東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

体が温まる煮込みうどん

 秋津方面でちょっとしたボランティア作業があり、その帰り道、お腹の空いた私は新秋津駅前通り商店街にあるうどん店「つばめ亭」に入った。

「ざるうどん」をガーッとかっ食らおうと思っていたのだが、メニューに「牡蠣の味噌煮込みうどん」(1000円)の文字を見つけて予定変更。期間限定ということもあり、「牡蠣の味噌煮込みうどん」を頼むことにした。
 このお店では無料で大盛りにしてくれるのだが、この日は肉体労働をして普段使わない筋肉を使い、あまりにも疲れていたので、そこまでメニューをチェックできず、普通に注文してしまった。

牡蠣の味噌煮込みうどん

 これが「牡蠣の味噌煮込みうどん」。土鍋に入っていて、いかにも熱々という感じ。

これが「牡蠣の味噌煮込みうどん」

 具材はカキが4つに豆腐、水菜、ネギと極めてシンプル。汁をまずレンゲですくって飲んでみると……あれれ、何だか薄く感じるなぁ。

うどんのアップ

 うどんはシッカリと煮込まれているのにプリッとしてシコシコ。

カキはプリプリ

 カキは柔らかくてプリプリ。これは旨かったなぁ。
 途中、卓上の唐辛子を加えると、味が鮮明になり、さらに旨くなった。
 食べ進んでいくと、最初は「薄い」と感じた汁がだんだんとちょうどいい味加減に思えてきた。おそらく肉体作業をして汗を流した後だったから、体が塩分を欲していて、それで最初は「薄い」と感じたのかもしれない。
 本来の私であれば、最初から旨いと思う味加減だろう。

 汁まで全部飲んで完食。いやあ、大盛りにしなかったことを最初は後悔したけど、大盛りにしなくて正解だったかも。この日はあまりに体が疲れていて、これ以上は受け付けなかったと思う。
 食べ終えると体がホカホカと温まり、自転車で家に帰るまで温かく過ごせた。カキも食べたから疲労回復も早いだろう。別にそんなことは全く考えずに選んだのだが、結果的にいい選択だったかもしれない。
 ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市秋津町5-24




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR