東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

不謹慎と思いつつ、ホッとして一杯

 2019年10月12日、かつてない大きさの台風19号が本州を直撃した。その日は朝から雨で、時間が経つごとに普段は名前のまんま干上がっている空堀川が水位を増し、風も強くなっていった。
 私はたまたまこの日、仕事が休みだったので家にいたのだが、激しい雨の音、風の音に「大丈夫だろうか」と不安で仕方がなかった。
 幸いにも空堀川は溢れることなく、わが家も何の被害もなく、台風は午後11時ごろには過ぎ去ったようだった。東村山市内にも被害を受けた人はいるし、全国的には犠牲者が出た台風だったことはわかっていたが、わが家が無事だったことにホッとした私は、ひと息つきたくて、雨も止み、風も収まった深夜0時過ぎ、1人外に出て久米川駅南口のあるお店に向かった。

台風だというのにオープンしている「氣ごころ」

 行ったのは“気どらんBAR”をウリにしている「氣ごころ」だ。久米川駅周辺のほとんどの飲食店が台風の影響を考えて臨時休業している中、このお店はなぜか「午後11時から営業します」と告知していたんだよね。台風は過ぎてしまえば、あとは晴れるだけだから、マスターの読みは当たったと言えるかもしれない。

 とはいえ、お店に入ると、さすがにお客さんは少なく、2人しかいなかった。カウンターに座った私は、早速、生ビールをお願いした。

生ビールでお疲れさん

 自分が無事だったからって、飲みに行くのは不謹慎だよね。わかっているけど、張り詰めていた気持ちをどこかで緩めたかったんだよね。
 ということで、「お疲れさん、オレ」……ああ、旨い。旨いなぁ。

 ビールの旨さをしみじみと味わいながら、ふと目の前を見ると……。

燻製メニューがあるんだ

 へぇ、「本日の燻製」なんてメニューがあるんだ。いろんな種類があるんだね。3つから注文できるんだ。「頼んでみようかな」と思った私。「かき」(250円)と「レバー」(250円)と「チキン」(250円)を注文してみた。

お通しはプルコギ

 と、そこへお通しが到着。この日のお通しはプルコギだった。温かくて旨いなぁ。

「ガージェリービール」だって

「今度、こういうビールを出すんですよ。専用のグラスも用意したんですよ」とマスターのあっくんがメニューとグラスを見せてくれた。
「ガージェリー」? 知らないビールだなぁ。どこの国のビールなんだろう? てっきり外国産のビールと思った私だが、調べてみると、これは国産ビールなのだとか。それも市販せず、飲食店でしか飲めないビールなのだという。「ガージェリー」のホームページによると、「外飲みを、もっと楽しく、もっと魅力的にしたい」というコンセプトで2002年に誕生した国産プレミアムビールとのこと。面白いねぇ。


 さて、生ビールを1杯だけ飲んで、サクッと帰ろうと思っていた私。だからこそ、サッと出てくると思って燻製を頼んだんだけど、実はこれが間違いだった。燻製は時間がかかるから、すでにモノは出来上がっていて、あとは出すだけと思っていたんだけど、このお店は妙なところでこだわりを見せるお店だということを忘れていた(笑)。
 ナント、注文を受けてから燻し始めたのだ。
 マジか、あっくん(笑)。これは時間かかるなぁ。じゃあ、生ビールをもう1杯(笑)。

出来上がった燻製

 で、ようやく燻製が出来上がったんだけど、その頃にはすでに2杯目の生ビールが空になっていたりなんかして(笑)。

 そして気が付くと、店内はほぼ満席に。まあ、こんな日に営業しているお店はほとんどないからね。飲みたい人は自然とこのお店に集まるよね。

 そんな店内を見まわしつつ、「本当は13日から出すつもりだったけど、飲みたい人が多いようだったら今日からガージェリー、出しますよ。飲みたい人、手を挙げて」とあっくん。いやあ、この人、商売上手だなぁ(笑)。みんな飲みたいに決まってるじゃない。手を挙げちゃいましたよ(笑)。

ガージェリーエステラ

 ということで、専用グラスに注がれた「ガージェリーエステラ」が目の前に出された。この専用グラスがまた面白いんですよ。どう面白いかというと……。

オシャレな専用グラス

 ホラ、こんな風に台座から離れるんですよ。オシャレだよね。
 お味の方はというと、ペールエールらしい、苦み控えめで香りがよく、飲みやすいビール。燻製ともよく合う。
 いやあ、本当に1杯だけの「軽く一杯」のつもりが3杯も飲んでしまった。

空にはまあるいお月様

 お店を出て、空を見上げると、まん丸のお月様が見えた。「すべての人が、平穏な夜を過ごせますように」と穏やかで美しい月に祈りつつ、私は家へと戻った。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-10-3-2階
電話:042-309-5560
営業時間:午前8時30分~翌朝6時
定休日:なし
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。



関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR