東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

手作りスイーツでさらにのんびり、まったり

 最近、「落ち着きたい」「のんびりしたい」と思う人が増えてきているのか、そういう雰囲気のお店が増えているような気がする。
 東村山駅西口に昨年12月にオープンした喫茶店「LuLu(ルル)」もそういう雰囲気のお店の1つだ。

 白を基調とした店内はもちろんだが、切り盛りしている若いご夫婦が持つほのぼのとした雰囲気が、容赦なく進んでいく世の中の時間の流れを、お店の中に入った瞬間、ゆったりとしたモノに変えてくれる。いいんですよね、このお店。

 ということで今回もフラフラと立ち寄った私。今回はスイーツを頼んでみることにした。
 注文したのは「ラム酒入り焼きプリン」。コーヒーはいつも頼む「ルルライト」ではなく、苦味の利いた深い味という「ルルダーク」にし、セットで680円ナリ。

ラム酒入り焼きプリン

 まず最初に運ばれて来たのは「ラム酒入り焼きプリン」。ちょっと形に面食らってしまったけど(プリンというと、どうしてもカップ型を思い浮かべてしまうんですよね)、色を見ると確かにプリンだ。

大人の味というより優しい味

 ラム酒の入っているから「大人の味かな」と思ったのだが、意外とまろやかな甘さで優しい味わい。生クリームとその上に乗っている紅茶で煮詰めたプルーンも含め、全体的にも優しい味わい。

今回は「ルルダーク」を頼んでみた

 そこに「ルルダーク」が登場。甘いモノを頼んだから、苦味のある方がいいかなと思ったんだけど、個人的に“当たり”って感じ。私は苦いコーヒーはそれほど好きじゃないんだけど、この「ラム酒入り焼きプリン」をひと口食べたあとに飲むと、コーヒーの苦味がプリンの甘みを際立たせてくれる感じがする。

 それにしてもこのお店、ホント落ち着く。


 この日は実は、友人の佐々野慈音さんがこのお店の2階でミニ写真展を行っているから来たんだけど、展示されている10点ほどの写真がまた「このお店のために撮ったの?」というほど、雰囲気に合っているんですよね。
 写真はすべて、お菓子の缶などでつくった手作りのピンホールカメラで撮ったもので、切り取られた風景はすべて東村山市内のもの。言われなければ、「どんないいカメラを使って、どこで撮ったのだろう?」と思うハズだ。
 このミニ写真展「針穴から見た武蔵野の風景1 東村山篇」は4月20日(火)まで開催しているので、興味のある人はぜひ見に行ってください。



【DATA】
住所:東村山市野口町1-11-3
営業時間:午前11時30分~午後6時30分
定休日:水曜と木曜
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR