東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

黒焼そば食べ歩き2010 エントリーNO.13

【これまでの食べ歩きリスト】
2009年分46店
2010年04月03日「ますも庵」
2010年04月04日「竜苑」
2010年04月05日「まごころ亭」
2010年04月06日「まるみ」
2010年04月09日「美・ちゅら」
2010年04月11日「上海酒家 好(はお)」
2010年04月13日「しげ老鮨」
2010年04月13日「illuminazione(イッルミナツィオーネ)」
2010年04月15日「ダイヤ寿司」
2010年04月22日「氣ごころ」
2010年04月23日「笑顔(にこ)」
2010年04月30日「レストランメープル」




 今回行ったのは、新秋津駅と秋津駅の間にある鉄板居酒屋「たつごろう」。2006年のオープンして間もないころに一度行ったのだが、それ以来、ご無沙汰してしまっていたお店だ。
 この日は、秋津界隈で飲み歩いていて「秋津の飲み屋のことならオレに任せて」という“夜の秋津の達人”ことラットマンさんと一緒にお店に入った。

生ビールで乾杯

 お店の表にも、中のメニューにも「黒焼そば」の幟もポスターもメニューもない。ちょっと不安を抱きながらも生ビールで乾杯!
 マスターに「黒焼そば、ありますよね?」と聞き、「ありますよ」という返事をもらってようやく安心した私は、「黒焼そば」とともにツマミを注文した。

オニオンソースのチキンソテー

 まず最初に出てきたのは、ラットマンさんオススメの「オニオンソースのチキンソテー」(450円)。
 上にたっぷりオニオンソースがかかっていて、チキンステーキの下にもオニオンスライス。血液どろどろ気味のメタボな私には、うれしい1品だ。
 では、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 さすが「週に3~4日はこのお店に来てる」というラットマンさんのオススメだ。これは肉は柔らかいし、オニオンソースがまた抜群に旨い。

黒焼そば

 と、そこへ「黒焼そば」の登場。半熟目玉焼きが乗っているところは、タマラーとしてはたまんないね。
 でもまずは、黄身を崩さず、そのままでいただいてみましょう……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 麺が旨いんですよ。マスターによると、某ラーメン店で使っている生麺でつくっているのだとか。普通の焼きそば用の中華麺と違ってひと手間かかるけど、そのひと手間がこの旨さを生み出すんだね。
 具材は豚肉、ニンジン、キャベツ、モヤシなどでシンプルなんだけど、麺が旨いからバクバク食べられる。

黄身のトロトロ加減もバッチリ!

 とはいえ、やっぱり黄身は崩さないとね……うーん、いいトロトロ加減だ! たっぷりと黄身を絡めてパクッ!

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 これもいいねぇ。ボリュームがあるから、夜食としてガッツリ食べるのにピッタリ。ツマミにするなら2~3人で頼んだ方がいいかもね。

ほうれん草とチーズのオムレツ

 続いて頼んだのは「ほうれん草とチーズのオムレツ」(400円)。これも中がトロッとしていて旨かったなぁ。
 ラットマンさんの話によると、マスターのつくる料理はどれも旨いということだから、今度は間をおかず、飲みに行っていろいろ食べようと思う。
 マスター、ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市秋津町5-13-17
電話:042-391-0432
営業時間:午後5時~11時
定休日:不定休
ブログはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告