、顔を上げると、大将と女将さん、そして友人2人の笑顔があった。
 ありがたいねぇ。ちょっとした“戦い”には残念ながら負けちゃったけど、考えてみたら、それは夢じゃないからね。夢を実現するための1つの手段に過ぎない。夢の実現方法は1つじゃない。もっと別のアプローチがあるハズ。そう信じて頑張るよ。

 言葉も料理の旨さも、そして大将と女将さん、友人の思い、すべてが染みたいい夜だった。
 ごちそうさま。ありがとうございました。



【DATA】
住所:東村山市青葉町2-4-36
電話:042-393-8019
営業時間:午後5時~11時
定休日:月・火・水曜
詳しくはこちらを参照




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR