東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

面白ネーミングのオリジナル料理を堪能

 このブログを通じて知り合ったKIJITORAさんカイちゃんのご夫婦。もともと2人とも東村山市には縁もゆかりもない。たまたま住み始めた街なのだが、このブログをキッカケに美味しいお店を知り、地元の仲間と巡り合い、いつの間にか東村山という街が好きになり、昨年12月にはナント、マイホームを購入してしまったのだとか。

「もう東村山に永住ですよ。これもマサさんのお陰です」

 なんてことまで言われてしまったら、うれしくなっちゃって「じゃあ、引越し祝いの意味も込めて、軽く飲みますか」となるじゃないですか(笑)。
 ということで、3人で鷹の道の踏み切り近くにある居酒屋「とき」へ。

焼酎のお湯割りとお通しの温かいスープ

 寒かったので、私は焼酎のお湯割りを注文。今回のお通しはセロリやニンジンなど野菜がたっぷり入った温かいスープ。これはうまかったなぁ。

まずは刺盛りでしょう

 まずは刺盛りでしょうということで、お任せで注文。どっさり出てきて感激だ。

生がき

「やっぱりシーズンだからカキも食べなきゃ」と「生がき」(500円)も注文。ちょうど1人前3個だから、1人1個ずつ食べられる。
 味はもちろん文句なし。

 と、ここまでは普通に注文したのだが、ここからは「気になるメニューを頼もう」ということになった。というのも、このお店にはユニークなネーミングの料理が多いからだ。

にせものカツ レバカツ

 まず最初に頼んだのは、「にせものカツ」(300円)と「レバカツ」。
「レバカツ」は、「このお店はレバカツはどんな味だろう?」という単純な興味で頼んだんだけど、「にせものカツ」はネーミングから中身が想像できないから頼んでみることにした。

「レバカツ」の方は、ある意味、想像通りの味でまずまず。「にせものカツ」の方はというと、食べると……ん? この味、どこかで食べたことあるような……旨いんだけど、肉じゃないよなぁ……と思っていると、KIJITORAさんがおもむろにひと言。

「これ、『ギョニバ』ですよ」

「ギョニバ」って何? と聞くと、「魚肉ハンバーグ」のことらしい。なるほど、それなら肉じゃないから「にせもの」だよね。

カニカニ詐欺 焼なすのナポリタン

 続いては「カニカニ詐欺」(300円)と「焼なすのナポリタン」(400円)。
「カニカニ詐欺」はカニかまぼこを使ったボリュームたっぷりのサラダ。「焼なすのナポリタン」はネーミング通り、焼きナスをナポリタンソースで味付けたモノ。パスタは入っていない。どっちも結構旨くて、お酒が進むんだよね。

ホルモン生姜焼き 銀杏焼

 最後に頼んだのは「ホルモン生姜焼き」(400円)と「銀杏焼」(400円)。
「ホルモンの生姜焼きってどうなんだろうね?」という疑問から頼んだんだけど、これがツマミとしてピッタリの味付けで旨かった。「銀杏焼」は私が銀杏大好きだから頼んだんだけど、お腹いっぱい状態で食べるにはピッタリのツマミだったよ。

 軽く飲むつもりが、午後7時から飲み始めて、結局お店を出たのが午後11時過ぎ。いやあ、ガッツリ食べ、またよく飲んだものだ。でも楽しかったから「良し」だね。
 KIJITORAさんカイちゃん、付き合ってくれてありがとう。
 大将、ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市美住町2-9-1
電話:042-395-4469





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR