東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

バテてはじめてわかる冷やし中華のありがたさ

 これまでの人生、私は「夏バテ」という言葉の存在は知っていたが、実際に「夏バテ」になったことはなかった。運動してヘトヘトになっても、食欲だけは衰えたことがなかった。また、暑い時ほど、こってりしたモノを食べたくなったりした。
 しかし……今年はどうも違う。何だか暑くなるにしたがって、食欲が徐々に落ちてきているんだよね。

 ということで、こってりした揚げ物系ではなく、冷たい麺類が食べたいと思った私。先日、フラリと鷹の道沿いにある中華料理店「幸多加(こたか)」に入った。

 壁に張ってあるメニューを見ると、「冷たいごまだれ どんぶりつけ麺」(750円)という文字を発見。たぶん、今までの私なら間違いなくコレを頼んでいると思うのだが、「何だか量が多そうだし、ごまだれより、もっとサッパリしたものの方がいいなぁ」と思い、「冷し中華」(750円)を注文した。

冷し中華

 これがこのお店の「冷し中華」。麺が見えないほど、具が乗っている。玉子、キュウリ、チャーシュー、ハム、ナルト、ワカメ、そしてテッペンに紅生姜。極めてオーソドックスな冷やし中華だ。
 これをワシワシとかき混ぜて……。

麺のアップ

 いただきま~す……うーん、酸っぱい。でもこの酸っぱさが旨い。
 今までは酸っぱさが苦手で、醤油だれの冷やし中華はあまり食べなかったけど、バテ気味になってはじめて、この酸っぱさのありがたみがわかった気がする。旨いなぁ。酸っぱいんだけど、つゆまで全部飲んじゃった。

 今年は何だか冷やし中華にお世話になる回数が増えそうな気がするなぁ。



【DATA】
住所:東村山市本町1-20-20
電話:042-395-2888
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:日曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR