東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

昔ながらの中華そばのうれしい進化

 スープを飲んだ瞬間、懐かしい思いがこみ上げてくるような「昔ながらの中華そば」を出してくれる、恩多町のラーメン店「味六」。このお店に関して、「新メニュー」と題したこんな情報が読者の方から寄せられた。

いつも拝見させていただいております。
すでにご存知かもしれませんが、味六さんでワンタンメン出してますよ。
中華そばにボリュームのあるワンタンが5個入って850円でした。
是非お試しあれ。


 いやいや知りませんでしたよ。ワンタンメンだって! これは食べに行かなきゃ……ということで先日、お店に行って来ました。頼んだのはもちろん、「ワンタンメン」(850円)。

ワンタンメン

 これが「ワンタンメン」。一見すると、普通の「中華そば」(650円)みたいだけど……。

ぷかりと浮かんだワンタン

 ほらほら、ワンタンがぷかぷかと浮いてるでしょ。
 では早速、スープからいただきま~す……はぁ~染みるなぁ。豚骨ガツンとか、魚粉ガツンとか、強烈なインパクトはないけど、優しくじんわりと旨さが染み渡っていく。旨いなぁ。

麺のアップ

 細くてよく縮れた麺が、このスープにまたよく合ってるんだよね。旨い、旨い。

ワンタンは小ぶりだけど旨い

 ワンタンは見た感じ、やや小ぶり。でも食べると、挽き肉がプリプリと歯応えがあり、噛むほどに肉の旨さが口に広がる。いやあ、このワンタンは旨いなぁ。


 前回の記事で私は、

 だけど、何で餃子を始めたのだろうか? ひょっとすると、これって「ワンタンメン」への布石だったりして。うーん、あの「中華そば」にワンタンが入れば……ああっ、想像しただけでよだれが出ちゃう。旨そうだなぁ。

と書いたんだけど、まさか本当に「ワンタンメン」が登場するとは思わなかったなぁ。想像通りの味で、ホント感激だよ。いやあ、この進化は本当にうれしい。ぜひ機会があれば、食べて欲しいと思う。旨いよ。



【DATA】
住所:東村山市恩多町5-27-25
電話:042-391-8888
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:水曜、第2火曜日




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
[ 2010/01/28 18:10 ] 【ラーメン】 味六(本町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR