東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

キチンと揚げたてで旨い500円カツ丼

 私は東村山市内を隈なく歩いている自信があり、「まだ行ってない飲食店はあっても、存在を知らない飲食店はない」と思っていた。
 でも先日、全くその存在を知らなかった飲食店を発見したんですよね。それが今回紹介する定食屋「大野屋」だ。

大野屋

 たまたま中央公園の脇の道を東村山西高校の方に向かって歩いていたら、東村山西高校を過ぎてすぐ左側に看板が見えたんですよね。これには驚いたなぁ。だって、この道、何度か通っているハズなのに、今まで全然気づかなかったからね。いやあ、うかつだった。

エッ、「カツ丼」が500円!

 近づくと、表にはこんなメニューが出ていた。何だかこのメニューの掲示の仕方がレトロっぽくて、いいじゃないの。
 値段はまあ、普通かなぁ……なんて思いながら見ていて、「エッ!」と驚いてしまった。一番左のメニュー、

天丼・カツ丼 各五〇〇

と書いてあるではないか! これって凄いんじゃないの?
 私はお店に入ってみた。

 店内はカウンターが6席、小上がりにテーブルが3卓ある。カウンターに座って改めてメニューを見ると、「天丼」「カツ丼」のほかに「ピラフ」が1コインだった。
 私は「カツ丼」を注文。携帯電話をいじりながら、見るとはなしにボーッと厨房の動きを見ていると、ご主人がカツを揚げ始めた。

これがカツ丼

 それからしばらくして目の前に出されたのが、こちら。味噌汁とお新香、そしてデザートにりんごまで付いている。これで500円は「素晴らしい」の一語だ。

揚げたてのカツが旨そう

 カツはよく見ると、やや小さいが、それでも揚げたてだし、この玉子のとろとろ加減がまたいいではないか。
「これで500円って、採算とれるのかなぁ」と思いつつ、横から見ると……。

丼ではなくお茶碗なのが1コインの秘密か?

 あれ? 丼というより大き目のお茶碗という感じだ。ひょっとすると、これが1コインで出せる秘密なのかな?
 まあ、それはともかくとして、早速いただいてみますか。お味噌汁をひと口飲んだあと、カツをパクッ……おおっ、旨いッ! 揚げたてのせいもあるけど、玉子との絡みも絶妙でいい味付けだ。
 すっごくつゆだくだから、カツがなくなってからもご飯を旨くいただける。ご飯のボリュームも見た目以上にあり、食べ終えると、結構お腹いっぱいになってしまった。
 いやあ、これはいいお店を見つけちゃったなぁ。

 実は私が「カツ丼」を食べている時、隣の人がカレーを食べていたんだけど、これがすごく旨そうなカレーだったんでよ。定食屋にありがちの黄色いカレーではなく、黒っぽいカレーで、しかもそのカレー、何やら揚げ物が乗っているんですよね。メニューを見ると……。

*ヒレカツカレー(900円)
*ロースカツカレー(700円)
*メンチカツカレー(700円)
*チキンカツカレー(700円)
*コロッケカレー(600円)


と5種類もある。次回はこの中のどれかを食べてみようと思う。



【DATA】
住所:東村山市富士見町3-2-43
電話:042-393-2032



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR