東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

2020ほぼ週刊東村山グルメニュース vol.5

★この記事は、この1週間に私がツイッターやフェイスブックに書き込んだ情報をまとめたモノです。読者の人によってはすでにご存知の情報もあるかと思いますが、ご容赦ください。



たまにはエキゾチックな夜を

 最近は店内で音楽イベントをやる飲食店が増えているけど、久米川駅北口のネパール料理店「ナンバガン」ではナント、「Bellydance Night」というベリーダンスのショーを行うという。

「Bellydance Night」の告知

 日時は2月29日(土)午後7時から(これはショーのスタート時刻。お店には午後6時から入ることができる)。ショーは無料だけど、店内に入れる人数が限られるので、お店への事前予約が必要。また、1フード1ドリンクのオーダーが必要となる。

「ナンバガン」のチラシ

 まあ、普通にディナーを食べている時にショーが無料で楽しめると思えばいいかもしれない。カレーをはじめとしたスパイシーなネパール料理とともに、ベリーダンスを見れば、何ともエキゾチックな夜となること間違いないですよ。



29日はフグがお得に食べられるぞ

 久米川駅北口にある居酒屋「も暖亭」

「も暖亭」

 先日、オープン前のシャッターが半分降りている状態の時に通りかかったのだが、そこに気になる貼り紙が……。

こんな貼り紙が

 へぇ、2月29日は「ふくの日」ということで、通常4250円のふぐ刺しとふぐちり鍋のセットが約半額の2150円になるのか。これはお得なんじゃないの。
 このお店には確か「ひれ酒」があったから、このセットを頼んだら飲み物はもちろん「ひれ酒」で決まりだよね。



まさかの立地、まさかの店名

 久米川駅南口のさくら通り沿いにある「ぎょうざの満洲 久米川南口店」を通った時のこと。

「ぎょうざの満洲」の横に看板が

 あれ? 建物の横にある階段の上に、何やら看板ができてるよ。お店ができたの? 近づいてみると……。

2階に中華料理店ができるらしい

 エエッ、中華料理店「味源」というお店がオープンするんだ。下に人気の中華チェーン店があるというのに、大丈夫なんだろうか。しかもこの店名。割と有名なラーメン店と同じではないか。立地といい、店名といい、これはたぶん最近増えている中国人系のお店なんだろうな。そうでなければこの立地と店名はあり得ないと思うよ。



またしても悲しい知らせが

 また悲しい情報が届いた。「フェイスブック東村山会」というグループページに書き込まれていたので、私はすぐに確認しに行ってきた。

あら井鮨

 向かったのは、久米川駅南口は野火止通り沿いにある老舗の寿司屋「あら井鮨」。実は年末あたりからずっと営業している様子がなく、心配していたんだよね。
 行くと、入り口に貼り紙があった。

閉店の告知

「令和元年十二月をもって閉店」と書いてあるが、貼り紙そのものは「令和二年二月吉日」とあるように最近のモノだ。2カ月のタイムラグ。もしかしたら、「閉店」とすることにためらいがあったのかもしれない。
 昭和35年に開店したということは、今年で60周年を迎えるハズだったんだね。その区切りまでという思いがひょっとしたらあったのかもしれない。
 本当に長きにわたり、ご苦労様でした。




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告