東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

コンビニおにぎりとは違うネタと味とボリューム

 前にも書いたと思うけど、東村山市には持ち帰り専門のお寿司屋さんが多い。「お寿司」というと、ちょっと語弊があるかなぁ。いなりずしとか太巻きとか、巻き寿司とか、赤飯とか……そういう感じのモノを売っているお店だ。年末にはのし餅を売ってたりするんだよね。
 お店によっては焼き団子や饅頭など和菓子も売っているから、私は飲食ジャンルに「和菓子・持ち帰り寿司」という項目をつくった。

 でも項目をつくったのはいいけど、全然、取材してないんだよね。この持ち帰り専門のお寿司屋さん、久米川駅周辺だけでも私が知る限り、5店はある。東村山市内全体では10店以上あるのではないだろうか? ほかの街と比較したことはないけど、たぶん多いと思うなぁ。
 ということで、今年は和菓子店の取材にも力を入れるけど、持ち帰り専門のお寿司屋さんの取材にも力を入れていこうと思う。

 前置きはこれくらいにして、今回紹介する持ち帰り専門のお寿司屋さんは、久米川駅南口にある「仙石」だ。

仙石

 場所は「西友」「丸山書房」の間の道に入り、2つのパチンコ店を通り過ぎた先の右側。
 看板を見ると……。

惣菜・弁当・のり巻・やきとり

 エエッ、焼き鳥もあるの! いやあ、改めて看板をマジマジと見てビックリしたよ。でも焼き鳥なんて見たことないけどなぁ……。

陳列ケースにはまだ上の段しか並んでいない

 陳列ケースを見ると、まだ朝早いせいか、上の段しか並んでないようだ。
 よく見てみると……。

うに巻なんてあるよ

 おおっ、いいねぇ。「たらこ巻」(140円)はコンビニおにぎりでもあるけど、大葉が挟んであるところがいいよね。「うに巻」「いか巻」ってのは、コンビニではなかなかお目にかかれないネタだと思う。

結構、種類があるモノだねぇ

 ほかにもズラリと並んでいる。大きさも割と大きいし、140円でこのボリュームなら価格的にもコンビニおにぎりに負けてないと思うなぁ。

左から「めんたい巻」「しゃけ巻」「あなご巻」

 ということで、私が購入したのはコチラ。左から「めんたい巻」「しゃけ巻」「あなご巻」(どれも140円)。「3つちょっと買いすぎたかなぁ」と思うほど、お皿に並べてみるとボリューム感がある。

あなご巻

 まずは「あなご巻」からいただきま~す。すでにアナゴに甘めの味はついているけど、醤油を付けて食べると、さらに旨い。

めんたい巻

 こちらは「めんたい巻」。一緒に挟まっている大葉がいいアクセントになって旨い。これも醤油をちょこっと付けて食べると旨かったなぁ。

しゃけ巻

 で、最後に食べたのは「しゃけ巻」。一緒に挟まっているピンク色の物体はガリ。これが驚くほどいい相性で、醤油に付けて食べると最高! 
「多いかなぁ」と思ったけど、食べ始めるとペロリだった。

 それぞれの写真を見てお気づきの方もいると思うけど、この巻き寿司、具材もいいけど、ご飯が旨かった。ツヤツヤの見た目はダテじゃないって感じ。

 いやあ、コンビニがこれだけ増えてもお店がやっていける理由がわかった気がする。だってコンビニおにぎりにはない魅力がこのお店にはあるからね。たぶんほかの持ち帰り専門のお寿司屋さんもそうなんだろうなぁ。早くほかのお店も取材しなきゃね。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-8-5
電話:042-391-7531



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR