東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

電車に乗って家族でディナー

 10月は私の誕生日月。「また家族で食事に出かけない? お店はパパちゃんの好きな所でいいわよ」とカミさんに言われ、どうせ行くなら「東村山にこんな美味しいお店があったの?」と子どもたちやカミさんを驚かせてやりたいと思った私。いろいろと考えに考え、私は西武園駅近くにある自宅系カフェバー「illuminazione(イッルミナツィオーネ)」を選んだ。
 事前にメールで予約をし、その際、料理に「コレだけは入れて欲しい」というメニューを何品か指定してお願いした。


 食事会の当日。東村山のお店だというのに久米川駅から電車に乗っていくことに、子どもたちもカミさんもビックリ。しかも向かった先が、東村山駅で乗り換えて西武園駅だったことにまたまたビックリ。いいねぇ、その驚いた顔。お父さんはうれしいよ。
 西武園駅から歩いて住宅街に入り、「ココだよ」と言うと、子どもたちもカミさんも「エッ?」という顔をしている。

illuminazione(イッルミナツィオーネ)

 まあ、住宅街にあるし、自宅を改装したお店だし、しかも夜だからお店だと認識しにくいよね。
 お店に入ると、マスターが「いらっしゃいませ」と出迎えてくれた。続いてお母さんも奥から出てきた。
「今日はよろしくお願いします」と挨拶しつつ、テーブル席に着き、メニューを見てそれぞれ思い思いの飲み物を注文。飲み物を待っていると……。

ナント、サプライズのケーキ!

いきなり O(≧∇≦)O サプライズ!!!

 ナント、お母さんのお手製のケーキが出てきた。すでにロウソクに火が灯っている。うれしいなぁ。そして……

そしてサプライズのシャンパン

サプライズ O(≧∇≦)O 第2弾!!!

 ナント、私とカミさんにシャンパンが、子どもたちにはカラフルなフルーツソーダが出てきた。いやあ、言葉が出ないよ。マスター、お母さん、そしてお店の奥でサポートしてくれているお父さん、ありがとうございます。
 子どもたちとカミさんに「♪ハッピーバースデー、トゥ・ユー」と歌ってもらい、ロウソクの火を吹き消して、乾杯!
 いやあ、子どもたちやカミさんを驚かせるつもりが、私が驚いてしまったよ(笑)。

「ケーキは後で」ということで下げられて、ようやく最初に頼んだ飲み物が運ばれて来た。私が頼んだのは、赤ワインのデカンタ。最初から飲む気マンマンだ(笑)。

カプレーゼ

 最初の料理は「カプレーゼ」。娘が大好きだから、あらかじめお願いしておいた一品だ。もちろん、娘は大喜び。

たっぷり温野菜

 続いては、私が子どもたちに食べさせてやりたかった「温野菜」。いつもよりボリュームたっぷりの豪華バージョン。キャベツ、ニンジン、ブロッコリー、カブ、カボチャ、レンコ、ゴボウ……どれも旨くて、日ごろ野菜をあまり食べない息子も「美味しい」とモリモリ食べている。野菜大好きのカミさんも「パパちゃん、コレ、美味しい」と大喜び。

シーフードリゾット

 こちらは「シーフードリゾット」。ご飯モノなんだけど、軽いツマミっぽい感覚でスルスルッと食べてしまった。

牛肉のタリアータ

 ここから怒涛のメイン料理となる。第1弾は「牛肉のタリアータ」。お店のフェイスブックページで、裏メニューとして紹介してあるのは知っていたけど、食べるのは私も初めて。1切れが大きくて分厚い。添えられているソースをあらためてたっぷりかけて食べてみると……。

超旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 分厚いのに肉が超柔らかで、超旨い。子どもたちもカミさんも「美味しい!」と興奮気味に食べている。バルサミコ酢を使ったソースがまた絶品で旨いんだよね。お皿にたっぷり乗っていたんだけど、ほとんど瞬殺という感じで、すぐになくなってしまった。

ソイのアクアパッツァ

 メイン料理第2弾は「黒ソイのアクアパッツァ」。これも通常メニューにはない料理だ。もちろん、食べるのは初めて。
 黒ソイも旨いんだけど、添えられているアサリやトマト、オリーブも旨いし、何よりスープが最高に旨い。海鮮モノが好きなカミさんは当然として、子どもたちまでもが猛烈な勢いで食べていてビックリだよ。

餃子

 最後のメイン料理は、私の大好きな裏メニューで、今回あらかじめお願いしていた「餃子」だ。「子どもたちも餃子が大好きなので、ちょっと多めにお願いします」と頼んでいたのだが、こんな感じでドーンと運ばれて来た。
 子どもたちのテンションも最高潮。「どう?」と聞くと……。

美味しいッO(≧∇≦)O!!!

と満足そうに答える子どもたち。「そうだろ、そうだろ」と別に私がつくったワケじゃないんだけど、ちょっと鼻高々(笑)。

 料理はこれで終了。前菜的に出て来るかなと思っていた「餃子」が、まさか最後に出て来るとは思わなかったけど、いやあ、この「餃子」は十分にトリが務まるね。

サプライズのケーキ

 料理のあとは、最初に出てきたサプライズのケーキが切り分けられて運ばれて来た。ナガノパープルとシャインマスカットが乗ったケーキは、ほどよい甘さで凄く旨い。

 実はデザートに関しては、私は子どもたちに食べさせたいモノがあって、あらかじめ頼んでおいたメニューがあるんだよね。

白いコーヒーのブラマンジェ

 それは「白いコーヒーのブラマンジェ」。デザートが2つも出て来るとは思ってなかった子どもたちは、大喜びで食べ始めた。すかさず「何の味か、わかる?」と聞く私。

 子どもたちは「ん?」という表情。いやいや、ありがとうよ。お父さんはその表情が見られただけで満足だよ。
 息子がおずおずと「パパ、コレ、コーヒー?」と答える。「そうだよ。コーヒー味なんだよ。白いのに不思議だろ?」と言うと、娘はウンウンと首を縦に振りながら、「凄く美味しい」とうれしそうにスプーンを口に運ぶ。

コーヒー

 コーヒーを飲みつつ、子どもたちがうれしそうに食べる姿を眺める……私にとってこの光景は一番の誕生プレゼントだね。

 これだけ食べて、デザートも2つ食べたのだから、さすがにお腹いっぱいだと思うんだけど、念のために子どもたちに「料理はこれでおしまいだけど、まだ食べるなら注文してもいいぞ」と言うと……。

追加のチーズとサラミ

「チーズ・サラミ盛合せ」を注文しましたとさ(笑)。凄いな、キミたち(笑)。


 このあと電車で家に帰ったんだけど、久米川駅から西武園駅って、乗り換えがあるんだけど、接続が良ければ10分もかからず行けてしまう。乗り換えの待ち時間があっても15分くらいで行ける。意外と近いんだよね。
 子どもたちは相当にこのお店が気に入ったみたいだ。
「11月はママの誕生日があるでしょ。ママの時もココで食べようよ」と子どもたち。「コラコラ、お母さんの誕生日なんだから、お母さんの食べたいお店が優先だよ」と私が言うと、「あら、パパちゃん、私もココでいいわよ」とカミさん。マジかよ(笑)。でもいいかもね(笑)。


 いやあ、それにしても美味しかった。マスター、お母さん、お父さん、いろいろとありがとうございました。ごちそうさまです。ひょっとしたら、また近々お世話になると思いますが、その時はまたよろしくお願いします。




【DATA】
住所:東村山市多摩湖町4-32-55
営業時間:正午~午後4時(カフェタイム)/午後6時~10時30分(バータイム)
定休日:水曜の昼営業、金曜
店内禁煙
お店について詳しくはこちら
フェイスブックはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




関連記事
グルメ記事に対するコメントとは違ってしまうのですが。

こうやって、家族揃って食事するって、子供達にとって凄く良い事だと思います。
僕はもう40も後半な歳ではありますが。
やはり小さな時、何かの記念日(誕生日や父の日母の日こどもの日などなど)は、家族揃って食事をするって暗黙の了解があって。
両親がグルメな人ってのもあり、やはり色んな店に行っては家族で食事してたって思い出なんですよね。
今では僕も家族を持っていますが、やはり親がしてくれてたことを思い出し。
そういった暗黙の了解が今の家族にも繋がっています。
家族愛も強いのですが、そういう繋がりって結構大事なんじゃないかなと。
そうやって育ててくれた両親に感謝してるんですよね。

マサさんのお子様も、こういった素敵な時間を先々で思いだし。
父がしてくれたことを繰り返していくと思います。
いいですよね、そういのって。
[ 2019/11/16 14:58 ] [ 編集 ]
通りすがりの呑兵衛さんへ
コメントありがとうございます。
私の場合は、あまり両親と食事に出かけた記憶はないんですよね。
でも家で誕生日を祝った記憶はあります。
やっぱり何かの記念日に、家で食べるにしろ、外食するにしろ、家族そろって食事をするのはいいものですよね。

あと10年もしないうちに、ウチの子どもたちはおそらく独立して1人暮らしを始めていくと思います。私自身がそうだったのですが、1人暮らしを始めると、親のことなど忘れてしまいます。親なんてそんなもんだと思います。だから今は、子どもたちのためというより、自分のための思い出づくりという感じですかね(笑)。
子どもたちが何かを感じ取ってくれたらうれしいですけど、それは私にとっては「オマケ」という感じです(笑)。

でも繰り返してくれると、うれしいかな。自分の家庭を持った時、同じようなことをしてくれると、いいなぁ。あまり期待しちゃいけないと思うけど(笑)。





[ 2019/11/17 07:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告