東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

生肉で始まり、〆も生肉

 このブログを通じて知り合ったふるちゃんからメールが来て、久しぶりに一緒に飲むことになった。行ったのは、ふるちゃんのリクエストで、八坂の串焼き店「まーちゃん」
 ふるちゃんによると、何度か1人でお店の前に行くものの、何となく入りづらくて入れなかったのだとか。マスターは気さくだし、全然敷居は高くないと思うんだけど、まあやっぱり初めて行くお店は、1人だと入りにくいモノだ。
 そのお店に行ったことのある人と一緒に行った方が、妙な緊張がなくていいかもしれない。

 私自身、お店に行くのは久しぶりだったけど、笑顔で迎えてくれるマスター。うれしいなぁ。

生ビールで乾杯

 とりあえずということで、生ビールで乾杯。
 このお店に来たら、やっぱり生肉を頼まないとね。

レバ刺し

 ということで、まずは「レバ刺し」。エッジが立っていて、いい色だ。ニンニクを乗っけて醤油に付け、パクッ!

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 生肉はやっぱり旨いなぁ。

牛刺し

 続いて生肉第2弾、「牛刺し」。これも柔らかくて旨いんだよね。
 マスターが「ポン酢でどうぞ」とポン酢を出してくれたので、付けて食べると、サッパリとした味になって旨い!

牛せんまい刺

 生肉第3弾は「牛せんまい刺」。コリッとした食感と酢味噌の甘酸っぱさがいいんだよね。
 生ビールを速攻で飲み終えた私は、ホッピーにチェンジ。これは私の個人的な感覚だけど、生肉にはホッピーが合うんだよね。

ハラミ、カシラ、シロ

 生肉の次はこのお店の定番メニューである串焼きを注文。ハラミとカシラ、そしてシロ。どれも間違いのない旨さだ。

レバ

 で、そこに遅れて焼きあがったレバがポンと置かれた。
 このレバがまた旨いんだよね。ホッピーが進むなぁ。

 このお店の面白いところは、「エッ、何これ?」と思うような意外なメニューがあるところだ。今回もホワイトボードに「じゃがピザ」という文字を見つけたので、注文してみた。

じゃがピザ

 これが「じゃがピザ」。こんな料理が出るんだから、マスターは器用だよね。しかも旨いときてるからね。前回食べた「牛汁」(ビーフシチューのこと)の旨さにも驚いたけど、ホントこのお店の料理にはハズレがないなぁ。

いわし丸干し

 珍しく「いわし丸干し」があったので注文。これは頭からボリボリ食べられ、身は脂が乗っているから、噛み締めるほどに旨さがジュンジュンと口に広がる。

 いやあ、よく食べてよく飲んだ。さて、〆に何を頼もうかなぁ……ホワイトボードや張り紙のメニューを見て私が決めたのは、コレだ。

レバユッケ

「レバユッケ」。箸でしっかり混ぜ混ぜしてから、玉子にまみれたレバーをひと切れ、お口にIN!

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 生肉を食べると、何となく「エネルギーを補給した」って気分になって、元気が出るんだよね。だから生肉で〆るって、私の場合、案外いいかも。「よし、明日も頑張るぞ!」って気持ちでお店を出ることができた。
 ふるちゃんも最後はちょっと飲みすぎてヘロヘロになってたけど、喜んでくれたみたいだし、良かった、良かった。
 マスター、ごちそうさま。



【DATA】
住所:東村山市栄町3-11-44
電話:042-409-1880
営業時間:火~土曜は午後5時~11時(午後10時ラストオーダー)、日曜は午後2時~7時(串焼きが売り切れ次第閉店)
定休日:月曜
マスターのブログはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR