東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

魔法の柚子胡椒

 たまたま久米川辻あたりを歩いていた私。ふと、あることを思い出した。

 そう言えば、「東村山逸品倶楽部」に、この近くにある武蔵野うどんの老舗「ますや」の「肉うどん」(700円)が載ってたよなぁ。

 肉汁うどんではなく「肉うどん」というところが気になっていたんだよね。
 ということで、私は「ますや」に寄ってみた。
 この日は珍しく、お客は私だけ。カウンターに座って「肉うどん」を注文すると、このお店の“看板娘”であるますさんが、「大盛りにしとくかい?」と聞いてきた。大盛りにすると100円増しとなるが、確かにこの日はちょっとお腹が空いていたので、私は「お願いします」と答えた。

 ますさんはすで茹で置いてあるうどんを取り出すと、お湯にくぐらせて温めてから丼に入れ、つゆを入れた。そして「これはサービスしとくね」とカウンターの上に置いてある野菜のかき揚げを1つ乗せてくれた。

肉うどん

 これが「肉うどん」の大盛り。つゆはそれほど黒くなく、何だか関西系のうどんのように見える。飲んでみると、魚の香りこそないが、ちょっと甘くて関西系のうどんつゆのような感じ。

うどんのアップ

 うどんは柔らかく、噛むほどに旨い。ただ、全体的にちょっとひと味足りないかなぁ……なんて思いながら食べていると、ますさんが「これを使うといい」とカウンターの上にある調味料を指差した。

柚子胡椒

 自家製の柚子胡椒だ。言われるまま、この柚子胡椒をたっぷり入れて、つゆに溶かして食べてみると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、物足りないと思っていた部分がバチッと補われて、もろ私好みの味に変化していった。これはいいねぇ。
 つゆまで飲み干して完食すると、ますさんが「これ飲んで」と湯のみを差し出した。

甘酒までごちそうになってしまった

 見ると、甘酒だ。たまたまお客が私1人だったから、いろいろサービスしてくれたのだろうが、ますさんのこういうところがこのお店の魅力なんだと思う。
 甘酒を飲み、一緒にテレビを見ながらますさんと雑談……ゆったりとした時間の流れが心地よい。ますさんにはいつまでも元気でいて欲しいなぁ。
 ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市久米川町4-33-10
電話:042-393-9481
営業時間:午前11時~午後6時
定休日:月曜





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
[ 2010/01/10 23:04 ] 【うどん】 ますや(久米川町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR