東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

もう1つあった!東村山の地ソース ~ショップ編~

「竹田商店」の商品販売ショップは、久米川通りを全生園方向に進んで恩多辻という交差点を右に入ってすぐのところにある。スーパー「マルフジ」の裏手といえばわかりやすいだろうか。

竹田商店

 以前の「竹田食品」時代と違い、ちゃんとお店の雰囲気になっている。ただ、私はソース会社の出しているショップだと知っているからスッと入れるけど、何も知らない人が見たら、何のお店かはわからないよね。
 お店がきれいだから、怪しい感じには見えないけど、幟だけじゃなく、もっとソースを売っていることをアピールした方がいいんじゃないかなぁ。余計なお世話だけどね。

 さて、お店に入ると……。

なぜかカウンター席がある

 あれれ、カウンターがあって、なぜかイスが並んでるよ。どういうことなんだろう?

辻ブランドのソース

 ほう、これが新しく立ち上げた「辻ブランド」のソースですか。オシャレなボトルだねぇ。ラベルに書かれている年号は何だろう?

ズラリと並んだソース

 おっ、こっちは普及版のソースかな。「かつソース」「ソフトソース」「ウスターソース」「東村山ソース」……いろいろあるなぁ。

こんなセットまである

「焼肉のたれ」と「焼鳥のたれ」、「焼そばソース」で「バーベキューセット」ですか。面白いセット商品だねぇ。

3年熟成中濃ソース

 こっちは「3年熟成中濃ソース」か。ひと口にソースと言っても、いろいろあるモノだねぇ。
 だけど……あれれ、「アポロ」ブランドのソースがないよ。これってどういうことなんだろうか?


 そうこうしていると、「どうぞ、ソースを試食してみてください」と店員さんがこんなモノを出して来た。

こんな感じで試食ができるのだ

 エッ、このお店って試食ができるんだ。なるほど、それでカウンター席があったワケだ。

手前の皿に好みのソースを入れて食べる

 試食用とは言え、こんなに出してくれるの? ちょっとうれしいなぁ。左がじゃがいものフライで、右が野菜のマリネとトマト、それから鶏肉と炒めたキャベツ。
 手前のお皿に好みのソースを入れて、試しながら食べるらしい。でも右のお皿のモノにはすでにソースが味付けされているのだという。
 トマトには期間限定販売の「朝どれ野菜の新鮮ソース」がかかっている。今回の「朝どれ野菜の新鮮ソース」は地元で採れた小松菜のソース。では、いただいてみますか……わずかに感じる酸味がソースらしさをかろうじて主張していたが、サッパリとした後口はまるでドレッシング。これは旨いなぁ。

 鶏肉は「焼鳥のたれ」に漬け込んで焼いたモノで、キャベツは「焼そばソース」を使って炒めたモノ。いやあ、旨いなぁ。ソースだけを舐めたところで、違いは大してわからないけど、こうやって実際に食べ物に使って食べると、旨さの違いがわかる。

この4つのソースは量り売りされている

 試食用に出されたソースは7つあるのだが、そのうちの「さらりソース」「とろりソース」「どろっとソース」「朝どれ野菜の新鮮ソース」の4つは、このお店で量り売り販売してくれるのだという。

 店員さんの説明によると、「さらりソース」とは「ウスターソース」、「とろりソース」とは「ソフトソース」、「どろっとソース」とは「かつソース」のことなのだという。量り売りそのものも不思議なのだが、なぜわざわざ商品名を変えて販売しているのだろうか? 

さらに3つのソースが試食できる

 試食できるソースの残り3つは「3年熟成中濃ソース」と「とんかつソース」「東村山ソース」。これだけのソースを試食すると、ソース通になった気分になる。いやあ、でもソースって、それぞれ違うんだね。

瓶は好みモノが選べる

 これは量り売り用の瓶。いろんな大きさの瓶を選ぶことができ、最初だけ瓶の代金がかかるが、あとはソースの中身だけの代金となる。
 私は「朝どれ野菜の新鮮ソース」が気に入ったので、150ミリリットルの瓶を120円で買い、「朝どれ野菜の新鮮ソース」を100ミリリットル(200円)入れてもらうことにした。

こうやってソースを瓶に詰めてくれる

 こんな感じでソースを瓶に詰めてくれて、フタをして出来上がり。

購入した「朝どれ野菜の新鮮ソース」

 ラベルを張ってくれるのだが、ここで1つ疑問が。瓶を購入したということは、この瓶を繰り返し使うことになると思うんだけど、次に買いたいソースが「朝どれ野菜の新鮮ソース」じゃない場合はどうするんだろうか?

 店員さんの説明によると、瓶は確かに繰り返して使うけど、「お客さんが買われたその瓶を使うワケではないんです」という。つまり瓶はお店で回収し、ラベルを剥がして洗浄する。で、お客には新しい瓶を用意してその中にソースを入れる。

「だから違うソースを購入されても大丈夫ですよ」

 なるほど、なるほど。そういうシステムなのか。
 しかし、いくつかの疑問が残った。特に「アポロ」ブランドのソースがないのが気になる。この点については社長である竹田健次さんに聞くしかないでしょう。
 というワケで、次回の「インタビュー編」を乞うご期待!


【DATA】
住所:東村山市恩多町3-28-5
電話:042-313-2361
営業時間:午前10時~午後6時
定休日:日曜・祝日
駐車場あり
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告