東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

和洋のバランスが楽しい和菓子屋

 東村山駅西口から武蔵大和駅に伸びるバス通りを500メートルほど歩いた左側にある和菓子屋「清水屋」。このお店を推薦する読者の方は結構多く、以前から気になっていた。そこで先日、「天気もいいことだし」と散歩がてら行って見ることにした。

清水屋

「おおっ、これか」と外観を撮影していると、「んん!? 何だありゃ?」と妙なポスターが目に入った。

表に張り出されていたポスター

「モンブラン大福」だって? 何じゃそりゃ? なになに、『クリームを渋皮付きの栗あんで包み、さらに餅生地で包みました。』だって。面白いじゃない。これは食べなきゃ……そう思いながら私はお店に入った。

モンブラン大福 千体地蔵最中

「モンブラン大福」(140円)と一緒に買ったのは、「千体地蔵最中」(147円)。これは東村山市商工会のホームページ「あい~ん」の中にある「東村山逸品倶楽部」で紹介されていたモノで、最初の私のお目当ては実はコレだったのだ。
 店内にテーブルとイスが置いてあったので、お店の人に「ここで食べていいですか?」と聞くと、「ああ、どうぞどうぞ」と気持ちのいい返事。うれしいなぁ。

モンブラン大福と千体地蔵最中

「モンブラン大福」と「千体地蔵最中」を1個ずつ買い、テーブル席へ。どっちから食べようか迷ったが、「千体地蔵最中」から食べることにした。

包みを開けると、最中にかわいい地蔵が描かれている

 包み紙を開けると、かわいいお地蔵さんが最中に描かれている。千体地蔵とは、このお店の近くにある正福寺の地蔵堂に収められているモノ。実はこの地蔵堂、国宝なんですよね。国宝が東村山にあるんですよ。凄いと思いませんか? でも私、今年の春まで東村山に国宝があるなんて全く知りませんでした。

大粒のあんの中に求肥が

 食べてみると、大粒のあんが口に飛び込んでくる感じ。濃厚なんだけど、しつこくない甘さ。旨いなぁ。2口目に歯に違う食感が……断面を見ると、求肥だ。モチッとして旨いねぇ。さすが、国宝の名を付けるだけある。
 さて続いて、お楽しみの「モンブラン大福」を食べてみますか。

中には栗あんとカスタードクリームが

 おおっ、皮の餅が伸びる、伸びる。へぇ、「栗あん」と書いてあったが、これはモンブランのマロンクリームだよ。旨いねぇ。中のカスタードクリームともよく合っている。これって確かに皮の部分は餅だけど、中身は洋菓子だよなぁ。凄いアイデアだと思う。
 2つも買って帰り、カミさんにも食べさせたのだが、カミさんも絶賛。「また買って来て」とおねだりされてしまった。
 店内には他にも洋菓子の技の入った和菓子がいくつかあったから、今度はまた違うモノを食べてみよう。


【DATA】
住所:東村山市野口町2-4-1
電話:042-391-0172
営業時間:午前9時半~午後7時
定休日:水曜
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す55歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR